もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

ワーキングマザーがもう限界、辛い理由TOP3!辞めたいときに乗り切るコツ

 
  2019/03/11
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

ワーキングマザーのあなたは、「家でも職場でも辛い、もう限界かもしれない」と感じていませんか?

 

家では朝から保育園の支度、洗濯に朝食の片付け、夕方帰ってきてからも、家事に追われて、子供も待ったなしに散らかしたり、食べ物をこぼしたり・・イライラしてはいけないのにイライラしてしまう。

 

子供が「ねぇお母さん一緒に遊ぼうよ~」と純粋な笑顔で寄ってくるのに、明日の準備やたまった家事に終われ、体力も限界・・「ちょっと今無理だから、またあとでね。」と子供の期待に応えてあげられなかったり。

 

子供の悲しそうな顔を見て、「本当はゆっくり子供にかまってあげたいのに申し訳ない。」と罪悪感を感じてしまう。

 

でも、そんな頑張っているお母さんをみて、子供はちゃんとわかってくれます。

 

「もう遊んでくれないからお母さん嫌い~。」なんて絶対思いませんから。(言いますけどね、笑)

 

今回は、そんなワーキングマザーのあなたに、ワーキングマザーが辛いと思うこと、そしてそれを乗り切るためのコツをお伝えします。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

ワーキングマザーが限界、辛いと思うこと第3位:仕事を100%頑張れない

ワーキングマザーが限界、辛いと感じること。第3位は、仕事に100%コミットできないこと。

 

ワーキングマザーが出産後に職場復帰しても、思いっきり働くことが出来ないという現実にぶつかります。

 

子供のお迎えがあるから、仕事が出来る時間は限られていて、以前のように100%のパワーを注げない辛さ。

 

全力でやり切って、評価されるのがやりがいだったあなたにとって、仕事で自分の力をフルに発揮できないというのは辛いですよね。

 

いつもいつも不完全燃焼のまま、時間が経ってしまうのは、子育てをしながら仕事をするワーキングマザーにとって、辛いこと。

 

今までは仕事が終わらなければ、旦那さんには自分でご飯食べていてねと言って、残業して・・と自分のペースで出来たのに、子供がいるとそうはいきませんからね。

 

仕事が生きがいだったお母さんにとって、仕事で100%頑張れないというのはすごく辛いです。

 

→【無料でお金を稼げる方法が学べる!】ネット副業ガイド+ネットビジネスで最速で毎月3万稼ぐマニュアルプレゼント!!

 

参考:ワーママが仕事を辞めたいと思う3つの理由と辞めても良い5つの理由

ワーキングマザーが限界、辛いと思うこと第2位:子供が病気のとき

ワーキングマザーが限界、辛いと感じること。第2位は、子供が病気のときにそばで付き添ってあげられないこと。

 

子供が熱を出したり、保育園で病気をもらってきてしまうと、仕事を休むか病児保育を使わなくてはいけません。

 

どうしてもいかないわけにはいかない仕事があると、子供が辛そうにしていても、病院に併設された施設に預けるか、自宅まで訪問に来てもらうかになります。

 

お金はかかりますが、やむを得ない場合には、使うワーキングマザーも多いです。

 

でも、やはり母親ですから、本当は子供に付き添ってみてあげたいという気持ちがあるでしょう。

 

子供も風邪で辛い時は、余計にお母さんと一緒にいたいし甘えたいのです。体調を崩すと「お母さんの近くにいたい。」とうちの娘も言ってくるので、よくわかります。

 

後ろ髪をひかれながら仕事に行くときに、一緒にいてあげられないという辛さと罪悪感がのしかかりますよね。

 

仕事に行っても行かなくて辛いという状況は、ワーキングママにとっては辛いことでしょう。

 

【期間限定!!】お金か時間どちらを取るかで悩む毎日を変えたいあなたへ。

ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかったこと。辞めたい理由と後悔しない選択とは

ワーキングマザーが限界、辛いと思うこと第1位:家事育児と仕事の両立

そして、ワーキングマザーが限界、辛いと感じること。第1位は、ワーキングマザーを悩ませる一番の課題は、仕事が終わっても一日が終わらないということ。

 

やることがあるのは幸せなことですが、あまりにもタスクが多すぎるΣ( ̄ロ ̄lll)

 

仕事は適当にするわけにはいきませんし、大切な我が子も愛を込めて育てたいですからね。そして、家事だって、自分がやらないとたまる一方。

 

仕事が一人前に出来ているという満足感が以前ほど感じられない中で、飲み会にも行けず、職場の他人とのコミュニケーションも十分に取れない、家に帰ってから仕事のことを考える時間や、スキルアップのための時間もほぼ取れません。

 

もっとご馳走を作って喜ばせてあげたい、もっと余裕を持って話を聞いてあげたいと思っても、実際には手が回らずに総菜でおかずを済ませたり、ワンパターンなメニューになっている。

 

そしてさらに、それを「自分が至らずに悪いなぁ・・。」と子供に思いながらやっていませんか?そんな風に、家庭でも理想と現実のギャップを感じて、心が満たされないまま毎日が過ぎていくのは辛いですよね。

 

参考:ワーママ必読!働くママが疲れがとれないと限界を感じたときに試すべき5つの事

ワーキングマザーが辛いこと【番外編】子供と過ごせる休日も辛い

番外編として、ワーキングマザーが辛いと感じることの少数意見として、休日も辛いというものがありました。

 

仕事がある日は仕事と家事でいっぱいいっぱいですが、休日は楽しいのかというと実はそうでもない、というワーキングマザーも実は結構いるんです。

 

子供がいない頃、独身のうちは、休みの日はゆっくり寝て日頃の疲れを取って、ゆっくり過ごしたり、リフレッシュをすることが出来たでしょう。

 

でも、子供がいると、一日中肉体労働をしているようなもの。もちろん可愛い我が子ですから、喜ぶ顔を見て、もっと遊んであげたいという気持ちはあるのですが、なんせ身体がついてこない。。苦笑

 

日頃から足腰は鍛えているからなんとかなるでしょ、と思っていても、年齢には勝てないんですよね。^^;

 

体力と気力の限界まで休日に使い果たしては、明日からの仕事にも影響があります。「申し訳ない。」と思うけど、「母親なんだからしっかり向き合わないと」と思うと、ここでまた罪悪感にかられます。

 

気持ちはあるのに体がついてこないので、休日も心が辛いという状況、あなたも心当たりありませんか?(ちなみに私はあります・・)こういった無意識に積もりに積もった、不満足感で、ワーキングマザーのあなた自身、辛いと慢性的に感じていることもあるでしょう。

 

参考:ワーキングマザーの二人目の壁!断念する?仕事を続けるか辞めるのか迷ったときは

ワーキングマザーが辛いこと【番外編】母親だからという理由で仕事を決められる

ワーキングマザーが辛いこととして、職場で「子供がいるから」「母親だから」という理由だけで、部署に割り振られることがあります。

 

自分がの希望や適正ではなく、子供を育てながら働く社員はこの部署で、この仕事を、という割り振られ方には理不尽さを感じることでしょう。

 

仕事もやりがいを持って取り組みたいし、子育ても頑張りたい。そんなワーキングマザーの気持ちへの理解がまだまだ足りていない職場がたくさんあるのが事実です。

 

次に、ワーキングマザーのあなたの心のもやもやに解決法をご紹介します。

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

ワーキングマザーの辛いを解消するには使えるものは使うこと

そんなワーキングマザーの辛い現状を打破するには、使えるものはすべて使うこと。」

 

  • 自分一人ですべてを抱え込もうとしないこと
  • 体力的にも疲れたと思ったら無理をしないこと
  • 頑張りすぎるのが偉いわけではないということ
  • 地域のサービスや周りの手を遠慮なく借りること

 

ずっと誰にも不満を言わずに、必死で頑張ろうとするのは危険です。だれかに話を聞いてもらうだけも、気持ちが楽になるものですよ。

 

旦那さんでも、ご両親でも、職場の同じワーキングマザーの同僚でも、保育園のママさんでも、先生でも。誰かに助けてもらうのは悪いと思ってはいけません。

 

参考:ワーキングマザーの悩み。限界が来る前に!辛いうつにならない6つのコツ

仕事を続けて得られるもの

子育てをしながら、仕事を続けるのは、まずお金のためというワーキングマザーが多いでしょう。

 

でも、旦那さんの収入だけでも、経済的には問題がなかったとしても、仕事で得られることはお金だけではありませんよね。

 

仕事をすることで、社会で働かないと出来ない経験や自己成長、社会との繋がりであったり、仲間や刺激をもらえます。

 

家庭で子育てと家事に専念するという人生も素晴らしいですが、社会と接点を持って、仕事をすることが生きることと言える人生は、子供にとっても良い影響があるはず。

 

仕事を続けながら子育てをするには、ひとりで抱え込まずに、完璧を目指さずに、仕事も子育ても楽しむことを考えましょう。^^

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

まとめ

ワーキングマザーが休日も平日も、職場でも家でも、あー辛い。と思うのは、すべて自分の中でこうしなくちゃ、こうでなくちゃという思い込みと現実にギャップがあるから。

 

そんなの誰が決めたの?と自分を疑ってみてください。

 

他の誰に言われたわけではなく、あなた自身が勝手に決めたルールとズレがあるから落ち込んでいることに気付くべきです。

 

完璧は無理。誰かに頼って良いんだ、ともっと自分を許してあげましょう。きっと今より心が軽くなるはずです。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

 

参考:ワーキングマザーの主婦の悩み!疲れた、もう限界なら在宅副業を検討してみよう

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.