fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

ワンオペ育児に疲れた。子育てと仕事の両立に疲れて一人になりたいあなたに贈る6つの心得

 
  2019/04/01
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

「ワンオペ育児に疲れた・・」と悩むワーキングマザーのあなた。

 

子育てと仕事の両立は本当に大変なこと。ワーキングマザーの一日はとにかく時間的にも気持ち的にも余裕がないですよね。

 

仕事の日には、タイムスケジュールがびっちりなのに、仕事が終わらない・・一息つく暇もないくらい大変で、疲れたと感じていませんか?

 

日本では近年、女性が働くことが当たり前になってきていますが、海外では共働きは当たり前ですし、出産後3か月とか半年で仕事復帰をすることも当たり前

 

そういう国では親や義理親、親戚みんなが協力して子育てをしているもの。時間も体力も限られているし、お母さん一人で仕事も子育ても家事もすべてをこなして、全然余裕なんていうことはありえませんよね。

 

そう、働いているお母さんがみな一人でこなしていないから、上手く出来ているということ。だから、あなたが力が足りていないわけではないので、安心してください。

 

上手くやるためには周りからのサポートも必要ですし、お母さん自身がコンディションを整えておくがとっても大切。

 

今回は、そんな自分のケアをする余裕がないというワンオペ育児で悩むワーキングマザーのあなたに、仕事も子育ての両立を上手く行かせるための心得をお伝えします。^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

ワンオペ育児のつらさとは?

社会問題にもなっているワンオペ育児というのは、家庭の中で、夫婦のどちらか一人が仕事、家事、育児もほとんどの業務を行っているという状況を言います。

 

たいていは、その一人で働くのは女性である妻であることが多く、朝から晩まであわただしい毎日を送りながら、肉体的にも精神的にも大変な負担を抱えてしまっていることも多いです。

 

特に、旦那さんが単身赴任や仕事で朝早く夜も遅くまで働いている場合、あるいはシングルで一人で子育てをしながら働いているお母さんは、全て一人でこなしながら、すぐに話を出来る人がいない時間が長いので、精神的にも辛いと感じることも多いでしょう。

 

核家族化が進む中で、実家から遠方に住んでいると、気軽に子育てに手を貸してもらうことも難しいですし、子供が病気になったり、自分が病気になったときには、本当に大変だと思います。

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

ワンオペ育児に疲れたワーキングマザーが辛いこと

ではワンオペ育児で悩むワーキングマザーが、子育てと仕事の両立に疲れた、辛いと感じるのはどんな時でしょうか。

 

実際のワーキングマザーが辛いと感じていることを挙げていきます。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

時間が足りない

ワーキングマザーの悩みで多いのが、時間が足りないということ。

 

仕事の日には、朝早くから起きて、身支度に朝食の支度、子供の準備に夕飯まで作っているワーママさんもいます。

 

仕事を終えてからも、子供を保育園に迎えに行き、家事と子供の世話をして寝かしつけ、自分の時間はほんのわずかしか取れない毎日。

 

ゆっくりお風呂に入りたい、ゆっくりひとりでどこかに出かけたい、と思いながら、過ごしている方も多いでしょう。

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

子供と関わる時間が少ない

ワーキングマザーの悩みで多いのものに、子どもとの時間が満足に取れていないというものがあります。

 

子供が小さい貴重な時期に、親として、もっと子供の成長をじっくり見たい、一緒にいたいと思うこともあるでしょう。

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

睡眠不足

そして、睡眠不足で悩んでいるワーキングマザーも多いよう。

 

自分の時間を確保するために、睡眠時間を削ると、次の日になっても疲れが取れていないという状態がずっと続いているなんていうワーママも珍しくありません。

 

いつも眠い、いつも疲れていると仕事にも、子育てにも全力が出せないという悪循環にならないように気を付けたいところですね。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界、辛い理由TOP3!辞めたいときに乗り切るコツ

ワンオペ育児に疲れたときに試してほしいこと

毎日のワンオペ育児で疲れた・・もう限界かもしれないと思ったあなたに試してほしいことがあります。

 

参考:家事と育児と仕事の両立は限界?共働き主婦が子育ても楽しめる働き方とは

1.子育てと仕事の両立で疲れた時はコミュニケーションを大切にする

子育てと仕事の両立をしていて、ふと疲れた。。と辞めてしまいたくなるくらいに感じた時は、頑張りすぎているサイン。

 

ワーキングマザーは時間も体力的にも余裕がないから、気持ちにも余裕が持てないことなんて日常茶飯事。

 

でも、時間に余裕がないからこそ、夫婦同士でも、職場でも、自分の意見をしっかりコミュニケーションをとることで、無駄な誤解や摩擦をなくすことが出来ます。

 

仕事に子育てに時間にも体力的にも余裕がないと、気持ちまで余裕がなくなりますよね。人間関係の摩擦は、たいていお互いの勘違いと自分の思い込み

 

普通だったら何も思わないシーンでも、気持ちに余裕がないだけで、相手のせいにしてしまう。

 

子供の世話でも、家事の勝手でも、相手が自分の中にある「こうであるべき」行動をしてくれないからイライラするんですよね。

 

なので、家庭内でも職場でも、旦那さんや周りの仲間と誤解や思い込みが原因で揉めないためにも、自分の意見をしっかり主張することが大切。

 

こっちが誠意を持って伝えれば、相手にも悪くは受け取らないはず。子供が待っているからこれ以上は、仕事は出来ないですとか、休みを取らせてください。と無理が自分にかからないように意識することです。

 

家庭でも、「妻たるは。」「母たるは。」と強迫観念に囚われるのをやめて、旦那さんに素直に甘えましょう。

 

自分の意見を主張して、自分を大切にすることはとても大事。

 

そうでないと、「あの人ばっかり。」「いつも不満ばかり。」と旦那さんや職場の人に対して被害者意識生まれ、怒りの矛先が周りの人に向かってしまいます。

 

そうなっては、子供にも旦那さんにとっても、職場の人間関係にもよくありません。

 

日頃からしっかりコミュニケーションを取ることが、上手く子育ても仕事もこなすためには必要です。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

2.子育てと仕事の両立で疲れた時は周りの意見に惑わされない

ワーキングマザーのあなたが気持ち的にも余裕がない、疲れたと感じる原因は、周りの情報に振り回されているからかも。

 

たとえば、

  • 赤ちゃんが泣いていたらすぐに声を掛けてあげないと、愛情不足になる
  • 子供は親との接触時間に比例して愛情深く育つ
  • 親がイライラしていると、子供が情緒不安定になる

 

などという、正しい子育ての情報を見たり聞いたりしても、気にしないこと。

 

子供によって個性が違いますし、その通りにやっても上手く行かないことはいくらでもあります。なので、情報はいったん受け止めて、あなたらしい子育てを作っていけば大丈夫。

 

共働きが当たり前のアメリカでは、赤ちゃんが夜泣きをしていても、泣くたびに構わないそうです。「え、育児放棄じゃ・・。」と思ってしまいますよね。

 

でも、赤ちゃんは泣くのが普通だし、毎回起きて寝不足になってイライラするくらいなら、夜はちゃんと寝て、日中たっぷり構ってあげた方が良いでしょ。という意見なんだとか。笑

 

これが正しいかどうかはわかりませんが、周りがなんと言っていたとしても、自分なりのベストの子育てを作っていければ良いのです。

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかったこと。辞めたい理由と後悔しない選択とは

3.子育てと仕事の両立で疲れた時は自分をいたわる

ワーキングマザーのあなたが、いつも時間に追われて、余裕がないと思わずに、毎日楽しみながら働くためには、自分に無理は絶対にしないこと。

 

無理をすると、なんで私ばかりと思ってしまったり、子供や旦那さんにきつく当たってしまったり、、良いことになりません。

 

まじめで一生懸命やるのは当たり前ですが、たまにはどこかへ休憩に行くとか、うまくさぼるのも、自分がパンクしないためには必要だったりします。笑

 

「頑張らなきゃいけない。」と自分を責めるのではなくて、「頑張るために休むんだ。」と思えば良いのです。

 

気分転換や息抜きをしないと、子育てだって仕事だって煮詰まってしまいますからね。ずーっと10時間パソコンに向かうよりも2,3時間おきに作業する方がはかどりますよね。

 

効率化を考えるなら、うまく手を抜く、適度に休むべきです。

 

参考:ワーキングマザーの二人目の壁!断念する?仕事を続けるか辞めるのか迷ったときは

4.子育てと仕事の両立で疲れた時は自分の軸を作る

子育てと仕事の両立で疲れたと感じたときは、自分の軸で行動出来ているかを考えましょう。

 

  • 子育てをするのに、いつも子供に穏やかに接することが出来ていない
  • 満足に目を見て話を聞いてあげられていない
  • 手作りの料理をバランスよくあげないといけない
  • 毎日同じ時間にご飯を食べさせて、寝かせなくてはいけない

 

と自分の中でものすごい数のやらなくてはいけないことが出来ていませんか?

 

これらは果たして、本当に絶対にやらなくてはいけないことなのか、と考えれば、ずっと心が楽になるはず。

 

ワーキングマザーで子育ても家事も完璧にこなしている人なんていないはずです。

 

理想と現実のギャップで、無駄に悩むのは辞めましょう。

 

出来ないものは出来なくて大丈夫。出来ていることに目を向けて、自分を褒めてあげるべき。

 

参考:ワーキングマザーの悩み。限界が来る前に!辛いうつにならない6つのコツ

5.発散できる環境を持つ

不満に思っていることや、不安なこと、悩んでいることがあったら、相談したりたまには愚痴れる存在を作っておくことは大切です。

 

同じ環境で頑張っているママ友や、友人、SNSや掲示板など、オンラインでの交流も心の負担を減らすためには有効です。

 

もちろん一番理想的なのは、旦那さんが一番理解者であり、定期的にコミュニケーションをとって支えてもらえるという環境。

 

どれだけ忙しくて大変で疲れていたって、旦那さんが応援して誰より感謝して褒めてくれていたら、ものすごくパワーになりますよね。

 

参考:家事と育児と仕事の両立は限界?共働き主婦が子育ても楽しめる働き方とは

6.家事も子育てもほどほどで大丈夫

家事や子育ては、家庭内で自由にできるものですので、あなたの裁量でどこを頑張ってどこは手を抜くのかということを決めていいわけです。

 

仕事をしているからと言って、家事や子育てを適当に済ませているなんて、母親として失格だわ。と自分を勝手に追い込んでしまう真面目で頑張り屋なお母さんもたくさんいますが、そのせいで毎日毎日イライラしたり、心の元気がなくなってしまっては本末転倒。

 

子供にとってもお母さんが元気で笑っていてくれることが大きな安心と喜びだということを忘れずに覚えておきましょう。

 

なので、家事や子育てでは完璧は目指さない、多少部屋が汚れていたって、洗濯を毎日しなくたって大したことではありません。

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかった!後悔しないために確認するたった一つのこと

まとめ

ワーキングマザーは、いくら仕事と子育てで余裕がなくて、ワンオペ育児で疲れ切ってしまっていたら、自分を労わることが一番大切。

 

自分を大切にして、気持ちに余裕が出来れば、子供にも旦那さんにも優しく接することが出来ますし、会社でたとえ何か理不尽なことを言われても、さらっと受け流せるでしょう。

 

無理をしないこと、適度に休んで、仕事もうまく手を抜くこと。笑

 

長い目で見たら、緩くやるのが賢明です。

 

もっとイキイキ働きたいあなたの参考になれば幸いです。^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.