もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【無料で7つの教材プレゼント】3か月で月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

主婦のお金の管理4つのコツ!貯まらない主婦が実践すべき賢い主婦の口座管理と節約術

 
  2019/01/25
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

今回は、主婦のお金の管理のコツについてのお話。

 

結婚前はお金の話をしなかったとしても、結婚して財産を一緒に築いていくとなれば、お金の話は避けられません。

 

夫か妻どちらがお金の管理をするべきなのでしょうか。

 

主婦が仕事をしている割合も世の勤労世帯の3分の2を超えており、専業主婦がなくなるのも時間の問題ではという昨今。

 

妻でも夫でも、自分で稼いだお金は自分で管理したいと思う方も多いでしょう。

 

私も一生懸命働いて得たお金を、知らない間に引き出して使われることには抵抗があります。

 

夫婦とはいえ赤の他人、お金の使い方や使いたいポイントには価値観の違いからずれがあることもしばしば。。

 

子育てに使いたい妻と趣味にお金をかけたい夫。

 

自由にお金を使いたいのもわかりますが、家族でお金を使う方向性を共有しておかなくてはいけませんよねという。

 

これから子育てをする家庭は特に、夫婦でお金の管理方法、使い方について方向性を合わせておくべきでしょう。

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

主婦のお金の管理①収支を具体的に把握することから

家計簿をつけて項目ごとに支出を把握する

一番いけないのはお金をなんとなく使っているということ。

 

何にどれだけお金を使っているのかを具体的にあぶり出して、家計を客観的に分析しましょう。

 

食費、交際費、外食費。光熱費、家賃など、それぞれの項目について毎月どのくらいかかっているのかを把握するべきです。意外と知らず知らずのうちに無駄な出費がかさんでいるなんてことも。

ちゃんと統計を数字で確認することってとても大事です。

収入を把握する

夫の収入、自分も仕事をしていたら月にいくらくらい入ってきているのかを把握しましょう。

 

独身時代とは違い、結婚してからは住宅を購入したり、子育てにお金をかけたり、老後を二人で暮らしたり、精神的にも経済的にも支えあって生きて行かなくてはいけません。

 

なので、お互い収入があっても自分だけのものとして出来ることならお互いの貯金額を把握したり、お金の使い方について話し合いをしましょう。

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

主婦のお金の管理②固定費の見直しをする

話し合い

主婦のお金の管理は支出と収入の見直しをして、無駄をなくして使いたいものにはストレスなく使えるような健全な家計を作ることです。

 

まず、見直すべきなのは固定費。

 

固定費の中でも家賃が一番多いでしょう。家賃の次に大きいのは光熱費、保険(学資、生命、医療)の費用です。

 

プランやそもそも必要なのかについて再検討してみましょう。

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

主婦のお金の管理③支払いに使う口座はなるべく少なくする

家賃はA銀行から引き落としで、生命保険はB銀行、OOカードの引き落としはC銀行で、××カードの引き落としはD銀行から。。子供の学費はE銀行、なんてバラバラに管理していると収支を把握するのが面倒極まりない!!

 

毎月同じ口座にお給料の入金があって、支払いや引き落としの出金がある方が断然分かりやすいです。

 

口座管理はシンプルに!を心がけましょう。

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

主婦のお金の管理④支出について夫婦でルールを作る

収入を把握し、大まかな支出がわかったら、夫婦でどちらか一方がお金の管理をするのか、どちらか一方が管理するのか、または一定額を毎月それぞれの収入から固定額を共有の口座に貯金していくのか。

 

どの選択がベストかを話し合いましょう。

 

使い方についても、お小遣い制にするのかどうか、自由に使える金額を決めたり、家族で旅行に行くための費用の積み立てをするなど、一緒に使うもの、各自が自由に使うお金とわけてルールを決めるようにするのがよいです。

 

夫のみが働いていて収入がある専業主婦家庭であれば、なお夫は自分で得た収入を自分で管理したいと思うもの。

 

そこは妻が財布を握って力関係で対等にしたいものですが、お互いの考えや性格によりなんとも言えないのが現実です。

 

各家庭ごとにどうするのがベストなのかを話し合える環境づくりが大切になります。

 

まとめ

話し合い

生きている限りお金はずっとかかります。

 

お金の管理はなんとなくなんてやっていたら間違いなく将来破綻します。

 

現状を把握して収入と支出のバランスを健全に保つ。

 

夫婦共働きであれば、それぞれお小遣制で自由に使える金額を決めてあとは子供や将来のための貯蓄として共有の口座に貯めていくのか、毎月固定額をそれぞれの収入から捻出して共有の財産を作っていくのか、などお互いが納得のいくルールを決めましょう。

 

夫のみが働いている専業主婦家庭であれば、妻が家計を管理して、夫の把握しきれない子育て費用などの管理を任せてもらえたらいいですが、高収入な夫で専業主婦をしている家庭の場合、夫が自分が一生懸命働いたお金の管理をしたがるケースも多いもの。

 

そういう場合には、家計費として毎月固定額をもらい、臨時で子供の費用などがかかった場合にはもらうようにする、または自分も仕事をして収入を得られれば、夫に気を使いすぎずに好きなものを買ったり友人とランチくらい行けるようになるはずです。

 

専業主婦も夫と力関係を対等に持つため、自身の能力を磨くためにも仕事をして収入を増やすという選択肢もおすすめです。

 

夫婦はパートナー。一緒に協力してマネーリテラシーを高め、楽しい人生を送りましょう!

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.