もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【無料で7つの教材プレゼント】3か月で月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

出産後に在宅ワーク!在宅勤務で赤ちゃんの子育てをしながら出来る仕事の魅力

 
  2019/06/15
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

厚生労働省の調査によると、出産後一か月以内に、在宅ワークで仕事を復帰したフリーランスは全体の約45%もいるそう。

 

そして、出産後2か月以内に在宅ワークに復帰したフリーランスは約6割。

出産後に、フリーランスの女性がすぐに仕事復帰する理由は、フリーランスには、出産手当、育休手当などがないから。

 

働き方の多様化が進んでいる現代、組織に所属せずに仕事をしているフリーランスは、1100万人を超えたともいわれており、約半数は女性。

 

社会保障などで不利な面はありますが、フリーランスは、妊娠、出産でキャリアを諦めなくてはいけない場合もある女性にとって、新しい生き方が出来る可能性を秘めています。

 

今回は、そんな、出産後に在宅ワークで働き続けることが出来るフリーランスの働き方と、その魅力について、お伝えします。

 

参考:子育てしながら主婦が家でできる仕事6選!資格なしでできる内職と主婦の在宅ワーク

出産後の在宅ワーク。産後2か月まではリハビリ期間

出産後に在宅ワークとして、社会復帰するといっても、さすがに産後すぐの体は結構なダメージを受けています。

 

しかも、赤ちゃんの夜泣きと日中のお世話で、心身ともに疲れているでしょう。

 

そんな期間に、無理を押して仕事をすると、産後うつになってしまうかもしれません

 

この時期はあなた自身の体の回復を最優先にし、赤ちゃんとの生活リズムを作ることを考えましょう。

 

合間にお昼寝していたら、30分ずつやるなど、仕事をスムーズに今後本格復帰させるためのリハビリだと思って取り組むべき。

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

 

参考:在宅勤務で赤ちゃんを見ながらお金を稼ぐ!主婦が在宅ワークで乳児の育児も両立する働き方

出産後すぐに働ける在宅ワークという働き方

出産後すぐにでも働ける働き方として、在宅ワーク(在宅勤務)があります。

 

在宅勤務をしている人には大きく分けて二種類の人がいて、会社員として育休中を在宅で仕事をしている人と、フリーランスとして、在宅で仕事をしている人がいます。

 

企業によっては、子供がある一定の年齢になるまで、在宅勤務制度を導入していることもありますが、会社によって制度はまちまち。

 

希望すれば臨機応変に在宅勤務をさせてくれる場合もありますし、会社で時短勤務をして、残りは在宅でというパターンもあります。

 

一方で、フリーランスは組織に属していないので、自分のペースでやっただけ収入も入ってきますし、働かなければ、産休手当も育休手当ももらえないので、出来るなら早くに働き始めた方がメリットがあります。

 

さらに、社会保障の面でいうと、会社員は産休、育休中に社会保険料の支払いが免除されるのに対して、フリーランス(自営業者)は免除されません。

 

なので、支出は変わらずに、働かなければ収入はないということ。

 

これがフリーランスの女性の仕事復帰が特に早い理由です。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

会社員とフリーランスの違い

では、会社員とフリーランスは働き方や報酬面でそのような違いがあるのでしょうか。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぐには?自宅で主婦が副業して収入10万15万30万稼げる仕事

会社員

会社員は在宅であっても、フレックス制などもありますが、働く時間が決められています。

 

そして、収入面では出社してもらっていたものと変わらない金額がもらえるのが一般的。ただ、会社によっては例外もあるので、職場によく確認をしましょう。

 

出産時、産後には、出産一時金、出産手当、育児給付金がもらえて、産前~育休中でも社会保険料の負担が0になります。

 

参考:在宅ワークのみで生活したい!主婦が在宅ワークで月収20万円以上稼ぎ本業にするには

フリーランス

一方、ライターエディター、翻訳、ファイナンシャルプランナーなど、分野も職種も豊富なフリーランスは、働く時間も自由。

 

あなたが好きな時に好きなだけ働けばいいのです。

 

そして、収入も人によって違い、平均というものはありません。働いた分だけ自分に返ってくるという点ではメリットがありますが、上手く行かなければ、収入が0になる可能性もあります。

 

フリーランスは出産、産後には、出産一時金はもらえますが、出産手当、育児給付金、そして、社会保険料の免除もありません。

 

この点金銭的には大きなデメリットがありますが、自分が好きなタイミングで仕事がスタート出来ますし、収入に上限がないのも魅力の一つです。

 

参考:赤ちゃんがいても出来る内職!産後でも主婦の副業におすすめな在宅ワーク

フリーランスとして在宅で働くのが向いている人とは?

では、フリーランスとして生きていくのはどんな人が向いているのでしょうか。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事11選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

自己管理、時間の管理が出来る

在宅ワークをするからには、基本的には、家でずっと仕事をするので、家事と子育てのバランスの調整をし、合間をぬって仕事をしなくてはいけません。

 

また、締め切りのある仕事を引き受けている場合には、子供が甘えて来ても、少し我慢させてでも、やる強さが必要。

 

こういった自己管理、時間の管理が出来る人は、フリーランスとして、在宅ワークをしても大丈夫でしょう。

 

参考:主婦の副業!安全に稼げる6選!本当に儲かる安全な仕事ランキング

好きだと思える仕事をしたい気持ち

そして、一番重要なのは、好きだと思える仕事をしたいという気持ちがある人。

 

会社に所属して、やるべき仕事をするよりも、自分は「この仕事がしたい」という気持ちがある人は、フリーランスとして働くのが向いています。

 

参考:赤ちゃん、子供がいても出来る内職!産後の主婦の副業に子育てしながら在宅ワークしよう

孤独に強い

自分のペースで出来て自由な反面、達成感や苦労を共有できる仲間はいないので、孤独にも強く努力できることも大事。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぐには?自宅で主婦が副業して収入10万15万30万稼げる仕事

不安定性に抵抗がない

収入の不安定性に耐えられること、自分から新しく情報を取りに行き、主体的に行動できる人にもおすすめです。

 

参考:プチ稼ぎ術!安全な主婦の副業5選!在宅で専業主婦におすすめなお小遣稼ぎ

まとめ

フリーランスは自分で仕事を取ってきて、生計を立てなくてはいけませんが、時間と場所にとらわれず、精神的な自由が大きな魅力。

 

特に女性にとっては、妊娠出産を経ても、自分の都合に合わせてフレキシブルに働き方を変えることが出来ますし、何より自分自身が「仕事をしているのが楽しい。」と感じながら働けます。

 

楽しいから子育ても仕事も頑張れる、仕事をしているのが楽しいから、休みは別に要らない。そんな内面の豊かさも実現できるのがフリーランスという生き方でしょう。

 

仕事が楽しい、子育ても楽しいとすべてを楽しみながら生きていける働き方をあなたにもお勧めします。

 

参考:在宅ワークを本業にしたい!在宅ワークで生活している人がやっている仕事は主婦でも出来る

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.