LINE限定E-bookプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

 

【売り込み不要】あなたの商品サービスを喜んで買ってもらうためのマーケティングとは?

megumi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

『家で稼ぐならビジネスが断然稼げるみたいだから・・』という理由で在宅で私のように自分でビジネスを始めた方、これから始めたいと思っている方も多いはずです。

 

ビジネスでは個人も企業も”モノ”を売るか”サービス”を売るしか売り上げを上げる方法はないのですが、消費が減り続けている今の時代、

 

大きな資金を使って広告でお客さんを集めたりたくさんの人を雇って営業をかけることができるのは大きな資本力を持った企業だけです。

 

でも、私のように個人でビジネスをする事業主、起業家はマーケティングという戦略的なビジネスで売上を上げるための活動によって、

 

大きな資本がなくても無理くりな営業をしなくても、お客さんの方から『あなたの商品を買いたいです』『何か売っていませんか?』と言ってもらえる状態を作れます。

 

ということで今回は、押し売りや大きな資本を投入しなくてもお客さんが集まってきてあなたの商品サービスを喜んで買ってもらうために必須のマーケティングについてお話していきます。

 

とっても長い記事になりますが、じっくり読み進めていただければと思います!

 

※私のメールマガジンでは、家にいながら会社に頼らず今までのあなたの人生で培った強みをネタに収入の柱を作るためのお役立ち情報を配信しています↓

>>収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら<<

 

 

参考:儲かる仕事をしたい女性に役立つWEBマーケティングの知識。家で儲かる仕事をするなら?

マーケティングの理想は販売を不要にすること

まずマーケティングとは何のことか?というと、提供するモノやサービスをお客さんが喜んで買ってくれるまでの仕組みを作るすべての一連のビジネス活動のことです。

 

 

①「どんな人に何をどのように伝えるか?(提供するか?)」から始まり、

②お客さんのニーズのリサーチ(仮説設定)

③お客さんが求めているであろう商品設計

④その商品・サービスの存在や価値などの情報を届ける情報提供

⑤顧客がその価値を効果的に得られるようにするための思考錯誤

 

といったプロセスのことで、

  • 「どうやって売上を大きくするか?」
  • 「どうしたらお客さんが手にする商品サービスの価値を効果的に得て満足してもらえるか?」

というビジネスをする最終目的を効果的に達成するために行う活動です。

 

経営学者として有名なピーター・ドラッカーの有名な言葉で、『マーケティングの理想は販売を不要にする』というものがあるように、

 

しっかりマーケティングのプロセスを踏むことで、「とりあえず価格を下げてみる」とか「とりあえずブログを書いてみる」「やみくもにコストをカットする」みたいなことをせず、

 

資本力も認知度も弱小と思える個人起業家でも、自分が提供できる価値を商品サービスとして、高確率で戦略的に必要とするお客さんに喜んで買ってもらえ、しっかり売り上げを上げられるようになります。

 

参考:未来に儲かる仕事は?これから需要が増える仕事の特徴と独立して儲かる3つの仕事

お客さんが集まり売れるべくして売れる商品を作るための3ステップ

マーケティングとはお客さんが集まり、こちらから売り込まなくても自然と買ってくれる状態を作るための活動だとお伝えしてきましたが、なぜ売り込まなくてもお客さんが喜んで買ってくれるのか?

 

というと、それはお客さんが「欲しい!」「今欲しい!」「絶対に欲しい」と思うからです。

 

なので、お客さんに「欲しい!」と思ってもらうためにやるべきことからお伝えしていきます。

 

参考:主婦が起業で失敗しないために取り入れるべきリストマーケティングとは?

ステップ1.欲しいと思ってもらうために重要なマーケティング志向を理解する

お客さんに「欲しい!」と思ってもらうためには「お客さん」を起点としたビジネスを作らなければいけません。

 

そもそもお客さんがあなたにお金を支払うのは当然、あなたの生活を良くするためではなくお客さん自身が望む変化、体験を得られると”期待する”からお金を支払ってくれるということを理解しておきましょう。

 

なのであなたが売り上げを上げて人生を豊かにするため、お客さんにお金を支払って喜んでもらうためには、

 

  • 「お客さんはどんな商品サービスを必要としているか?」
  • 「お客さんが喜ぶのはどんなものだろうか?」

といった視点でマーケティングをしていくことが大事です。(お客さん視点で商品や売り方を考えることをマーケティング志向と言います。

 

参考:未来に儲かる仕事は?これから需要が増える仕事の特徴と独立して儲かる3つの仕事

ステップ2.売れるべくして売るためのバリュープロポジションを理解する

なお、お客様を起点としたマーケティング志向(マーケットイン)の反対をプロダクト志向(プロダクトアウト)といって、自分が提供したい商品サービスをどうやって売るか、既存の商品を売る前提で考えることを指します。

 

ビジネスはお金を受取る対価としてお客さんが喜ぶ”価値”を提供する活動なので、ただ自分が売りたいから売る、やりたいからやるというだけでは、自己満足=趣味となり得ます。

 

なので、自分が売りたいもの<<<お客さんが喜ぶもの、という視点がビジネスを成功させるためにはとても大切だということです。

 

そこでお客さんが喜んでくれるものは何か?を理解するために有効な3C分析というものがあって、

 

  • 自分Company
  • お客さんCustomer
  • ライバルComputer

この3つから考えて、

 

  • ①自分が提供できるもの
  • ②欲しいと思うお客さんがいるもの
  • ③同じ悩みや願望、ニーズを持つお客さんに訴求しているライバルが提供できていないもの

 

これらの条件の重なる部分を狙って商品、サービスを提供することで、お客さんから自然と「欲しい」と思ってもらえます。

 

この3つの重なる部分をバリュープロポジションと言います。(上図の矢印の指す部分です)

 

参考:儲けるには?家にいてお金を稼ぐ方法として自分を高く売るビジネス構築はじめの3ステップ

ステップ3.自分、お客さん、ライバルの順にみてコンセプトを決める

ここで、バリューポジションを見つけるためにまず見ていくべきなのが、あなたが提供できるものです。

 

なぜなら、あなたがこれまで培ってきた知識やスキル、経験やこれから提供できる”価値”の中で、ライバルが持っていないものがあるから差別化ができて、お客さんがわざわざあなたから買いたいと思う理由ができるからです。

 

なので、大事なのは徹底的に

  • 自分が提供できるものは何か
  • 自身の経験や情熱、専門性をもとにどんなものを提供していきたいのか

ということを棚卸していきましょう。

 

そして、自分の提供できる価値や専門性の棚卸しができたら、お客さんが顕在的、潜在的に求めているもの(ニーズ)を考えていきます。

 

たとえば、ダイエットに成功できる商品サービスを欲しいと思っているお客さんは同じ「痩せたい!」という願望の根底に、

 

・綺麗に痩せた自分に自信をもって積極的に人生を謳歌したいという欲求があるのかもしれませんし、

・若いころの体重に戻して旦那さんに綺麗になったと言ってもらい女性として再認識してもらいより夫婦円満でいたいのかもしれません。

 

そういったお客さん自身も漠然として認識できていないものを含めて、どんな商品サービスをどんなふうに商品サービスの価値を提案していくべきかも考えていきます。

 

さらに競合他社がやってるビジネスや提供している商品、サービスを調べてその中でお客さんが持っている不満や解消されていない課題を見つけていきます。

 

たとえば2012年からサービスを店舗で展開して急成長しているダイエット事業で有名なRIZAPでは、それまで多くの人の痩せて綺麗になりたいという希望を叶えるために運営していたジムやパーソナルトレーナーやエステなどが解消できていなかった、

 

結果を出すという点にフォーカスして、全額返金保証を謳った高額なパーソナルダイエットプログラムを提供し成功しています。

 

このように、すでに前からビジネスが成り立っていて需要がある分野においても、他の企業や個人が提供できていない課題を見つけて、そこを満たせる商品サービスを作るという視点が他との差別化に繋がり、お客様に選ばれる理由になります。

 

このように、自分→お客さん→ライバルの順に情報を集めて自分が提供して上手く行くであろう売れるコンセプトを決めていきます。

 

参考:不況でも儲かる仕事を見極める3つのポイントと独立しても儲かるおすすめスキル

あなたが喜ばせることができるお客さん像と選ばれる理由を明確にする

ちなみに私自身は家にいながら個人でビジネス収入を得たいママさんをターゲットに、自分の商品やサービスの存在を知ってもらうための情報発信をしていますが、

 

ターゲットを全世代の女性向け、あるいは自宅で起業したい全人類向けとすると、より多くの見込み客にアプローチすることができるので、トータルの売り上げや認知度も拡げられるのでいいのでは?と思われる方も多いはずです。

 

でも個人でビジネスをする際には特に、企業ではあまり旨味がないような、よりニッチで範囲は狭いけれど一定数の需要があるお客さんをターゲットにしてビジネスを提供していく方が、結果的に深くお客様を満足させることができ成果を上げることが出来ます。

 

ということで、次にあなたが決めた専門分野でどんなターゲットに商品やサービスを提供していくのかを決めるための手順をお伝えしていきます。

 

参考:個人で稼ぐ力をつけるなら?WEB集客の基礎知識とブログ集客がメリット絶大な理由

①なぜ1500円のコーヒーを飲みにいくのか?顧客層の心理を把握する

たとえば、家でコーヒーを入れて飲めば家ですぐにでもしかも金額としては10円くらいでお茶することはできるのに、なぜわざわざ500円も1000円も支払って遠くまで出かけてスタバやホテルのラウンジでコーヒーを飲む人がたくさんいるのか?

 

それは、相場を知らないとかコーヒーの入れ方がわからないとかお湯が沸かせないといったことではなく、カフェやラウンジという空間でゆったりした雰囲気を味わうため=「体験」にお金を支払っているからです。

 

そこで、始めのワークで見つけたあなたの中にある売れるコンセプトに興味のある見込みのお客さんにはどんな人がいて、どんな体験が得られると思えば、期待値でわざわざお金を支払ってでも欲しいと思ってもらえるのか?ということを考えていく必要があります。

 

あなたの自分が買い物をするときのことを考えていただければわかると思いますが、お客さんがお金を支払うのは、

 

  • 支払う金額に見合うかそれ以上のモノ、経験、変化といった価値があると信じたとき
  • 現状と理想の状態のギャップに気づき、その商品サービスに手にすることで今あるギャップを早く埋められる、理想の状態になりたいと思ったとき

です。

 

なのでどんなお客さんであれば、あなたが提供できる経験やスキル知識といったコンテンツに自分が望む体験や変化を得られることに期待してお金を支払ってくれるか?を考えていきましょう。

 

参考:自分で稼ぐ仕事と自分で稼ぐのが当たり前になる時代に磨いておきたい3つのスキル

②あなたが喜ばせられるお客さん像を明確にする

例えば、これからあなたが”夫婦円満”というテーマでビジネスをやっていきたいと思ったとして、あなたが提供できるコンテンツは、

 

  • 今すでに夫婦関係で悩んでいる人
  • これから結婚をしようか考えている人
  • 離婚がよぎっているけれど何とか軌道修正できないか葛藤している人

 

などに需要があるだろうな、ということは想像できると思います。

 

そして夫婦円満というテーマに関心があるお客さんのいる市場を分析する際には、

  • セグメンテーション(Segmentation)・・市場を見て把握する
  • ターゲティング(Targeting)・・あなたにとっての理想のお客さん像を決める
  • ポジショニング(Positioning)・・業界の中でのあなたのポジションを決める

 

といったステップを踏む必要があるので(STP分析と言います)、

 

まずはあなたのこれまでの夫婦関係で培った知識や経験を、どんな人に伝えるとより興味や価値を感じてくれて、もっとも高い金額を支払ってでもそのノウハウや学びを教えてほしい、アドバイスを欲しいと思ってもらえるか?を考えていきます。

 

たとえばもしあなたが今結婚10年目で子供が2人いる35歳の主婦で、夫婦共働きでフルタイムで子育てや家事と仕事の両立をしながら夫婦で良い人間関係を作ってこられたと今満足できているのであれば、

 

やはり同じように子どもがいて夫婦共働きである20代~40代くらいの女性がもっともターゲットにしやすいはずです。

 

なぜならあなた自身も自身の経験からお客さんの悩みに共感しやすく、お客さんも似た状況の中で夫婦仲良く幸せになれているあなたの経験に憧れと共感を感じるからです。

 

なので、順番としてはあなたのもっている経験やスキル知識に価値を感じるお客さんは誰か?ということを、性別・年代・職業・状況(悩みや課題)という点で考え付くだけ洗い出し、その中であなたが最も喜ばせることができるであろうターゲットをたった一人の人物像として明確に決めましょう。

 

 

参考:儲かる仕事で独立するならWEBマーケティングは必須。家で副業からでも女性が儲かる仕事とは?

③理想のお客さんはどんな商品サービスだと選んでくれるか?

そして、先にお伝えしたSTP分析において、あなたにとっての理想のお客さんを明確に決めたらあとは、あなたの持っているコンテンツをどんな形で提供すると、もっとも喜んでもらえるのか?を考えていきます。

 

たとえばダイエット市場で上手く行っているRIZAPであれば、”結果にコミットする”というキャッチコピーで圧倒的に他のエステやパーソナルジムなどのライバルとの差別化が出来ています。

 

このように、すでにお金を支払っている売れるコンセプトを謳っているライバルとの違いをどうやって作ればお客さんは喜んであなたを選んでくれるのか?を決めるわけです。

 

夫婦円満というテーマでも、ダイエットするには食べなければ痩せることくらい誰でも知っているように、夫婦関係や人間関係の問題に対処する抽象的、一般的な知識や情報というのは、数十年前から世に出回っていますし、本を数冊買って読んだりネットで情報を集めることでそれらを膨大に入手することはできるはずですよね。

 

そんなにハードルが高くない方法で夫婦関係を良好に保つためのノウハウは手にできるのに、世の中で夫婦関係で悩む人がいなくならないのは、その知識やノウハウを実践できていないからか、間違ったアプローチを実践しているから、あるいは継続して実践できていないか、が考えられます。

 

人間関係にはこれをやっておけば間違いない!という答えがないからこそ、

  • なぜ自分の話を聞いてくれないんだろう
  • なぜお互い受け取り方がすれ違ってしまうんだろう
  • 自分だけ我慢して丸く収まっているのは夫婦円満とは言えないのではないか
  • いつもけんかになると話し合いにならない
  • 会話がほぼないのでもっと話ができる関係になりたい

 

などなど・・一見同じような悩みに見えても事情を深く見ていかないと根本の課題がまったく違うことも大いにあるでしょうし、ご夫婦それぞれの価値観や感情も変化するものなので明確な解決策は存在しないわけです。

 

そこを、実際に夫婦円満を実践しながら成果を出してきている人から話を聞いたり、実際に夫婦関係の危機を乗り越えたという体験があればなお、その経験や乗り越えられた理由や対処法を教えてほしいと思う人がいるはずですので、

 

  • ①どんな人のどんな悩みや願望に訴求して
  • ②自分の持っているどんな経験をどんな切り口で伝えて
  • ③どんな未来、変化、体験を提供する商品、サービスを作ると喜んでもらえそうか?

を決めていきましょう。

 

ここで、先にお伝えしたマーケティング志向に立ち返り、お客さんの立場だったらどんな商品サービスがあると嬉しいか?何を求めているのか?を深く考えていきます。

 

たとえば、それぞれのお客さんのご夫婦のタイプや状況をしっかりヒアリングすることによって、どこがすれ違いの原因になっていて、何をしたら解決の糸口になるのか?という客観的・具体的なフィードバックやアドバイスを提供することで、

 

お客さんが自分の状況や課題を客観視できて、自分の中にある思い込みや問題点に気付くことが出来たり共感してもらえて精神的に救われて気持ちにゆとりができたり、

 

夫婦二人だけでは解決できなかったことを解決するための手引をしてあげることができるのではないか?などと、仮説をベースに商品やサービスを構想してみましょう。

 

 

このポジションを決める際には、上記のようなポジショニングマップという表=お客さんが何を求めているのか?何に魅力を感じるか?といったことを縦軸と横軸にしたグラフで自分の立ち位置を表現すると、自分のポジショニングが明確になります。

 

夫婦円満というテーマにおいて、お客さんが求めるもの、価値を感じる魅力としては、たとえば個人的なヒアリングなどの個別フィードバックなど手厚いサービス、より実践的で具体的な対処策の知識、価格、成果が出るまでの期間などが考えられます。

 

参考:ターゲットとコンセプトが決まれば◎あなたもゼロから家で稼げるビジネスを作る3ステップ

売れないはずがないという前提で考える

ここまでで、明確で詳細なあなたのビジネスのターゲット(ターゲティング)とコンセプト(ポジショニング)が決まったら、何をもっとも売りとしてあなたの商品サービスを提供するのか、というポイントを決めます。

 

そもそも、個人でも良いところや強みがない人はいないように、どんな商品サービスでもすでに売れている商品やサービスと同じコンセプト(3か月で5キロ痩せる、英語を話せるようになる、稼げるようになる、復縁するなど)で、売れない理由がないものはないですし、売れないはずありません。

 

なので、もし売れないとしたらあなたが自分の商品サービスの魅力や強みをまだよく理解できていないかお客さんに伝えられていない(理解させられていない)ということになりますので、

 

お客さんがあなたから買いたい、あなたの商品サービスを「欲しい」と思うために伝えるべきあなたの商品サービスの魅力や特徴をあなた自身が明確にしていきましょう。

 

参考:確実に儲かる商売は?儲かるビジネスモデルを見極める4つのポイント

売れるべくして売れる商品作りのための4つの視点

とはいえ、性格や癖や強みなど自分のことは自分ではなかなか気づかないように、あなたが提供できる商品サービスの強みや魅力、差別化できるポイントはわからないものです。

 

そこで自身の商品サービスをより効果的に売るために、以下の4つの視点から見ていきます。

 

  • 商品(Product)・・提供するモノ・サービス自体以外にも、空間、癒し、感動、繋がりなどの価値すべて
  • 価格(Price)・・価格や現金・カード分割、早期割引、限定価格、継続購入、会員割引などといった支払い方法
  • 流通(Place)・・Webサイトやブログ、オンラインショップ、オフラインの店舗オフィス、など商品サービスを買える場所のこと
  • 販売促進(Promotion)・・広告、口コミ、紹介、SNSといったお客さんとのコミュニケーション、あるいはパブリシティ、タイアップ(提携、協力)などによる認知拡大

 

参考:これから需要が増える仕事TOP5。これからの時代に将来性がある女性におすすめな仕事とは?

4P分析で商品の枠を広げる

たとえば、コーヒーショップであれば、居心地が良くて長居できる空間やリラックスできる雰囲気も、提供できる価値になりますし、店員さんとのコミュニケーションを楽しみに来店するお客さんにとっては人との繋がりも提供できる価値になります。(Product)

 

椅子が小さく長居するには不向きなファーストフード店では回転率が高い代わりにお客さんに提供する商品の価格を下げることが出来たり、反対にコーヒー一杯で1500円もするホテルのラウンジなどでは、お客さんはその優雅でリラックスできる空間や体験に付加価値を感じるので価格に見合っていると判断してもらえるわけです。(Price)

 

また、実店舗としてカフェでコーヒーやサンドウィッチなどを提供していても、さらに楽天市場や独自のオンラインショップを開設してオンラインショップでコーヒー豆や焼き菓子の販売をすることで、商圏を拡げることも出来ますよね。(Place)

 

そしてお客さんを集めるためにWeb広告を出したり、近所の主婦やOLさんの口コミマーケティングが起これば、かなり効果的にお店の新規顧客を増やすことが出来ます。(Promotion)

 

このように、同じ商品を提供するとしても提供する価値の打ち出し方、販売の仕方、リピーターの作り方などあらゆる要素を多角的に見て戦略的に設計する必要があります。

 

そしてこれらの要素を適切に組み立てることで、訪問販売で売り込んだりチラシをやみくもに配らなくても、売れるべくして理想とするお客さんに情報が行き届いて売れるようにするのが、マーケティングになります。

 

たとえばただ”オムライス”とか”カレー”というメニュー名で販売するよりも、”明太子&とろーりチーズのオムライス”とか”ごろごろ季節野菜たっぷりのちょい辛カレー”といったメニュー名にした方が

 

お客さんからしたら付加価値を感じやすく興味を持ってもらいやすいとか、2点目からは半額になる生ビールは2杯以上頼むお客さんが多い、みたいなのも同じ商品でも売り方次第で売上が変わる例です。

 

こういった戦略を立てて、あなたの提供できる商品や価値スキルを求めている理想のお客さんが効果的に集まってきて、効率よく価値を理解して喜んで買ってもらえるように仕組み化をしていきましょう。

 

4つのPがすべて商品として提供する価値であることを

 

参考:これからの時代に儲かる仕事は?女性が独立して稼げる仕事の見つけ方

すべてが提供する価値だと理解する

そして商品(Product)はもちろん、Price、Place、Promotionすべてを工夫して初めてお客さんにとっての最大の価値となり、売り上げを最大化することが出来ます。

 

品質が良い商品、手厚いサービス、美味しいメニュー、リラックスできる空間など、あらゆる提供する、価値に対してお客さんが妥当だと思う価格を提示したり(価格以上の価値があると感じたり)、お客さんが喜んだり期待するようなコミュニケーションが伴えば、売れるべくして売れるビジネスの仕組みが作れます。

 

参考:これから需要が増える仕事TOP5。これからの時代に将来性がある女性におすすめな仕事とは?

SIPSプロモーション

そして、あなたの提供する商品サービスを届けたいお客さん(ターゲット)とそのお客さんが欲しいと思うコンセプト(どんな未来を提供するのかということ)、

 

具体的な商品、サービスの内容や価格、情報提供、販売の方法が決まったら、情報を理想とするお客さんに届けるために情報発信をしていきます。

 

参考:女性向け!給料のいい仕事5選と女性が年収1000万円を目指せるおすすめな働き方

すべてのビジネスで通る3つのステップとお客さんの動き

今はどんな企業、個人事業主でも、オンライン上にWebサイトを持っていたり、メルマガやLINE、SNS、Web広告といった媒体を使って販売している商品サービスに興味をもってもらうために情報発信をしていますよね。

 

実店舗を構えて商品サービスを販売するビジネスでも、オンライン完結で商品サービスを提供するビジネスでも、

 

  • ①販売する商品サービスに興味があるお客さんを集める(認知・集客)
  • ②お客さんが喜ぶ情報、商品サービスを提供する(教育)
  • ③お客さんに欲しいと思って期待値でお金を支払ってもらう(販売)

この3つのステップを踏まなくてはいけません。

 

その際にお客さんに通る感情、行動が、

  • 共感(Sympathize)
  • 確認(Identify)
  • 参加(Participate)
  • 共有・拡散(Share・Spread)

です。

 

たとえば、イタリアンレストランを経営していて、お店で提供している料理の写真をお洒落なお店の雰囲気が伝わるような画像編集をしてFacebookやインスタグラムなどのSNSで投稿したとします。

 

そして、その写真をたまたま見たユーザーが「美味しそう」「綺麗」などと興味を持ち(共感)、投稿に掲載しておいたお店のWebサイトを訪問したり、お店の公式LINEに友だち追加したりして(確認)、

 

より詳細なお店の情報(場所、メニュー、価格、お店の特徴など)を調べてから「行ってみたい」と思って実際に足を運ぶとします。(参加

 

そしてお店で食事をして感動するほど美味しいとか、価格を上回るサービスやクオリティに喜んでもらえると、友達や知り合いに勝手に口コミをしてくれたり、自身のSNSで投稿してお店の情報を拡散(レビュー)してくれることも期待できます。(共有・拡散

 

参考:稼げる仕事がしたい女性が資格なしでもできる仕事とこれからも稼げるおすすめな働き方

待っているだけではお客さんは来てくれない

では、先のイタリアンレストランのお店の売り上げを最大化させるには、どうしたらいいか?というと、当然①の集客、認知のパイを広げることです。

 

そしてどうやって拡げるか?というと、情報発信を幅広く多くするしかありません。

 

とはいえ、営業マンを大量に投入してお店のビラを配ってもらうとか大きな投資をして駅中やビルに看板広告を出したり、電車の中吊り広告を出すのはリスクが高すぎるので、できるだけコストをかけずに認知度を効果的に広げるためにWebの媒体をできるだけ多く活用して集客の半自動化を図るのが大事になります。

 

ビジネスはあると便利で喜ばれるもの提供する経済活動ですが、一つのお店がなくなってもあなたがビジネスをしなくても誰も困らないので、自分からお客さんに先に挙げた、共感→確認→参加→共有・拡散まで進んでもらうための戦略を立てて実行しないといけません。

 

そのために、お客さんが商品サービスの存在を知ってから買ってもらうための消費者行動モデルという一連の流れを意識して仕組み化していくことになります。

 

参考:女性が長く続けられる仕事探し3つのポイントと歳をとっても続けられる仕事につく3ステップ

2つの消費者行動モデル

たとえば店舗を構えたカフェやエステ、ジムなどであれば、AIDMAという消費者行動モデル、オンライン講座やアフィリエイトなどの店舗を構えないオンライン完結のビジネスであれば、AISASという消費者行動モデルが理想とするお客さんには最適です。

 

より効果的にお客さんに喜んで買ってもらうための仕組みを作るためには、インターネットがなくてマスメディア(テレビや街の広告)しかなかった時代からの消費者行動である、

 

注意(Attention)・・こんなのあるんだ。

関心(Interest)・・よさそう、面白そう

欲求(Desire)・・欲しい!

記憶(Memory)・・行ってみよう

行動(Action)・・買おう

というAIDMAをもとに。

 

 

インターネット時代の消費者行動である、

注意(Attention)・・こんなのあるんだ。

関心(Interest)・・面白そう、どんなんだろう

検索・比較(Search)・・調べてみよう、検討しよう

行動(Action)・・買おう(あるいはもう一度調べる)

情報共有(Share)・・感想はね~

というAISASをもとに、Webの媒体を効果的に使いながら戦略的に仕組みを作ります。

 

個人がビジネスで売上を効果的に上げ続けるためには、あなたがお客さんにしたい人がどんな媒体を使ってどんな言葉を使っているか、共感するか?など。

 

どこまでも消費者目線に立って、Webサイト、メルマガ・LINE、SNS、Web広告を駆使して、供給されている多くの商品、サービスの中からあなたの商品サービスを喜んで買ってくれるお客さんにわかりやすく、安心して、買いやすくするための工夫を思考錯誤しながらするのが大事です。

 

参考:女性も仕事を一生続けるべき3つの理由と食いっぱぐれない仕事を見つける3つのポイント

マーケティングホイールを回す

そして、情報発信を続けて理想とするお客さんがあなたのビジネスや扱う商品サービスの魅力や価値を理解して喜んで買ってくれるという仕組みを作れたら。。それで一件落着ではありません。

 

ビジネスはどれだけ売り上げが上がっているものでも、常に未完成で改善の余地があると理解しないといけないので、

 

  • より効果的に、コストを落として売り上げを増やすためにはどうしたらいいか?
  • お客さんにリピーターになってもらうためには?
  • 新しいお客さんを連れて来てもらうためにはどうしたらいいのか?
  • お客さんをさらに喜んでもらうためには、何を提供したらいいのか?

 

といった成長、改善できる要素をずっと考えながらテストし続けて、商品企画→集客→教育→提供・販売→顧客満足→再投資→次のさらなる商品企画や既存商品の改善→・・半永久的に利益を回し続けてお客さんに還元していくという発想を持ちましょう。

 

参考:ブログで稼ぐ!初心者から取り組むべきオウンドメディアマーケティングの3つの基礎知識

まとめ

以上、マーケティングなんて私には別世界のこと、と思っている方にもわかるように、個人が莫大な資本を持っていなくてもビジネスをして売り上げを上げるための手順や基礎知識をお伝えしてきました。

 

専業主婦だった約4年前、マーケティングとは何のことやら?という状態からビジネスを始めた私でしたが、Webで完結できるビジネスのノウハウを自己投資をしながら学びつづけ、同時に実践し続けてきたことで、それなりに成果を出すことが出来ました。

 

誰でもはじめは初心者ですし、今いくら稼いでいる人でもまずやってみようと思って実際に行動したからこそ、毎日の積み重ねがドエライ知識やスキル、経験という財産になっただけですので、

 

「今度は私も!」「WEBマーケティングをぜひやってみたい」「ビジネスをして人生を豊かにしたい」と強く思ったあなたは、ぜひ今から学び始めて行動に移してください。

 

※私のメールマガジンでは、家にいながら会社に頼らず今までのあなたの人生で培った強みをネタに収入の柱を作るためのお役立ち情報を配信しています↓

>>収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら<<

 

 

参考:家で稼ぐ方法!家にいながらビジネスで50万円、100万稼ぐための3ステップ

この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

 

 

※在宅で子育てしながら自分の手で稼ぐには?【7つの無料教材(全204ページ)+動画講座(1時間4分)】を無料でプレゼント↓↓

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。^^


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2020 All Rights Reserved.