fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

 
  2019/03/11
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

ワーキングマザー=働くママの平均年収は約240万円。

 

でも、この数字には、正規社員で働くワーキングマザーと非正規社員として働くワーキングマザーの年収が含まれているので、年収240万円くらい稼いでいるワーキングマザーが多いわけではありません。

 

また、子供がいる世帯のうち、3分の2は共働き世帯です。

 

働くのは、まずお金のため。そして、生きがいとしてと答えるワーキングマザーも多いです。

 

あなたも働くからには、満足のいく収入とやりがいを感じる仕事がしたいですよね?

 

今回は、そんな年々増えている働くママの年収と理想の年収、そして子育て中のお母さんの働き方について、お話していきます。^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

ワーキングマザー(働くママ)の数と年収が増え続ける理由

近年、ワーキングマザーが増えている理由と、その収入が増えている理由は、時代背景の影響がかなり大きいです。

 

【期間限定】働き方で悩むあなたへ。家で安全に稼げるネット副業ガイドとネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

 

参考:二人目の壁!お金とタイミングで悩む二人目妊娠!後悔しない3つのワーキングマザーの選択肢

女性の勤労意識が高くなっている

ワーキングマザー(働くママ)の年収が旦那さんよりも多いなんて言う家庭も珍しくない昨今。

 

奥さんの方が仕事向きだからなんて、旦那さんが家庭で子育てと家事をしている専業主夫家庭だって、とても少ないですが、あります。(世の中全世帯の5%といわれています。)

 

もしかしたら、あなた自身も、仕事から帰ってくると「おかえり。」と旦那さんが料理を作って、子供と迎えてくれるというライフスタイルを送っているかもしれませんね。^^

 

こんな時代が来るなんて、思いもよらなかったであろう、一昔前、昭和の経済成長期。核家族の一般的な形は、バリバリ会社で働く夫と、子育てをしながら家庭を守り、夫を支える妻でした。

 

でも、今は男女雇用機会均等法も整備され、性を理由に職種を決められたり、女性が男性と同等に能力を発揮しやすい世の中になりつつあります。

 

以前のように、男性に養ってもらおうという意識の女性は一般的ではなくなり、「女性もしっかり働いて、家計を支え、自分自身の仕事を生きがいとしたい。」という意識を高く持つ女性が増えているのです。

 

参考:主婦のパート年収150万の税金と手取りいくら?住民税と扶養の知らないと損する話

成熟社会で会社員の収入が増えない

今の会社員と平均年収は400万円となっており、年々減少しています。

 

もし平均年収くらいの旦那さんの場合には、子供がいて専業主婦をするには、経済的に余裕がありません。

 

共働きをしなくては、子供を育てるのも大変だという時代であることも、近年のワーキングマザーの増加と年収が増えている理由。

 

子供が小さいうちは、本当は子育てと家事に専念したいけど、働いてお金を稼がなくてはいけないという必然性から、働いているというワーキングマザーも少なくありません。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

ワーキングマザーの平均年収

ワーキングマザー(18歳未満の子供を持つ働くママ)の平均年収は240万円くらい。

 

子供を産む女性の年齢は20代後半~30代後半に集中していますから、そのくらいの年代のママさんの平均年収ということになりますね。

 

年齢別に見てみると

  • 20代後半のワーキングマザーの平均年収は、約230万円
  • 30代前半のワーキングマザーの平均年収は、約240万円
  • 30代後半のワーキングマザーの平均年収は、約250万円

 

そして、この中には、正社員として、バリバリ働いて稼いでいるワーキングマザーと、旦那さんの扶養の範囲内、あるいは住民税がかからない100万円未満に、抑えて働いているワーキングマザーの年収の数値の平均となっています。

 

では、雇用形態別に平均年収を見てみると、

《正社員のワーママの平均年収》

  • 20代後半の平均年収 約230万円
  • 30代前半の平均年収 約256万円
  • 30代後半の平均年収 約270万円

 

《非正規雇用のワーキングマザーの平均年収》

  • 20代後半の平均年収 約190万円
  • 30代前半の平均年収 約197万円
  • 30代後半の平均年収 約198万円

 

非正規で働くお母さんの中には、100万の壁、130万の壁、150万の壁を意識して働くお母さんに分かれていて、

  • 働けないわけじゃないけど、子供も小さいから近くにいてあげたい。
  • 正社員では子供の送り迎えやケアが出来ないタイミングがある
  • 旦那さんの配偶者控除内で税制優遇を受けるため

などの理由であえて働き方をセーブして、年収をあげないワーママが多いのです。

 

正規社員として働いているワーキングマザーで年収が300万円を超えている方は、ワーキングマザー全体の約2割。

 

そして、非正規で働くお母さんの中には、非正規としてフルタイムで働くお母さんもいる一方で、約7割の方の年収は、社会保険料の負担が免除される年収130万円もしくは、扶養控除内の150万円以内になっているのです。

 

参考:時短の給料はいくら減額される?手取りは何割もらえる?計算式と給料が安くなる理由

稼ぐパパと稼ぐママの年収を合わせるダブルインカムパワー

社会が変われば家庭も夫婦の在り方も、働くママの年収だって。変わってあたりまえ。

 

今の世の中で専業主婦はまだたくさん聞きますが、あまり寿退社って聞かないですよね?

 

たぶん私たちの子供世代が大人になるころには「寿退社?なにそれ。」という世の中になるだろうなぁと。

 

そして、今や女性が働くのも当たり前。家庭にずっといるなんて地獄・・。なんていう女性もたくさんいるんです。

 

自分は同じ女性としてどうかといえば、働いて自分でお金を稼げた方が絶対楽しいし、幸福度が断然違うって強く思うという意見。

 

働ける環境があるなら、どんどん稼いだ方が、旦那さんだって嬉しいだろうし、あなた自身もやりがいを感じて、きっといきいき毎日を送れるでしょう。

 

そうやって、夫婦二人の年収を合わせて2000万円なんていう、ダブルインカム世帯がじわじわ増えているのも、最近の特徴のひとつ。大黒柱が二本家庭に立っているなんて、最強ですよね。

 

こんな風に、旦那さんが稼いでいるのに、バリバリ働くママも増えているのです。

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

働くママの年収の理想

では、働くママは非正規でも本当に100万円や150万円の年収で満足していると思いますか?

 

これからお金がたくさんかかる子供を抱えている家庭では、どれだけお金があってもありすぎなんてことはないですよね

 

子供にお金をかけようと思うと、家がいくつ買えることか・・そのくらいお金がかかるのです。

 

そして、正社員で働いていないワーママの中には

  • 子供が小さいから
  • 病気になったら、仕事を抜けられないから
  • しばらく社会から遠のいていたから
  • 就職で敬遠されてしまうから

こんな理由で、理想の働き方が出来ていないことも多いです。

 

ちなみに、働くママの年収で400万円以上稼いでいるのは約1割で、300万円も稼げていない人が圧倒的に多いんですよね。本当は400万でも500万でも稼ぎたいのに・・。

 

そんな風に思って、今の収入に不満や不安を感じているあなたに、知ってもらいたいのがフリーランスという生き方。

 

フリーランスはいわゆる「会社や組織にとらわれない働き方。」。あなたが個人で事業を興して、あなたの裁量でいつからでもスタートできるのです。

 

ちなみに私自身も自営業として、個人で仕事をしているわけですが、ひとりで何でもやらなくてはいけない責任がありますが、精神的にも体力的にも、本当に負担がかからずに、自由な生き方が出来ます。

 

在宅でフリーで働くことができれば、

  • だれかに怒られることもない
  • 合わない人との人間関係で悩むこともない
  • 完全に在宅で仕事をすることも出来る
  • 子供が小さくても、預け先や病気でお迎えに行く心配もない

など、メリットだらけ。

 

そして、職種によっては、会社員の平均年収以上でも、稼げてしまうという魅力があります。

 

自由で子供との時間も確保しながら、自宅で十分に稼げる働き方として、あなたには、フリーで在宅ワークをするという働き方を知っていただきたいです。

 

参考:女性で年収700万稼ぐ割合は?主婦でも稼げる3つの職業とフリーランスのすすめ

ワーキングマザーがフリーランスになるにはネットビジネスで起業しよう

非正規雇用で働くワーキングマザーが今の仕事を辞めて、フリーランスになるには、何を仕事にしたらよいのか?

 

私がおすすめするのは、ネットビジネス。

 

ネットビジネスのメリットは、まったくのビジネス未経験の初心者でも、一から勉強して努力すれば、必ずお金が稼げるようになることです。

 

ネットビジネスの魅力は、

  • ほぼ初期費用がかからずに始められる
  • 継続的に収入が見込める
  • 完全在宅で出来る
  • 在庫を持たずに出来る

ということ。

 

子育てをしながら、家事もやりながら、自宅で仕事が出来るので、通勤のストレスがなくて、精神的な負担が圧倒的に少なくなります。

 

正しい方法を勉強しながら、ビジネスのスキルを磨いて収入を増やせるネットビジネスであなたも自由な時間とお金を手に入れましょう。

 

参考:在宅ワークのみで生活したい!主婦が在宅ワークで月収20万円以上稼ぎ本業にするには

まとめ

働くママの年収は平均で240万円。でも、実際には200万円も稼いでいないママがとても多いのが現実。

 

働きたいのに、就職できない。旦那さんの扶養の範囲内で働きたい。社会保険に入らない程度に働きたい。いろんな理由で年収が少ないワーママがいます。

 

その中で、将来的に子供にかかるお金も必要。そして、自分たち夫婦の将来、老後の生活のために、お金が必要。本当はもっとお金がないと心配・・。

 

そんな風に今の生活や収入に不安や不満を感じているあなたには、フリーランスという生き方をお勧めします。

 

責任と自由は紙一重。でも、あなたがやりたいことを仕事として、自由に働き方を変えていけるフリーランスは、これからのあなたと家族の生活を、より豊かで、今よりもっと満足のいくものに出来るはず。

 

もし、今の年収よりももっと稼ぎたい、もっと子供との時間、家族の時間も大切にしたいと、心がもやもやしているあなたには、ぜひ検討していただきたい働き方です。^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

 

参考:在宅ワークで子供と過ごせる!赤ちゃんがいても仕事ができる在宅勤務のすすめ

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.