LINE限定E-bookプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

 

妊娠で仕事を辞めるタイミングは?辞める時期を決める際に知っておくべきお金の知識

megumi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

妊娠して仕事を辞めるタイミングはいつにしようか?

 

体調やお金のことを考えて、仕事を辞める時期に悩む妊婦さんもいます。

 

赤ちゃんの健康と身体の事を考えれば、当然今すぐに辞めるのがベストですが、実際に妊娠がわかってから出産前に退職する人は約65%もいるというデータがあります。

 

つまり、お金や出産後のキャリアを考えて仕事を出産直前(8週前)まで続けて仕事復帰を決める方が35%もいるということ。

 

職場の同僚や上司の配慮があったり、仕事がしやすければ体調が安定していれば妊娠期も仕事を続けることができるかもしれませんが、体調や職場の雰囲気やあなた自身の気持ちの問題もあるので、一概にこの時期に退職するのが良いとは決められません。

 

今回は、妊娠して仕事を辞める時期を考えているあなたのために、妊娠がわかってからやるべきことと、辞める時期を決める際に考えて欲しいことをお話します。

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作るための詳しい方法やブログでは書いていない最新情報をお届けします。

>>7つの無料教材+動画講座をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

 

5大特典プレゼント&個別相談受付中&全額返金保証>>あなたのこれまでの人生経験、知識を高額でも売れる形にして、働く時間、場所、に関わらず、自分の力で稼ぐ仕組みを着実に作っていく方法をお伝えします。<<

 

 

 

参考:妊娠何ヶ月まで働ける?立ち仕事でも無理をしないために気を付ける5つのこと

妊娠して仕事を辞めるタイミングを決める前にやるべきこと①お金について調べる

妊娠して仕事を辞めようと思ったあなたが辞めるタイミングを決める前にやっておくべきことはお金について調べること。

 

妊娠してから必要なお金と、もらえるお金について、大切なことですのでしっかり頭に入れておきましょう。

 

参考:妊娠初期で仕事を辞めたい。つわりとストレスで退職を考えた時に選べる3つの選択

妊娠したら必要なお金について調べよう

妊娠をすると、出産前からでもお金がかかります。

  • 妊婦健診の費用
  • 出産費用
  • マタニティ用品
  • 出産後に使う赤ちゃん用品

など、妊娠してからは出費が増えるので、早くから必要なお金を用意しなくてはいけません。

 

妊婦健診は、自治体から貰える母子手帳に、診察料の補助券が入っているので、大半は自己負担が要りませんが、それでも出産までに必要な検査などで、自己負担額は10万円くらいはかかると思っておきましょう。

 

(実際私自身も出産前に10万円程度の出費がありました。)

 

出産費用は50万~70万以上かかることもありますが、加入している健康保険から子供一人につき42万円が支給されます。

 

なので、出産時には、その差額分を自己負担で支払うことになります。

 

マタニティ用品や赤ちゃん用品はマタニティウェアや下着、抱っこ紐、ベビーカー、ベビーバス、ベビーベッドなど、ブランド品にこだわらなければ、10万円もあれば用意できるでしょう。

 

参考:妊娠中に仕事が辛い行きたくないと感じたら?しんどいときの3つの対処法

出産に伴ってもらえるお金を調べよう

先にお話ししたように、妊婦健診の際や出産費用については、国や健康保険から補助金がもらえます。

 

出産一時金

出産一時金というのが健康保険からもらえる出産費用の助成金の42万円。

 

これをもらうためには、加入している健康保険に、出産する病院を通して申請をしなくてはいけません。

 

高額療養費制度

また、帝王切開や切迫早産などで入院をした場合には、高額な医療費がかかります。

 

この場合、高額療養費という制度があって、世帯収入に応じて、ひと月に負担する上限額が決められており、それ以上の金額がひと月にかかった場合には、負担しなくて済みます。

 

民間の医療保険の保険金

妊娠前に女性疾患などの民間の医療保険に加入していた場合には、帝王切開になると、保険金が受け取れることがあり、かかった金額以上にお金がもらえるというケースもあるようです。

 

参考:妊娠中貯金なし!働けない無職でも貯金してお金の不安をなくすたった一つの方法とは?

妊娠して仕事を辞める時期によってもらえるお金が変わる?

妊娠して仕事を辞める時期によって、もらえるお金が変わるのはご存知ですか?

 

出産前に辞めると、仕事を出産後に辞めた場合にはもらえるお金がもらえなくなります。

 

参考:妊娠中旦那の給料だけで生活できない!お金がないストレスを解消するには副業でお金を稼ぐ

会社に所属しているともらえるお金

出産手当金と育児休業手当

出産手当金と育児休業手当は、雇用保険、医療保険に加入している従業員に対して、産休中、育休中に支給されるお金。

 

また、非正規雇用でも、雇用保険に加入していれば、出産を機に退職するとしても、出産手当金を出産のための休業手当としてもらえます。

 

パートだから出産して仕事を辞めるならお金がもらえないわけではないので、覚えておきましょう。

 

傷病手当

そして、妊娠中に働いていて、つわりや切迫早産などによる入院によって、連日で4日以上仕事に来られない場合には、傷病手当が受けられます。

 

どれも、会社を通して申請をしなくては受け取れないお金ですので、該当する場合には申請方法について、職場で確認してみましょう。

 

参考:妊娠中に働けないけどお金欲しい!手当の話と妊婦がお金を稼ぐ3つの方法

妊娠して仕事を辞めるタイミングを決める前にやるべきこと②妊婦の体への影響を知っておく

妊娠して仕事を辞める時期を決めるために大切なのが、妊娠時期に仕事を続けることによる、身体への影響を知っておくこと。

 

参考:在宅ワークのみで生活したい!主婦が在宅ワークで月収20万円以上稼ぎ本業にするには

妊娠初期

妊娠初期はお腹は目立っていないけれど、つわりが一番重くて辛い時期。

 

出産直前まで働こうと思っていたけど、予想以上につわりがひどくて妊娠初期に辞めたという妊婦さんも結構います。

 

仕事はきちんとしなくてはいけないし、職場の人へ迷惑がかからないようにという気持ちがストレスになって、つわりが悪化してしまうというケースもあるそう。

 

体調管理と自分を労わることも大切なので、無理が続くようであれば、この時期に仕事を辞めるべきでしょう。

 

参考:妊娠中に妊婦がお金を稼ぐたった一つの方法!働けない主婦は副業で不安を解消出来る!

妊娠中期

安定期に入る妊娠中期は、つわりも軽くなり、まだお腹もそこまで目立っていないでしょう。

 

この時期まで仕事を続けていられるのなら、出産直前まで仕事を続けられるかもしれませんが、見た目で妊婦と分かりづらいこともあり、満員電車での通勤でお腹を守るのに負担がかかることもあるでしょう。

 

安定期だから安心ということもないので、体調や精神的な負担を考えて、この時期に辞めることが必要なケースもあります。

 

参考:妊娠中仕事辞めたいけどお金がない!退職は甘え?辞めるとお金が不安ならやるべき事

妊娠後期

妊娠後期は、産休や育休のない会社に勤めている女性や非正規雇用で出産手当金がもらえない女性で辞めるケースが多いです。

 

お腹もかなり目立っている時期なので、体を使う仕事はもちろん難しいですし、体調を考えると、ますます無理は禁物。

 

出産直前まで働くつもりだったとしても、体調を考慮して、辞める時期を変更するのも大切です。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事!主婦が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

妊娠して仕事を辞める時期を決めていても

妊娠して、仕事を辞める時期を決める前に、お金のことと、あなた自身の身体の変化について調べたら、職場に上司と辞める時期を決めましょう。

 

ちなみに、妊娠発覚後に職場に連絡する人は約78%となっていて、これはつわりの時期で体調が悪くていつも通りに仕事をこなせなかったり、重たいものを持つなど避けたい仕事があると、迷惑をかけることになりかねないので配慮しての結果だと考えられます。

 

今までお世話になった職場に礼を尽くして、しっかり引継ぎをしたり、職場の人と円満に祝福されて仕事を辞められるように配慮しましょう。

 

でも、もし辞める時期を決めてから、思ったよりも体調が悪くなったり医者から仕事を早く辞めるように勧められた場合には、母子健康管理指導事項カード」というカードを会社に提出して、仕事を辞めることも出来ます。

 

このカードを使用して出勤停止をさせてもらったり、そのまま退職する方は24%いるというデータがあります。

 

つわりやお腹が張るなど、つらいと思って言いづらい時には我慢せずに医師に診断書をもらい、母子健康管理指導事項カードを提出しましょう。

 

急な退職で、会社に迷惑をかけてしまわないか、伝えづらいというときには、厚生労働省のHPや母子手帳に記載されている様式をコピーしたものに医師に記入してもらい、提出しましょう。

 

参考:妊娠中仕事辞めたいけどお金がない!退職は甘え?辞めるとお金が不安ならやるべき事

妊娠期に仕事をやめるかは相談して柔軟に決めましょう

妊娠発覚後に仕事を続けたいと思っても、ストレスなどがあると赤ちゃんにもよくありませんし、あなた自身のつわりが悪化する場合もあります。

 

仕事を続けるのはお金のためや今まで続けてきた仕事を手放すのがもったいないからなど、悩ましい問題かと思いますが、今後の家族計画やマネープランなど、旦那さんと相談しながらあなたにとっての最善となるように選択していきましょう。

 

 

参考:妊婦でも立ち仕事をフルタイムで続けるべき?妊娠初期で残業がつらい時の3つの対処法

まとめ

妊娠してから考えるのがお金のことと、退職するタイミング。

 

お金についてもらえるべきものはもらい、あなたの体調と赤ちゃんの健康を最優先で、いつまで仕事を続けるのかを決めましょう。

 

お金のために無理をして、お腹の赤ちゃんに何かがあってはいけません。お金は仕事を辞めてからでも稼げますし、とにかく体調優先で心に余裕のある妊婦生活を送りましょう。^^

 

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作るための詳しい方法やブログでは書いていない最新情報をお届けします。

>>7つの無料教材+動画講座をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

 

5大特典プレゼント&個別相談受付中&全額返金保証>>あなたのこれまでの人生経験、知識を高額でも売れる形にして、働く時間、場所、に関わらず、自分の力で稼ぐ仕組みを着実に作っていく方法をお伝えします。<<

 

 

 

参考:子育てしながら主婦が家でできる仕事6選!資格なしでできる内職と主婦の在宅ワーク

この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

 

 

※在宅で子育てしながら自分の手で稼ぐには?【7つの無料教材(全107ページ)+動画講座】を無料でプレゼント↓↓

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。^^


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.