もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

母子家庭で生活費が足りない生活できない。使える手当と貧困を抜け出す4つのステップ

 
  2019/04/05
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

母子家庭の生活費はどのくらい必要になるのでしょうか?

 

メディアでも最近は、シングルマザーのお金の悩み、母子家庭の貧困が取り上げられています。

 

離婚をした場合、子どもは年齢が小さいほど父親ではなく母親に引き取られて育てられることが圧倒的に多いのですが、子どもと一緒に生活をしながら学費や生活費を賄うには、どのくらいのお金が必要なのでしょうか。

 

離婚、死別いかなる理由でシングルマザーになったにしても、子供とこれからの人生をより楽しく幸せに生きていくには、経済的に安定した生活を送ることがまず大事。

 

今回は、貧困に苦しみ、生活費のやりくりに悩んでいる母子家庭のシングルマザーのあなた、これからシングルマザーとして生活していくのに経済的な不安を抱えているあなたのために、母子家庭が貧困生活を抜け出すためにやるべきことと、必要な生活費、そしてシングルマザーが十分な収入を満足に得る方法をお伝えします。

 

これからの長い人生を強くお子さんと生きていくためのお役に立てれば幸いです。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の収入平均と年収400万円欲しい理由!

母子家庭で生活費が足りない、生活が苦しい現実

母子家庭で生活費が足りない、生活苦しいと悩んでいるシングルマザーが貧困生活に陥る原因は何なのでしょうか。

 

たとえば、子供が小さく長時間拘束される正社員として働くのが難しいために安定した職に就けず、国からの支援も受けられないシングルマザーが、選ぶ一つの選択が風俗。

 

求人には女子寮完備や採用されるとお祝い金20万円支給などと、上手い文句が書かれていますが、実際は大して手取り額がもらえなかったりするのが現状。

 

そして、生活は改善されず、子供にもっと美味しいご飯が食べたいと言われたり、これからの生活に希望が持てずに、精神疾患にかかってしまうというケースや親子心中を図るという悲惨な事件も起こっているのです。

 

こんな悲しい事件を起こさないためには、一日も早く収入を増やすことが大切。

 

そんなシングルマザーがやるべきことはお金について理解することと収入を増やすこと。

 

次の章から、今の生活を変えるために、これからやるべきことをお伝えします。

 

→【期間限定☆】ネット副業ガイド+ネットビジネスで最速で3万稼ぐマニュアルなど7特典をプレゼント

 

参考:母子家庭は年収400万をまずは目指そう!シングルマザーが手当を受けながら自立する方法

シングルマザーが生活苦しいならまずやるべきこと①生活費の把握

シングルマザーが子供を養いながら、今生活苦しいと感じているなら、まずは、どのくらい生活費がかかっているのかを把握しましょう。

 

  • 家賃
  • 食費
  • 日用品
  • 保険
  • 教育費
  • 光熱費

 

などを、家計簿をつけてしっかり把握します。

 

何にどれだけのお金を使っているのかを理解して、

 

参考:母子家庭の生活費シュミレーションと収入の話!シングルマザーが年収500万円目指せる2つの稼ぎ方

シングルマザーが生活苦しいならやるべきこと②収入アップを目指す

シングルマザーが生活苦しいときに、まず必要な生活費を把握したら、次は、収入を上げて貯金をすることを考えましょう。

 

大切なのは、生活費が賄えるだけではなく、収入から貯金が出来る状況を作らなくてはいけません。

 

今月はご飯が食べられて、家賃が払えたから良かったと安心しているだけではいけないのです。

 

手当をもらいながらパートをして、生活することから始めても構いません。

 

子供の年齢や環境とともにいつまでに、どれだけの収入を得る必要があるのか、子供が小さい間には、資格の勉強をして、正社員として働きたいのかなど、道筋を考えておきましょう。

 

節約に勤しむシングルマザーは多い一方で、収入の増やし方について、情報を手に入れることが出来ずに、生活苦、貧困から抜け出せていないシングルマザーがたくさんいます。

 

支出を抑えることと同時に、収入を増やすことを考えなくてはいけません。

 

参考:シングルマザーの副業おすすめ3選!ダブルワークには在宅ワークが断然良いワケ

シングルマザーが生活苦しいならやるべきこと③収入の目標を決める

シングルマザーが生活苦しいならやるべきことは、必要なだけ収入を増やすために、目標を立てること。

 

ちなみに、貯金は年収の10%くらい回せるのが理想と言われていますが、必要な生活費が月に20万円であれば、年間240万円は支出で消えますよね。

 

そこに将来の子供にかかる教育費とあなたの老後資金のための貯金をしなくてはいけませんので、年収400万円稼げれば、年間100万円は貯金できて、貯金は余裕で10%を超えられます。

 

では、どうやって必要な収入を得られるのか?を考えて行きましょう。

 

参考:生きるのが辛いなんて思わない!母子家庭の貧困生活と強く生きる大切な考え方

シングルマザーが生活苦しいならやるべきこと④どうやったら目標年収を達成できるのかを調べる

シングルマザーが生活苦しいならやるべきことは、決めた目標を達成するためにはどんな仕事をすればよいか、稼ぎ方を勉強して、行動に移すことです。

 

ネズミ講、株、FXで稼いでいる人もいますが、安定して収入を増やすには、資格を取って就職活動をして正社員を目指す、スキルを磨いて自宅で開業するなど、必ず努力をしてお金を稼ぐことをしましょう。

 

今の生活から少しずつ生活レベルを上げて、どのくらいあればいいのかを具体的にイメージしましょう。

 

仕事を探すには、ハローワーク、求人サイト、年収ランキングサイトなどを見て仕事を探す。

 

将来独立を目指したいなら、どんな資格を取れば、それが実現できるのかを調べましょう。

 

調べてもわからないことは、マザーズハローワークに行って、プロのカウンセラーに話を聞くのがいいです。

 

絶対に子供との生活を安定させてやるという強い覚悟があれば、諦めるという選択にはなりませんよね。シングルマザーはみんなそうやって、子供を立派に育てながら生活が出来ているので、あなたも絶対に乗り越えられます。

 

困ったときは、ひとりで抱え込まずに、必ず役所やハローワークで相談しましょう。

 

参考:シングルマザーの生活が苦しいなら!生活費を稼ぎ貯金を作る2つの収入を増やす方法

母子家庭の生活費はどのくらいかかるのか?

では、母子家庭の生活費はだいたいどのくらいかかるのか、子どもの数によってそれぞれ見て行きましょう。

 

参考:シングルマザーのお金がない不安解消2ステップ!手当と仕事と実家3本柱で乗り越える

母子家庭の生活費:子供が一人の場合

母子家庭の生活費は性別や年齢によって変わってきますが、ここでは小学1年生の子どもがいる場合で考えてみます。

 

生活にかかるお金は、

  • 家賃 5万~7万円
  • 光熱費 1~2万円
  • 食費 2~3万円
  • 学費(給食費)5000円程度
  • 通信費、携帯料金 2万円程度(キッズ携帯を持たせると仮定)
  • 日用品 1万円程度
  • 衣料費 1万円程度
  • 保険料 5000円程度(掛け捨て)
  • 娯楽費・レジャー費 5000円
  • 習い事 1万円

 

とざっと見積もって15万円以上はかかる計算になります。

 

子供が小学生のうちは、学費にかかる少ないのですが、中学生、高校生になっていくと、毎月5万~8万円の学費、塾の費用などが掛かるようになりますので、この時期に備えて、しっかり貯蓄も出来るようにしたいところです。

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

母子家庭の生活費:子供が二人の場合

母子家庭の生活費、子供が二人の場合も見て行きましょう。

 

子供が小学生二人だと仮定すると、生活にかかるお金は、

  • 家賃 6万~8万円
  • 光熱費 1~2万円
  • 食費 2~3万円
  • 学費(給食費)1万円程度
  • 通信費、携帯料金 2万5000円程度(二人にキッズ携帯を持たせると仮定)
  • 日用品 1万円程度
  • 衣料費 1万3000円程度
  • 保険料 5000円程度(掛け捨て)
  • 娯楽費・レジャー費 1万円程度
  • 習い事 2万円

となり、少なくても18万円以上はかかるでしょう。

 

子供が二人になっても食費が2倍になるわけではありませんが、習い事、学費、日用品などかかるお金は当然高くなります。

 

必要でなければ習い事を減らしたり、生活費を節約したり、何に優先してお金を使うのかを検討することが大切です。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない時に出来る3つのこと!生活費が苦しいなら取るべき行動

母子家庭の生活費:子供が三人の場合

母子家庭の生活費、子供が三人いる場合には、どのくらいかかるのでしょうか。

 

子供が小学生3人だとして考えてみると

  • 家賃 6万~8万円
  • 光熱費 1万5,000円~2万5,000円
  • 食費 3万~4万5000円
  • 学費(給食費)1万3000円程度
  • 通信費、携帯料金 3万円程度(二人にキッズ携帯を持たせると仮定)
  • 日用品 1万3000円程度
  • 衣料費 1万5000円程度
  • 保険料 5000円程度(掛け捨て)
  • 娯楽費・レジャー費 1万5000円程度
  • 習い事 2万5000円~3万円

 

となり、22万円以上はかかると考えた方が良いでしょう。

 

子供が小学生で、学費があまりかからない時期でも、子どもの数が多いと習い事だけでもかなりの負担になります。

 

子供を3人育てながら満足な収入を得るためには、周りの人からの手助けは不可欠です。

 

親やママ友などとのつながりを大切にしながら、あなた自身がしっかりお金を稼いで子供と一緒に幸せになることを考えましょう。

 

参考:シングルマザーの貧困の実態と母子家庭の貧困率!シングルマザーの貧困生活を抜け出す4つの方法

母子家庭で生活費がどうしても足りないなら国の制度を活用する

母子家庭で生活費がどうしても足りない、今すぐ収入を増やすのが難しいという場合には、条件によっては国の公的な制度を利用して、生活費の一部を補助してもらえるかもしれません。

 

母子家庭のシングルマザーが使える制度や優遇措置について、ご紹介します。

 

参考:シングルマザーが年収500万以上稼ぐたった一つの方法!子育てしながら今から収入を増やそう

児童手当

児童手当は、ひとり親家庭ではではなく、15歳未満の子どもを育てている全家庭に支給されるお金。

 

子供一人当たり、3歳未満だと一人1万5000円、3歳から15歳までは1万円が支給されますが、3人目意向の子どもには、15歳まで毎月15,000円の手当が受けられます。

 

参考:シングルマザーが辛い!子育てと仕事の両立生活するたったひとつの働き方とは

児童扶養手当

ひとり親の家庭で、一定以下の収入の世帯を対象に支給される手当。

 

受給対象になっていても、申請をしないともらえないので、必ず役所で詳細を聞き申請できる場合には、申請をして手当を受けましょう。

 

満額貰える場合には、毎月42,500円もらえます。

 

詳しくは厚生労働省のホームページに記載があるので、ご覧ください。

 

参考:シングルマザーが離婚を後悔する5つの理由!仕事でお金を稼いで幸せになる

児童育成手当

自治体によっては、18歳未満の子供を育てているシングルマザー(ひとり親家庭)に、ひと月13,000円の補助金を貰える場合があります。

 

あなたのお住いの自治体では扱っている手当かどうか、詳細を確認してみましょう。

 

参考:シングルマザーの副業おすすめ3選!ダブルワークには在宅ワークが断然良いワケ

特別児童扶養手当

一定所得以下の世帯を対象にした、子供に障害がある場合に支給される手当で、1級の場合には、毎月5万円、2級の場合には3万3000円程度がもらえます。

 

参考:シングルマザーは年収300万の仕事では育てられない?離婚前に確認しておきたい3つのこと

遺族年金

夫と死別してひとり親になった場合には、子供が18歳になるまで遺族年金が受け取れます。

 

受給するには必ず申請が必要なので、役所に問い合わせて申請の手続きをしましょう。

 

参考:シングルマザーの貧困の実態と母子家庭の貧困率!シングルマザーの貧困生活を抜け出す4つの方法

ひとり親家庭への優遇措置

ひとり親家庭で、児童扶養手当の受給対象になると、生活にかかる費用の一部を減免してもらえる優遇措置を受けられます。

 

住宅手当

20歳未満の子供がいる場合、ひとり親家庭で月に1万円を超える家賃を支払っていると、市町村から助成金を受けられるというもの。

 

保育料の減免

保育園の保育料について、住民税の負担額によって保育料が決まりますが、ひとり親家庭の場合、ほぼ無料で保育園を利用することが認められています。

 

水道料金の減免

水道料金の基本料金が無料になる措置があります。

 

医療費の助成

18歳未満の子供がいる親の医療費が、免除されるようになります。

 

粗大ごみの手数料の優遇

一定回数までは粗大ごみを出す手数料が免除されます。

 

国民年金・国民健康保険料の減免

支払いが困難な場合には、国民年金と国民健康保険料の負担を減らしたり、免除してもらうことが出来ます。

 

交通費の減免

ひとり親家庭のうち、ひとりだけ(親でも子でも)自治体の定めた公的な交通機関(電車、バス)の交通費が免除されたり、割引してもらえる制度があります。

 

参考:シングルマザーが年収500万以上稼ぐたった一つの方法!子育てしながら今から収入を増やそう

生活保護

どうしても生活費が足りず、頼れる親や兄弟、親戚がいないという場合には、生活保護を申請して、一時的に生活費を負担してもらうという選択も出来ます。

 

ただし、一切資産を保有できなくなり、一度生活保護になると、もう一度自活するのは簡単なことではありません。

 

できるだけ、お金を自分で稼ぐために仕事を探し、周りの人に助けてもらえるなら誠意を持って甘えるのもありです。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

母子家庭で生活費を賄うために在宅で稼ぐという選択

母子家庭で生活費が足りないけど、仕事を掛け持ちしてもお金の悩みが消えないというシングルマザーもたくさんいます。

 

パートや派遣で仕事を掛け持ちしても、時給で働く限り、稼げる金額には上限があります。

 

そこで、在宅ワークでネットでお金を稼ぐことが出来れば、かけた時間とは必ずしも比例しないほどの収入を得ることも出来ます。

 

それなりの努力が必要ですが、実際にネットで家でお金を稼ぎ、本業として毎月100万円以上もの収入を得ながら一人で子供を育てているシングルマザーも最近は珍しくありません。

 

これからの生活を支えるために副収入を得る一つの手段として、在宅でネットで稼ぐという選択はお勧めです。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

まとめ

母子家庭で生活費が足りない、お金が欲しいと悩んでいるシングルマザーのあなたが今の苦しい生活から脱出するには、まずは知識をつけることです。

 

必要な生活費を把握し、将来を見込して今から出来るお金を増やす方法、稼げる方法について勉強しながら行動していくことです。

 

役所や知り合いにシングルマザーがいたら、相談したり、話を聞きながら、目標を決めて着実に実行しましょう。

 

もしダブルワーク、トリプルワークをしてもお金が足りないのなら、在宅ワークでネットでお金を稼ぐことで、本業に出来るくらいの収入を得ることも可能です。

 

副収入を作ること、収入を一日でも早くに増やせるように、前向きに行動していってくださいね。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事11選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.