もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

シングルマザーの貧乏生活。母子家庭で生活費が足りないなら?使える手当と収入を増やす方法

 
  2019/05/16
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

シングルマザーとして子供を育てているあなたは、今貧乏生活を強いられていて辛い状況かもしれません。

 

シングルマザーの中には。未婚のまま母になったり、旦那さんのDVに耐えかねてやむなく離婚をしたり、事情はさまざま。

 

一人で強く生きていくと決めて頑張っているあなたにとって、育てをしながら生活費を稼ぐのは、本当に大変なこと。

 

そんなシングルマザーのあなたがもし一定所得以下の収入しかないのなら、もらえる助成金や手当について、その存在を知らない余りに、生活費のやりくりに苦しんでいるシングルマザーがたくさんいます。

 

住む家を探すのも、ご飯を食べるのも、子供を育てるにも、お金が必要です。

 

お金の知識があるかないかで、かなり損をしている人があまりに多いので、今回は、母子家庭が受けられる手当の話と仕事をして収入を増やす方法をお伝えします。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の収入平均と年収400万円欲しい理由!

シングルマザーが貧乏生活を抜け出すためにまずやること

では、シングルマザーのあなたが貧乏生活から抜け出すため、まず知っておいて欲しい手当をご紹介します。

 

参考:母子家庭は年収400万をまずは目指そう!シングルマザーが手当を受けながら自立する方法

児童手当

児童手当は、母子家庭によらず、15歳まで子供がいる全世帯に支給されるお金。

 

一年に3回、6月、10月、2月に4か月分がまとめて、保護者の口座に振り込まれます。

 

毎年6月に市から送られてくる現況届を、住んでいる市区町村役場に提出しなくてはいけません。

 

母子家庭のシングルマザーが、結婚をして、姓が変わったり、住所が変わった場合にも、必ず転出した日の次の日から数えて15日以内に転入先の役所に届け出をしないといけません。

 

遅れた場合には、その月の分はもらえなくなるので、注意しましょう。

 

参考:母子家庭の生活費シュミレーションと収入の話!シングルマザーが年収500万円目指せる2つの稼ぎ方

児童扶養手当

児童扶養手当は、母子家庭のシングルマザーが、一定所得以下の場合に、国から貰える手当。

 

たとえば、養育している子供が一人の場合には、養育者であるあなたの所得が前年度に49万円以下の場合、全額支給の対象になり、ひと月42500円がもらえます。

 

 

そして、子供が二人の場合には、所得が87万円以下の場合に全額支給で47000円もらえるということになり、子供が三人目以降の場合には、ひとり増えるごとに、毎月3000円が加算されます。

 

また、子供が一人で、所得が49万円よりはあり、192万円以下の場合には、一部支給となり、以下の計算式で算出した金額がもらえます。

41,990円ー(申請者の所得ー全額支給所得制限限度額)×0.0185434
※10円未満は四捨五入。

 

支給は毎年8月、12月、4月の年3回に、4か月分をまとめて、養育者の口座に振り込まれます。

 

参考:シングルマザーの生活が苦しいなら!生活費を稼ぎ貯金を作る2つの収入を増やす方法

児童育成手当

自治体によっては、児童育成手当というものが支給されます。

 

これも、一定所得以下のひとり親を対象にしたサポート制度。自治体により、違いますが、月に1万円以上ももらえることがあります。

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

就学奨励金

経済的な理由で、児童の就学が難しい、保護者を対象に援助してもらえる制度。

 

これは、シングルマザーによらず、経済的に苦しい、住民税非課税の保護者、失業中の世帯に限られます。

給食代、入学準備金、学用品代、通学日、遠足代、修学旅行代などを援助してもらえて、希望する場合には、学校に就学奨励金申請書を記入して提出します。

 

参考:シングルマザーの貧困の実態と母子家庭の貧困率!シングルマザーの貧困生活を抜け出す4つの方法

母子年金

旦那さんがなくなってひとり親になった場合には、母子年金が受け取れます。

 

旦那さんの加入していた年金の種類や、子供の年齢によって違いがありますが、申請をすると、お子さんが18歳になるまで受け取れます。

 

参考:専業主婦の離婚前の仕事探し!シングルマザーになるための仕事の探し方

母子家庭(父子家庭)住宅手当

自治体によっては、月に一万円以上の家賃の支払いがあるシングルマザー(シングルファザー)を対象に、平均で5000円から一万円くらい、家賃の助成金をもらえます。

 

申請には条件があるので、お近くの役所で詳しく確認してみましょう。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない時に出来る3つのこと!生活費が苦しいなら取るべき行動

特別児童扶養手当

精神および、身体障害があるなどの20歳未満の子供がいる家庭に子供一人当たり3万4000円~支給されるというもの。

 

子供の障害の程度によって級数が分かれており、もらえる金額が異なります。該当する場合には、詳しくはお近くの役所で確認してみましょう。

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

母子家庭が生活費が足りないときに受けられるサポート

手当の他にも、母子家庭でシングルマザーが生活費が足りないときに受けられる、お金に関わるサポートがあります。

 

順番にご紹介していきます。

 

参考:シングルマザーの副業おすすめ3選!ダブルワークには在宅ワークが断然良いワケ

公営住宅、家賃補助付き住宅への優先入居

公営の住宅へ優先的に入居できるように配慮されている条件に、母子家庭であることも入っています。

 

他にも、家賃を一部負担してもらえる、市が指定した住宅の優先入居権があります。役所で問い合わせるか、お住いの自治体のホームページでも、ある程度情報を閲覧できるはずです。

 

参考:生きるのが辛いなんて思わない!母子家庭の貧困生活と強く生きる大切な考え方

生活保護

3親等以内の親族から、援助が受けられず、働けない、収入が足りないなどの理由で、生活が困難な場合には、子供の人数などに応じて、申請をすると、不足分のお金を支給してもらえます。

 

ただし、生活保護を受けるためには、家や車などの他にも、個人的な財産をすべて持つことが出来なくなりますし、クレジットカードを作れなくなったり、生活にかなり制限が出てくるので、慎重に検討しましょう。

 

子供が小学校にあがって、本格的に仕事ができるまでのサポートとして、生活保護を使う人も中にはいらっしゃいます。

 

参考:シングルマザーが離婚を後悔する5つの理由!仕事でお金を稼いで幸せになる

自立支援教育訓練給付金

シングルマザーが資格を取得するまでの間の経済的な自立を支援してくれるもの。

 

通信、通学などの、対象の教育訓練を修了した際に資格取得にかかった経費の6割を支給してもらえます。

 

参考:母子家庭の収入と生活費シュミレーション!シングルマザーが年収500万円目指せる仕事とは

高等職業訓練促進給付金、高等職業訓練修了支援給付金

看護師や介護福祉士など、安定した収入が見込める仕事に就ける資格取得のために、1年以上養成機関に修業する場合、シングルマザーの世帯の生活や入学時の負担軽減のためにもらえるお金があります。

 

参考:シングルマザーの収入!生活費はどのくらい?生活が苦しい家計から脱却するたった一つの選択

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

シングルマザーの母親が、就活をする際の、就職条件アップを目的として、高卒認定試験合格のための講座の受講料の一部を支給してもらえる制度です。上限は15万円まで支給してもらえます。

 

参考:シングルマザーが辛いこと。子育てと仕事の両立生活するための働き方とは

ひとり親家族の医療費助成制度

児童扶養手当を受給しているシングルマザーが受けられるのが、医療費助成制度。

 

一定の収入条件を満たしている場合、医療費や薬を処方されたときの薬代が親子共に無料になる制度です。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない!生活費が苦しいときに取るべき3つの行動

こども医療費助成制度

ひとり親家族の医療費助成制度には該当しないけれど、小学校就学前、小学校4年生まで、中学卒業までなど、子供の医療費が無料になる場合があります。

 

自治体によっては、サポートがない場合もあるので、詳しくはお近くの役所で確認してみましょう。

 

参考:専業主婦が離婚して生活保護になるための申請条件と受けたいと考えているあなたに伝えたいこと

寡婦控除

収入から差し引かれる、所得税について、所得控除が適用されます。未亡人である、所得額が500万円以下、子供の所得が38万円以下などの条件がありますが、これらの条件を満たすと、27万円の控除が適用されます。

 

特別寡婦控除の場合には、35万円が控除されて、所得税が計算されます。

 

参考:シングルマザーの仕事はなにしてる?資格なしで出来る仕事!ネットビジネスのすすめ

シングルマザーが貧乏生活を脱出するためには収入を増やす

シングルマザーのあなたが使える手当や制度について、お話してきましたが、こういったサポートを活用しながら、自活できるようにならなくてはいけません。

 

今や夫婦共働きでも子供を育てるのに十分なお金を稼ぐのは大変になっていますから、あなたが一人の収入でお子さんの学費もだしながら生活するのは簡単なことではありません。

 

  • 十分な収入を得られる
  • 仕事と子育てを両立できる

これを満たす仕事として、私がおすすめしたいのは、ネットを使って在宅でする仕事です。

 

たとえば、ネットでショップを持ち、そこで商品を販売したり、ブログを書いて広告収入を得たり、ブログに貼った広告から商品を購入してもらって報酬を得るとか。

 

パソコンとネット環境さえあれば、出来ますし、私もこの仕事のおかげで娘を育てながら家で収入をかなり増やせました。(毎月90万円くらいを平均で稼いでいます)

 

まったくの何の知識が今はないあなたでも、いつでも始められる仕事なので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

参考:シングルマザーが子育てに疲れた、大変だと感じたときに考えて欲しい3つのこと

まとめ

母子家庭で生活費が足りないシングルマザーが受け取れる手当を、その他のサポート制度についてご紹介しました。

 

シングルマザーでも貧困にならずに、お子さんと幸せな幸せな生活を送るために、使えるものは活用し、一日も早く自分で稼ぐ力をつけましょう。

 

お子さんとの明るい生活を送るため、今あなたが出来ることから少しずつ始めて行きましょう。

 

→【収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.