もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】毎月あと20万稼げたら・・というあなたへ。自宅で安全確実に稼げるようになる方法をお伝えします。

妊娠初期で仕事を辞めたい。つわりとストレスで退職を考えた時に選べる3つの選択

 
  2019/04/03
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

妊娠初期はお腹がまだ目立っていないけど、つわりがひどく、さらに一番流産の危険がある大事な時期。

 

妊娠初期に仕事を辞めたいと思いながらも、出産直前まではお金のためにも今後の自分のキャリアのためにも仕事を辞められない、とつらさを押して無理して職場に行っていませんか?

 

妊娠してからも仕事を続けている妊婦さんの働き続けている理由としては、

  • 出産後も仕事を続けるため
  • 出産前まで働いて収入を得るため

というのがほとんど。

 

体調が良ければ仕事をして社会とつながっているという楽しみもあるけれど、赤ちゃんと自分の体調だけを考えれば、すぐに辞めたいと感じている妊婦さんが大半ではないでしょうか。

 

今回は、そんな妊娠中に不安定な体調を押しながら仕事を続けているあなたが知っておくべきお金の話と退職をしてもお金を稼ぐ方法についてお話します。

 

あなたのこれからの生き方、働き方を考える参考にしていただけると嬉しいです^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:妊娠中お金がないストレスと不安を解消!妊娠中働けない主婦のとるべきたった一つの選択

妊娠初期に心身への負担は危険

妊娠初期につわりがひどく、仕事を辞めたいと思っているあなたは、お金のこと以上に自分とお腹の赤ちゃんの健康を第一に考えるべきです。

 

妊娠当初は仕事を出産直前まで続けようと思っていた先輩ママさんでも、思ったよりもつわりがひどく、出勤するのも厳しい、ストレスで仕事を続けるのを諦めるという選択をする方も少なくありません。

 

とくに正社員として働いていた場合、パートに比べて仕事内容の負担が多く、拘束時間も長いので、体に負担がかかってしまうことがあります。

 

周りと同じお給料をもらっていると思うと、つわりで思うように仕事が進まないというのも言い出しにくく、精神的にストレスを抱えてしまうなんていうことも・・。

 

ただでさえ精神的にも体調も不安定な妊娠初期を安心して穏やかに過ごすために、今の体調管理や対処策をよく検討するべき。

 

無理をして、流産するなんていうことになったら、取り返しがつきません。

 

参考:妊婦でもできる仕事5選。いつまでパートを続けるか悩むあなたにおすすめな在宅ワーク

妊娠したら知っておくべきお金の話

出産を控えているあなたが、知っておくべきお金の話をしていきます。

 

参考:出産するお金がない!貯金ゼロで出産費用で悩んだら妊娠中にやる3つのこと

出産までに貯金しておきたいお金

出産に備えて用意しておきたいお金は、

  • 妊婦健診の費用 約10万円
  • 出産、入院費 10~12万円(出産一時金という健康保険から支給される42万円を差し引いた自己負担額)
  • 赤ちゃん用品 約10万円(ベビー服、抱っこ紐、ベビーベッド、ベビーカーなど)

などでだいたい30万円程度。

 

ここに、もし切迫早産で緊急入院になった場合には、さらに10万円以上はかかるでしょうし、帝王切開になればさらにお金がかかります。

 

参考:妊娠中貯金なし!働けない無職でも貯金してお金の不安をなくすたった一つの方法とは?

出産、妊娠中にもらえるお金のこと

出産時には健康保険から出産一時金として、42万円がもらえます。

 

また、もしあなたが民間の医療保険に加入していて、帝王切開が対象になっていれば、むしろ多めにお金が貰えるかもしれません。

 

さらに、高額療養費制度という公的な制度を利用すれば、所得額に応じて負担額を軽減してもらえるので必ず覚えておきましょう。

 

参考:妊娠したら仕事はいつまで働く?何カ月まで働けるか決める際に考える2つのこと

どうしても出産費用が払えないときは貸付制度が使える

どうしても出産までにお金を払えないというときには、公的な出産費用を貸し付ける制度があります。

 

出産一時金の支給で貰えるお金を返済に充てること、一時的に前払いで出産費用を支払うことなど条件があります。

 

申請の条件や方法については、加入している健康保険に詳しく確認してみましょう。

 

参考:妊娠何ヶ月まで働ける?立ち仕事でも無理をしないために気を付ける5つのこと

妊娠中に仕事をする上で抱える悩み

妊娠中に仕事をすることで感じるストレスはどういったものでしょうか?

 

実際に、妊娠中に仕事を続けた女性の悩みを集めてみました。

 

参考:妊娠中に内職したい主婦必読!妊婦がお金を稼ぐ方法は在宅ワークがおすすめ

職場の人たちに迷惑をかけないように気を遣う

妊娠して、職場で報告をすると、周りの人たちは、あなたの体調を気遣ってくれることが多いはず。

 

とてもありがたいことですが、そのことであなたも、「私もみんなと同じ条件で働いているのに悪いな」と気が引けてしまうということがあるでしょう。

 

妊娠中は身体も心もデリケートで疲れやすくなっていたり、感傷的になりがち。出来る範囲で努力し、無理をしすぎずに適度に周りに甘えるのも大事です。

 

参考:妊婦の主婦の副業!妊娠中にお金を稼ぐ方法7選!安全に出来る仕事探し

職場で辛さを理解されないというストレス

反対に、妊娠中の体調不良で、辛い中、職場で周りからの理解が得られず、弱音を吐くと「甘えている」ととられてしまうなど、周りの空気がストレスになっていることもあるよう。

 

周りに理解されないのは辛いですが、甘えていると自分を責めないようにして、あなたなりに出来る範囲で努力していきましょう。

 

参考:妊娠中に働けないけどお金欲しい!お金がない不安を解決する手当と3つの妊婦がお金を稼ぐ方法

頑張らないとというプレッシャー

妊娠出産してからも仕事を続けようと決めているあなたは、身体がきつくても、「仕事は頑張らなくてはいけない」と自分で自分に負担を課していませんか?

 

責任感を持って仕事を続けることは、とても素晴らしいことですが、自分自身を追い込みすぎには要注意。

 

もし精神的にも肉体的にも限界だと思ったら、職場の上司や病院で、どうしたらよいか相談してみましょう。

 

参考:妊娠で退職後にお金がない!貯金なし働けない無職になる前に知らないと損するお金の話

赤ちゃんが大丈夫か影響を考えて不安になる

無理を押して、仕事を続けていると、お腹の赤ちゃんに悪い影響がないか、流産してしまわないかなど、不安に感じてストレスを感じている妊婦さんもいるでしょう。

 

心配しすぎも精神衛生上良くないですが、自分に負担をかけすぎないように気を付けましょう。

 

仕事も大切ですが、一番優先すべきはあなたの身体と赤ちゃんの健康です。

 

参考:妊娠中に妊婦がお金を稼ぐたった一つの方法!働けない主婦は副業で不安を解消出来る!

妊娠初期で仕事を辞めたいと思ったときに考える3つの選択肢

妊娠中に仕事を続ける中で、ストレスが積み重なり、「もう限界かもしれない。」と思ったあなたには、考えて欲しいことがあります。

 

参考:妊娠中仕事辞めたいけどお金がない!退職は甘え?辞めるとお金が不安ならやるべき事

1.妊娠中に仕事でストレスが溜まったら仕事を休むことを検討する

妊娠中に、仕事を続けてストレスが溜まったら、まずは仕事を休むことを考えましょう。

 

一日休んで心身共に回復すれば良いですが、病院で診断書を書いてもらえれば、休職することも出来ます。

 

休むと職場に迷惑がかかる事を懸念するのはわかりますが、まずは有給が残っていたら、有給を消化し、あなたの心の健康を優先しましょう。

 

ちなみに、続けて4日以上休んだ場合には、必要書類を提出すると傷病手当が受け取れます。

 

参考:妊娠中に在宅ワークで妊婦がお金稼ぐ方法6選!内職、データ入力、ネットビジネスとおすすめな稼ぎ方

2.妊娠中に仕事でストレスが溜まったら仕事を辞めて再就職を考える

妊娠中に仕事でストレスが溜まったら、仕事を辞めてまた出産後に職場復帰させてもらえるかを聞いてみましょう。

 

もし、再就職はその時にならないと言われてしまったら、復帰できるタイミングで再就職をするしかありませんが、今無理を押して仕事を続けることが、どれだけ赤ちゃんとあなたの身体にリスクがあるかを考えて決めるべきです。

 

参考:妊娠中生活費が足りない時に読んで欲しい!お金がない不安を解消する3つの対策

3.妊娠中に仕事でストレスが溜まったら仕事を辞めて在宅で働くことを考える

妊娠中に仕事を続けてストレスが溜まったら、仕事を辞めて、在宅ワークに切り替えるというのも良いでしょう。

 

今まで続けてきた仕事のキャリアを捨てるのは、辛いでしょうが、お金よりもキャリアよりも、無事に赤ちゃんを産むことを優先しましょう。

 

お金が稼げなくなるから仕事は辞められないと悩んでいるあなたは、在宅で仕事を始めて、妊娠中から収入を増やすという選択肢があります。

 

最近は、出産後に子育てをしながら、在宅ワークで仕事をして、かなりの金額を稼いでいる主婦もいますし、子育てと家事の片手間で副業をしている主婦もいます。

 

今の仕事を続ける以外にも、選択肢はあるということを知っておきましょう。^^

 

参考:妊娠中に仕事が辛い行きたくないと感じたら?しんどいときの3つの対処法

妊娠中に仕事を辞めて家でお金を稼ぐ方法

妊娠中がわかって、お腹の赤ちゃんと自分の体調を考えると、今すぐにでも仕事が辞めたいと思う妊婦さんも多いでしょう。

 

「でも、貯金がなしでは不安で辞められない。」そんなあなたが今すぐに仕事を辞めても、お金が稼げたら仕事を辞めるという選択も出来るはず。

 

そんなあなたに、在宅での仕事を本業にも出来る仕事をご紹介します。

 

参考:妊娠して仕事を辞める!パートはお金をもらえる?知らないと損するお金の話

WEBライター

WEBライターの仕事は主婦の副業としても人気のある職種。

 

まったくの未経験でも始められるので、特別なスキルや経験がないけど、家で何かお金を稼げる仕事がしたいというあなたにはおすすめ。

 

仕事を辞めたとして、はじめは月に5、6万円程度の収入が目安ですが、3か月、半年と続けて行けばスキルが自然と身につくので、より高単価な仕事が出来るようになります。

 

そのままライティングの試験を受けてプロとして、本業のライターになることも出来ますし、独立して月に30万円も40万円も稼げている主婦もいます。

 

ライターの仕事は、サグーワークス、クラウドワークスといったクラウドソーシングサイトで募集しているので、初心者でも出来る仕事を探して応募してみましょう。

 

始めは低単価な仕事でも、経験を積むと、将来は毎月20万円以上も稼げるプロライターにスキルアップできます。

 

妊娠中に限らず、出産後に子育てをしながら家で仕事が出来るのは大きな魅力でしょう。

 

参考:妊娠中貯金なしでも仕事のストレスで辞めたいなら考えるべき3つの選択肢

ネットビジネス

ネットビジネスを本業として、生活している主婦は最近増えています。

 

副業として始めたものの、月に50万円以上もかなり稼いでいる主婦もたくさんいます。

 

私がやっているのもバイマ転売というネットビジネスですが、ノーリスクで始められて完全に在宅で出来ますし、まったくのビジネス経験がないところから始められました。

 

ネットビジネスでお金が稼げれば、妊娠中から子育てをしながらでも、仕事が出来るので、主婦の新しい働き方としておすすめです。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

まとめ

正社員で働くあなたは特に、妊娠がわかってからもキャリアを継続するため、お金のことを考えても仕事を続けたいと思うことでしょう。

 

でも、今まで描いてきた、希望通りのキャリアを生きることだけが全てではありませんし、お金が心配な場合には、出産後に再就職をしたり、妊娠中から在宅ワークでお金を稼ぐという道もあります。

 

無事に赤ちゃんを産むためにも、妊娠初期の体調はとくに注意が必要。

 

心に余裕をもった妊婦生活を送るために、広い視野を持って、自分と赤ちゃんの健康を最優先でどうするべきかを決めましょう。

 

→【収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.