LINE限定レポートプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

 

育休明けに仕事を辞めたい!退職理由5つとこれから選べる4つの選択とは?

megumi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。SEO集客とメルマガを使った仕組み作りを強みとして、企業様のWeb集客のサポート、お客様の強みを活かした高額商品作り→Web集客→仕組み化→目標達成までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、起業を決意。 ビジネスを学びながら実践し、9か月で輸入転売ビジネスで利益100万円を達成。その後情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。 商品設計→Web集客→販売までのパッケージコンサルティングの売上単体でも月収200万を達成。

育休明けに「仕事を辞めたい。」と思い、実際に仕事復帰を断念するワーキングマザーはたくさんいます。

 

お金のため、キャリアの継続のため、あるいは久しぶりに社会との接点を持つことを楽しみにしていたはずが、いざ働き始めてから仕事の勘がにぶっていたり、肉体的、精神的に辛い・・あなたもそんな思いを抱えているかもしれません。

 

このまま仕事を続けるのは難しいかもしれない。」と、弱気になってはいるものの、やはりこれまで積み重ねてきたキャリアや、職場でのポジションなどを捨てることになるので、仕事と家事育児を両立できたらいいけど、後悔しないのか迷うのは当然の事です。

 

そんなあなたに考えて欲しいことがあります。

 

今回は、今育休明けで仕事を辞めたいと思っているあなたが、退職するか仕事を継続するかを決めるために確認してほしいことについてお伝えしていきます。

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作る方法や自分が好きなことを仕事にする方法などブログには書いていない詳しい情報をお届けしています。

>>7つの無料教材をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

育休明けに仕事を辞めたいと思うワーキングマザーの悩みとは?

育休明けに仕事を辞めたいと思うほど、ワーキングマザーが負担に感じているものは何でしょうか?

 

厚生労働省の発表するデータでは、出産後の女性の育休取得率が83%となっていますが、実はここには出産後に(育休明けに)退職する人も含まれています。

 

出産後に育休を取れば育休手当てがもらえますし、育休後に復帰して継続できるかはわからないけれど、お金の面でメリットがあるのでとりあえず育休は取って検討する(表向きには継続するということで、笑)という方も少なくありません。

 

出産後に仕事を継続する女性は、内訳のデータでみると、第一子出産後に育休なしで復帰する人が10%、育休ありで復帰する人が17%となっており、

 

さらに育休後に退職という選択をするワーママは約44%となっているので、育休取得後に復帰を断念する女性がかなりの割合でいることになります。

 

そんな育休明けに仕事を継続することを断念したワーキングマザーがどんなことで悩んでいたのか?まずその理由から見ていきましょう。

 

参考:起業したい女性必読!最短で成功する人が実践している3つのステップ

育休明けに仕事を辞めたいと思うワーキングマザーの悩みとは?

育休明けに仕事を辞めたいと思うほど、ワーキングマザーが負担に感じているものは何でしょうか?

 

ワーキングマザーがこのまま仕事を続けて行くのは無理かもしれないと思う、悩みの原因を挙げて行きます。

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由1.体力的に辛い

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由としては、まず体力的に辛いというものがあります。

 

朝早くから起きて、自分と子供の身支度をし、保育園に送り出す。

 

そのまま職場へ出勤し、仕事をしたら、また保育園へお迎えにダッシュ。家に帰ってからも息つく間もなく、家事をこなし、子供の世話をしてまた明日に備えて寝るという毎日に身体も休まらないし、心まで疲れてしまっているお母さんも多いでしょう。

 

「みんなそうして頑張っているから。」という思いがさらに心の負担となりストレスを増幅させたり。

 

いつも疲れているこの生活に「このままで大丈夫かな。」と不安を感じているワーママさんも多いのです。

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由2.職場で周りに負担をかけている

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由として、職場で周りの人へ気を使うことで精神的に負担を感じるというものがあります。

 

子供が病気になったときに、毎回仕事を早退したり、休んだり、実家のサポートが得られなかったり、地域のサービスが使えないときなど、子供が原因で仕事が出来ないと、周りの人にしわ寄せが行ってしまっているとき。

 

周りの人は口では「いいですよ。」とはいってくれるけど、明らかに良くは思っていないことが伝わると、肩身が狭くてストレスを感じることでしょう。

 

このストレスがどんどん積み重なって、仕事を辞めたいと思うワーママさんも結構います。

 

参考:ワーママ必読!働くママが疲れがとれないと限界を感じたときに試すべき5つの事

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由3.職場になじめない

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由としては、他にも職場になじめないというものもあります。

 

久しぶりに職場に復帰したら、仕事内容も人間関係も、管理体制も変わっていたり、育児と並行で新しい環境での仕事になかなか慣れず、辛いと感じるワーキングマザーもいます。

 

あるいは、ブランクによって、仕事の勘が鈍ってしまい、ついミスを連発してしまったり、周りに迷惑をかけてしまったり。

 

そんなことが続くと、このまま続けて行くのは難しいかもしれない、と仕事を辞めたくなってしまうワーキングマザーもいます。

 

復帰してすぐになじめる人はそうそういないので、誰でもはじめは苦労すると思えば気持ちが楽になるかもしれません。

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由4.職場で理解が得られない

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由の4つめとしては、職場で理解されないというもの。

 

子育てをしながら仕事をするのは大変なことは、独身の同僚や男性の上司でも、一応わかってはいるはず。

 

でも、やはり実体験があるかどうかで理解度は全く違います。

 

中には子供の都合でしょっちゅう仕事を休んだり、抜けるので、いやがらせを受けたり、嫌みを言われたりしたというワーママもいるそう。

 

また、子育て中だというだけで、今までの仕事を外されたり理不尽な扱いをする職場もあるのです。

 

半ばいじめとも思えるそんな職場なら、今すぐにでも辞めてしまいたいと思うのは当然ですよね。

 

男女平等の法律は整備されつつありますが、まだまだ意識がおいついていない職場もあるよう。

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由5.子供と家庭を中心の生活にしたいと思った

育休明けに仕事を辞めたいと思う理由の5つめとして、けっこう多いもので子供と家庭で過ごす時間をもっと多く取りたいというものがあります。

 

育休明けに職場の同僚と同じように、自分もバリバリ働きながら子育てを頑張ろうと、意気込んで仕事復帰したものの、いざ働いてみると、

 

「もっと子供の成長をしっかり見ていきたい。」

「もっと家庭で家族との時間をたくさん取れる生活がしたい。」

 

と思うワーキングマザーもいます。

 

仕事を続けるよりも、家庭で頑張りたいという心境の変化で仕事を辞めたいと思うワーママの悩みもあるのです。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

育休明けに仕事を辞めたいという悩んだあなたが選べる4つの選択

もし育休明けに仕事を辞めたいという気持ちが湧いてきたら、これからあなたが選べる選択肢を考えて、これからの生き方働き方を検討してみましょう。

 

参考:家事と育児と仕事の両立は限界?共働き主婦が子育ても楽しめる働き方とは

1.このまま仕事を頑張って続ける

育休明けに仕事を辞めたいと思っても、実際問題お金のことを考えると、そうすぐに辞めるという選択が出来るわけではありませんよね。

 

周りの子育て中の同僚に相談したり、上司に相談してみたり、まずはなんとか今のまま踏ん張れないものか、模索してみるのがいいでしょう。

 

まずは半年頑張ってみてまた考えよう、とした方もいらっしゃいますし、あなた自身が自分で期限を決めて頑張ってみるというのも、見切りをつけやすいのでいいでしょう。

 

そして、この場合、もともとどうして今の会社に入ろうと思ったのかを考えてみましょう。

 

会社であなたがこれからどんな仕事が出来て、あなた自身にとって、どんな可能性が待っているのか、そこにあなたがワクワク出来るものがあるのかを、一度考えてみてください。

 

もし、子育て中というだけで不本意な仕事を任されている場合には、「自分はこういうことがしたいからやらせてもらえないか。」上司に伝えてみるのもいいでしょう。

 

子育てをしながらあなた自身もスキルアップし、自分を磨ける環境になるように努力していくべきです。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界、辛い理由TOP3!辞めたいときに乗り切るコツ

2.働き方、職場を変えて家事育児と両立する

たとえば職場で嫌がらせをされたり、心ないことを言われたら、誰だって傷つきますし、悔しいけどそんな職場で働きたくないと思うはず。

 

まわりに相談できそうな相手がいなかったり、あなたの立場を理解してくれない職場だと判断したら、思い切って今の仕事は辞めて転職する、あるいはパートや在宅ワークに切り替えるという選択もあります。

 

もし転職を考えるのであれば、今よりやりがいや給料を下げて、子育てに比重をおくという選択をする方もいますし、ワーキングマザーに理解があって、キャリアも重視できる職場を選ぶ方もいます。

 

仕事が見つかるかは、あなたの努力ではコントロールしきれない部分ですが、あなたがどんなライフスタイルを送りたいのか、仕事をどのくらい頑張りたいのかによって、探し方も変わってくるはず。

 

あなたが、こんな働き方がしたい、こんな仕事がしたいという希望に近い仕事を見つけましょう。

 

また、パートにする場合には収入は減りますが、今より時間的な負担は減りますし、正社員ほど責任の重たい仕事を任せられることもなくなり、精神的な負担も少しは軽くなることが多いです。

 

仕事は辞められないけど仕事は続けたいというあなたには、働き方、職場を変えることも検討しましょう。

 

参考:共働きしながらの子育てを辞めたい!辞めて後悔しないために確認すべき3つのこと

3.仕事を辞めて家事育児に専念する

そして、仕事が大変、仕事と子育ての両立が辛いと限界に感じたあなたには、仕事を辞めるという選択もあります。

 

実際に育休明けに仕事を辞めたいと思って、退職したワーキングマザーはたくさんいます。

 

産休前は、仕事を続けたいと思っても、実際に始めてみると思うようにはいかないもの。

 

働こうと思えばまた再就職をすることもできますし、一旦仕事を辞めて、家庭で頑張るというのも幸せの一つでしょう。

 

人生で子供が小さいこの貴重な時期をどう過ごすのかは、お母さんによって、考え方も様々。

 

その中で、子どもとの時間を今は最優先で考えたいと、出産前とは考えが変わる方も多くいます。

 

今あなたが子供との時間が少なくて、今の生活に充足感を感じていないのなら、仕事を辞めて家庭に入るという選択も大いにあるでしょう。

 

でも、またいつでも社会復帰したいという思いがあるのなら、資格を取ったり、これから先にキャリアアップできるようにアンテナを張っておくことも忘れずに。

 

お子さんとあなたにとって、ベストな選択はなんなのかを考えて決められるといいですね。

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかったこと。辞めたい理由と後悔しない選択とは

4.仕事を辞めて在宅で仕事をする

そして、育休明けに仕事を辞めたいと思った際にあなたが選べるもう一つの選択が、仕事を辞めて在宅ワークで稼ぐというもの。

 

在宅での仕事なら、子供を育てながらできるので、保育園に預けなくても仕事をすることは出来ますし、私がやっているように、自宅にいながら自分でビジネスに取り組めば、まとまった金額を稼ぎながら子供との時間も大切にできるライフスタイルも送れます。

 

在宅ワークは収入が少ないのが欠点というイメージを持つかもしれませんが、どんな稼ぎ方をするかによって、稼げる金額やかかる時間に違いはあり、ぶ仕事によっては、収入に上限がないというのが在宅ワークの最大の魅力。

 

お金を稼ぐ手段は就職することだけではないので、あなたの働き方の一つとして検討してみてください。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

どの選択肢を選ぶかを決める際にやってほしいこと

そして、育休明けに仕事を辞めたいと思ったあなたが、これからどうすべきか、悩んだ時にやって欲しいことがあります。

 

それは、今あなた自身が抱えている悩みやストレスの原因を冷静に書き出してみること。

 

  • 出産前に思っていた生活よりもはるかに大変だった
  • 職場の人間関係に負担を感じている
  • 子育てをしながら仕事をすることに対してあまりに理解がない
  • 家庭での家事分担、育児はほとんど自分の仕事になっているのが負担
  • 上司とのコミュニケーションが上手く行っていないので辛い
  • 周りの協力や理解はあるけれど、仕事と子育ての両立の生活が体力的に辛い
  • 子供ともっと多くの時間を過ごしたい
  • 家族との時間を今よりもっと大切にしたい

 

こういったあなたの心の中で思っていることを整理すると、このまま続けるべきか、辞めて違う道へ進むべきか冷静に判断しやすくなるでしょう。

 

そして、あなたの理想とする将来像も明確に持つべきです。

 

家族とどんなライフスタイルを送りたいのか、どんな働き方をしたいのか、仕事は一生続けて行きたいのか、お金とあなたのキャリアと理想のライフスタイルこれを考えて、ベストな道を決めましょう。

 

今どう選択するかであなたの人生が大きく変わることは間違いありません。

 

でも、どれを選択しても後悔のないように、今のあなたの気持に正直に生きるべきです。

 

参考:ワーママが仕事を辞めたいと思う3つの理由と退職を考えるべき4つの理由

女性にとって仕事をすることはもっと幸せになれる選択でもある

今仕事をしながら家事も子育てもしているというあなたは、ひとりですべてこなさないといけないと思っていませんか?

 

日本人は、今でも昔からの名残で「家庭の仕事は女性が多くやるべき」「子供は母親との接触が多いほど良い影響がある。」という考えを持つ人が少なくありません。

 

女性の社会での活躍が叫ばれていますが、実際には、そのしわよせが女性に来ているのです。

 

しかも、そのことを女性自身も仕方がないと飲み込んでしまっていることに問題があります。

 

ビジネスをはじめて在宅で自分の力で稼げるようになってみて初めて、私は女性が働くことで、女性自身が自分らしく人生を作っていけるようになると思いました。

 

パートで家計を支えたり、自分が楽しいと思える仕事をするとしても、あなた自身の人生がより豊かで楽しいものになるでしょうし、

 

しっかり稼げる仕事をして経済力を持てれば、いざというときはあなたが家族を救えますし、困っている誰かを助けてあげることも出来るかもしれませんよね。

 

またもし、一度は仕事を辞めるという選択を選んだとしても、また自分の人生を豊かで楽しいものにするために、自分の仕事を持つことはきっとあなたにとってプラスになるでしょう。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事11選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

まとめ

仕事を続ける、働き方を変える、仕事を辞めて家庭に入る。そして、家庭に入って在宅で仕事をする。

 

どの選択をしても、実際に後悔していないと答えているママさんが圧倒的に多いのです。

 

きっとその理由は、「自分の意思で決めたことだから。」ではないでしょうか。周りからの意見はあなたのためを思って言ってくれていたとしても、すべてをそのまま真に受けずに、最後の決断はあなた自身がするべき。

 

旦那さんと将来について、相談をしながら、決めましょう。

 

仕事をすることは、自己成長にもつながり、いきいき働くお母さんの姿を見せることはお子さんのためにもなります。

 

あなたの人生をより豊かなものにするために、どんな仕事をしたいのか、どんなライフスタイルを送りたいのかを考えてみてくださいね。

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作る方法や自分が好きなことを仕事にする方法などブログには書いていない詳しい情報をお届けしています。

>>7つの無料教材をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

参考:ワーキングマザーに疲れた!働くママが疲れがとれないときに考えるべき5つのこと

この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。SEO集客とメルマガを使った仕組み作りを強みとして、企業様のWeb集客のサポート、お客様の強みを活かした高額商品作り→Web集客→仕組み化→目標達成までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、起業を決意。 ビジネスを学びながら実践し、9か月で輸入転売ビジネスで利益100万円を達成。その後情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。 商品設計→Web集客→販売までのパッケージコンサルティングの売上単体でも月収200万を達成。

 

 

※在宅で子育てしながら自分の手で稼ぐには?【7つの無料教材(全204ページ)+動画講座(1時間4分)】を無料でプレゼント↓↓

 

もれなく5大特典プレゼント&個別フィードバック&全額返金保証。あなたの経験、知識を高額で売れる形にして、働く時間・場所に関わらず自分の力で稼ぐ仕組みを着実に作る方法が学べます↓真剣に取り組んでみたい方は↓

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。^^


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.