もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

 
  2019/03/11
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

ワーキングマザーとして働く中で、「もう仕事の辞めどきかもしれない・・。」そんな思いになったことはありませんか?

 

ワーキングマザーが退職を決める一番の理由は、育児と家事の両立が難しいと感じたから。

 

家事と育児と仕事に追われ、自分のことを後回しで必死で毎日を送っていると、ふとあるときに、「もう限界かも。」「もう頑張れない。」と、ダムが決壊したように、溜まっていた思いが湧きだすこともあるでしょう。

 

大変でも仕事を続けるのは、お金のためと自分のキャリアのため

 

とはいえ、本当は、もっと子供と密な時間を過ごしたい・・。でも、今までずっと働いてきたものを全て捨てて、一からやり直すなんて怖いし、不安に感じますよね。

 

そのままあなたが今の仕事を続けて子供との時間も削りながら、満たされない思いで日々を過ごしていたら、その後の人生で後悔するかもしれません。

 

仕事を辞めるべきとは断言しませんが、今のあなたの心が現状に満足していないなら、今後の働き方を考え直すべきタイミングでしょう。

 

今回は、そんな仕事を続けたいけど、辞めようか迷っているあなたが、この先の人生で、「あの時決めた決断で間違いなかった。」と思えるように、今後の働き方を考える役立つお話をしていきます。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:ワーママが仕事を辞めたいと思う3つの理由と辞めても良い5つの理由

ワーキングマザーの仕事の辞めどきは?退職してその後を考える道もある

ワーキングマザーのあなたが仕事の辞めどきかもしれない。と思ったのなら・・それはきっと、このまま続けてはいけないと直感しているということ。

 

子育てと家事と仕事をすべてこなすのが当たり前だから、と自分に言い聞かせながら、毎日体力と気力の限界まで頑張るような生活に慣れてしまうのは、はたして良い事なのでしょうか

 

たしかに、今すぐやめて、お給料がもらえなくなるのは困るし、このままの生活を続ける意味を模索しながら、仕事を続けるのもアリでしょう。でも、「今の人生は私が望むものじゃない。」と思い切って退職をする選択もアリだと思うべき。

 

世間一般では、子供を育てながら仕事をしているワーママはたくさんいるし、私にだって出来て当然。と思っていても、あなた自身の心がざわついていたら、それはやめた方がよいというサインかもしれません。

 

いったん仕事を辞めて、次の働き方や自分の思い描く、理想のライフスタイルを検討する道も良いでしょう。

 

我慢がたまりにたまって、あるときパチンッと糸が切れてしまう前に、あなた自身の本当の気持ちに気付いてくださいね。

 

【期間限定!!】お金のために身も心も疲れているあなたへ。安全にネットで稼ぐ方法ガイドを毎月3万円を稼げる特典付きでプレゼント↓

 

参考:ワーママ必読!働くママが疲れがとれないと限界を感じたときに試すべき5つの事

ワーキングマザーの仕事の辞めどきと思って辞めるタイミングは?

ワーキングマザーが仕事の辞めどきと感じて、仕事を辞めるタイミングはいくつかあります。

 

まずは、子供が幼稚園に通う歳になるタイミング。

 

そして、小学校の入学の時、次が学童保育がなくなる小学4年生、そして高学年になり、中学受験のサポートを理由に辞めるというタイミング。

 

他にも、自身の体調やマイホームのローンの返済目途が立ったから、など様々な理由で、ワーキングマザーが仕事を辞めるタイミングはあるのです。

 

中には、完全に仕事を辞めるのではなくて、時間短縮でパートに切り替えたり、転職で自宅から通いやすい職場に移る、家事サポートを利用して、負担の軽減をするワーキングマザーもいます。

 

あなたの心境の変化や、子供の状況など、家族とあなたの都合に合わせて、フレキシブルに働き方を変えていくのがベストですね。

 

絶対にこうしないと、という思いに固執すると、かえって幸せから遠ざかってしまうでしょう。

 

参考:主婦が今すぐにお金欲しいときはネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

辞めどきかな、と退職したその後の働き方と生き方

ワーキングマザーが辞めどきを考えたとき、同時に退職してからのその後の生き方、働き方を考えることでしょう。同年代の同じ子供を持つワーキングマザーであっても、仕事への考え方も人それぞれ。

 

子供が産まれるまでは、一生バリバリ働くと思っていたって、子供が産まれてみると、気持ちが変わって、家事と育児に専念する女性もいますし、子供をすぐに迎えに行けるし、自分も社会の繋がりが欲しいという理由で、近所の職場でのパートに切り替えるワーママもいます。

 

家事も外注化して、とにかく仕事に邁進するワーママもいれば、子供の様子を見て、仕事をきっぱり辞めて自宅で開業するワーママも。

 

働き方、子供との関わり方も、希望や向き不向きがあるのは仕方がないこと。考え方もいろいろあって当然ですよね。

 

ただ、つらいと思いながら続けることは、誰のためにもなりません。

 

これを踏まえて、これから先、どうやって子供を育てながら生きていきたいのかを考えてみましょう。

 

参考:ワーキングマザーの主婦の悩み!疲れた、もう限界なら副業を検討してみよう

ワーキングマザーの辞めどきの悩みは旦那さんにはわからない?

ワーキングマザーが辞めどきを考えるのはよくあること。ライフスタイルの変化が激しい女性にとって、男性のように仕事一徹で一生貫くという選択以外にも、いろんな生き方、働き方があるからこそ、悩んでしまうんですよね。

 

夫婦であっても夫は男性なので、その点全てを理解してもらうのはけっこう難しいこともあるでしょう。

 

旦那さんからしたら、お金も稼いでもらいたいし、ずっと続けてきたものを急に手放すなんてもったいない、正社員だし勤めあげた方が得だよ、と言われてしまうかもしれません。

 

お金の面で困るということでしたら、今の仕事を辞めてから、パートをするでもよいですし、自宅で仕事をして、収入を得ることだってできます。

 

今を変えるには、今あるものがなくなったって、案外大したことないや、と新しい環境に飛び込む勇気が必要。

 

私自身は子供を育てながら、収入が得られる仕事に出会えたので、子供との時間もある程度取りながら、仕事をすることが出来ています。

 

もしあなたが、 今の仕事との両立が辛いと感じているなら、在宅ワークという働き方で、自宅で仕事をするというのもおすすめ。

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかったこと。辞めたい理由と後悔しない選択とは

まとめ

仕事と家事と育児のマルチタスクで、毎日一生懸命頑張るワーキングマザーにとって、心はもやもやしながらも、このままのキャリアを守り、仕事を続けて行くという選択もある。

 

特に、母親業がそんなに得意じゃないというワーキングマザーや、働くことで、社会に参加している意識を持てたり、会社で成果を出して認められるというやりがい、家の中だけにはいたくないという思いがあるのなら、そのまま続けるべきでしょう。

 

ただ、仕事を辞めると収入がなくなるので困る、ただそれだけの理由で仕事を続けているのなら、自宅で仕事をするという選択肢もあります

 

仕事がいやになるのは珍しい事ではありません。辞めたい、辞めようかと思いながら続けているワーキングマザーもたくさんいるでしょう。

 

それぞれが答えを出して、柔軟に生きていけるのは女性の強み。

どう決断しても、自分はこう生きようと決めれば、あとは振り返らないことです。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたが読むべき記事↓

 

参考:【共働き家庭の子育てと残業】主婦が悩むワンオペ育児の問題と子供への影響

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.