LINE限定E-bookプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

 

シングルマザーが貯金2000万円を作るには?いくらあればいいのか?たった一つのお金の問題解決法

megumi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

年金受給開始年齢までに、2000万円の金融資産を用意しておくべきだという金融庁の発表した数字がありますが、一人で生計を立てながら、子供の学費も自分の老後資金も作っていかないといけないシングルマザーは2000万円をどうやって作っていけばよいのでしょうか。

 

まず、シングルマザーは平均年収が約240万円、世帯の平均貯蓄額は100万円というデータがあります。

 

平均で100万円の貯金額ですが、実際にはほぼ貯蓄がない家庭も多く、ご実家で生活している方など母子家庭の将来へのお金の不安は深刻なものがあります。

 

また、ひとり親ではない家庭の年代別の平均貯蓄額は、20代で約360万、30代で600万、40代で約960万円となっており、シングルマザーの家庭がいかに貯蓄が出来ていないかということがわかります。

 

共働きの世帯でもこれだけ貯金があっても不安だと感じているケースがほとんどですし、貯金はいくらあっても安心ということはありません。

 

保育園や幼稚園に通わせても子供が体調を崩せば仕事を休まなければいけなかったり、早退しなければならないために、お金のことを考えてフルタイムで働くことが難しいという事情もある中で、あなたが一人で子育てをしながら大黒柱になり、家計を支えるということは、本当に大変なことですよね。

 

今回は、シングルマザーが長期的に経済的に自立して生涯生活には困らないだけの基盤を作っていくために大事な、お金の話と貯金の作り方についてお話をしていきます。

 

※私のメールマガジンでは、家にいながら会社に頼らず今までのあなたの人生で培った強みをネタに収入の柱を作るためのお役立ち情報を配信しています↓

>>収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら<<

 

 

参考:儲かる仕事をしたい女性に役立つWEBマーケティングの知識。家で儲かる仕事をするなら?

シングルマザーが貯金2000万円を作るためにやるべきこと

シングルマザーであっても結婚していても貯金2000万円は用意すべきという国の出した数値の根拠は不明瞭ですが、子供がいる世帯で早めに考えて備えておきべき大きなお金には、「教育資金」 「住宅資金」 「老後資金」があります。

 

それぞれ子供の数や教育方針(進学先)、住む地域、生活レベルによってかなりの開きがありますが、ご自身が生涯にわたってお金には困らずお子さんと自分を幸せにできるだけの資金を計画的に作っていかないといけません。

 

約7割弱の家庭が共働きをしながら家計をさせている今の時代に女性一人で貯蓄が満足にできるくらいの収入を得るためにやっていくべきことをお伝えしていきます。

 

参考:シングルマザーのダブルワーク!知らないと損するお金と2つの副業の稼ぎ方

1.シングルマザーとして貯金2000万円を作るために計画を立てる

就業率が8割を超えているにも関わらず貯金がほぼ出来ていない理由は、圧倒的に収入が少ないからというケースがほとんどです。

 

決して贅沢をしているわけではないのに、生活を切り詰めても貯金出来れば良い方という暮らしを続けている母子家庭も多く、子供にこれからかかる教育費や自分の老後を考えると、不安で仕方ないと思います。

 

住宅資金については、これまでは多くの世帯で住宅ローンを組んで20年、30年という期間をかけて返済していましたが、最近は持たざる時代とも言われており、若いうちは賃貸住宅で暮らし、子供が巣立ったあとに夫婦や一人で暮らせる住まいを購入して余生を過ごすという方が多いです。

 

いずれにしても、①安定収入を得られる仕事についてローンを組み住宅を購入するのか、②賃貸住宅あるいはご実家でお世話になってから、将来的には住宅をもらうのか③あるいは自身で購入するのか、など具体的な計画を決めて生涯にかかる住宅資金を計算し支払いを(あるいは積み立てて)いきましょう。

 

教育資金についても、幼稚園、保育園、小中高大とお子さんを育てるのにかかる生活費、学費などをすべて調べて書き出します。

 

その中でももっとも大きなお金がかかる大学費用については高3の卒業までに300万円は入学準備金として最低でも用意しておくべきと言われますので、あと何年でそれだけの資金をつくらないといけないのかを可視化しましょう。

 

さらに老後資金については、教育資金以上に後からどうにも作れないものになりますので、住宅資金とともに最重要項目と捉えて仕事を辞めてから30年、40年という期間生計が成り立つだけの予算を立てると共に、1日も早い時期からコツコツ積み立て投資や貯金をしていくことを目指すべきです。

 

参考:母子家庭は年収400万をまずは目指そう!シングルマザーが手当を受けながら自立する方法

2.もらえる手当はすべてもらう

これはほとんどの方がすでにご存じかと思いますが、シングルマザー(ひとり親)の家庭は、一定条件を満たすと、市からもらえる手当がありますが、そのことを知らずに申請していないと、せっかくもらえるはずのお金がもらえません。

 

もし知らなかった、という方は、まず自分が受給対象ではないか確認をして、当てはまる場合には役所で手続きをしましょう。

 

15歳以下の子供がいるすべての家庭がもらえる児童手当のほかに、児童扶養手当、医療費の助成、水道料金の減免、公共交通機関の免除、住宅手当など、生活費をかなり援助してもらえる制度が整っているので、今まで知らなかったというあなたはお近くの役所で詳細を確認してみてください。

 

児童扶養手当の満額支給対象になれば、子供が一人の場合で月に42500円の手当金を受け取ることが出来ます。

 

そしてシングルマザーが貯金をするためには、子どもの手当を全て手をつけずに貯めながら、収入を増やすのが一番理想的な方法です。

 

母子家庭でもコツコツ貯金が出来ているケースはやはり児童手当を全て貯金にまわし、子どもの名義の口座に貯めて高校や大学進学時にまとまったお金が必要な時に備えているというもの。

 

あなたの収入で生活をして、手当は貯金できるような体制をつくることを目指しましょう。

 

参考:シングルマザーが年収500万以上稼ぐたった一つの方法!子育てしながら今から収入を増やそう

3.シングルマザーが貯金をするためには収入を増やすのが賢明

シングルマザーでも貯金ができている家庭ではどうやってお金を回しているのでしょうか。

 

既に貯金ができている母子家庭の貯金方法を知り、同じように実践していけるよう、今出来ることからあなたも始めて行きましょう。

 

たとえばシングルマザーで子供が1人の世帯でも、月に15万円程度はどうしても支出するのが平均的なので、平均年収のうち生活に回せる手取り収入はだいたい月に18万円程度となると、ぎりぎりのところで生活をすることになりますよね。

 

さらに養育費をもらえている場合でも、平均で35,000円ほどしかもらえていないというデータがあるので、もし元旦那さんからの養育費が途絶えたら、お子さんが成人したら生活することすらあやうい状況です。

 

そんな危険な綱渡り状態を脱出するためには、節約を続けるよりも収入を増やすのがもっとも確実な方法です。

 

とはいえ、今もすでにフルタイムで働いているという方や、お子さんが小さいのでなかなか収入を増やすために労働時間を増やすことが出来ないという方も多いかと思います。

 

そこで、現状のままではまずいけれど、収入を増やして1日も早く経済的な基盤を盤石にしていかないといけないという課題を解決する方法としては、

 

正社員やパートとして働いて、時間とお金を交換して収入を得るという稼ぎ方を辞めて、価値と交換してお金を得る稼ぎ方にシフトしていくことです。

 

私自身も実際に一家を養えるだけの収入を得られていて、しかも自分の時間もしっかり取れるライフスタイルを送れているのですが、それが出来ているのは自分の持っている世の中に提供できる価値を適切な形にしてお金で買ってもらう仕組みを作ってきたからです。

 

しかも、私はその仕事を完全在宅でもできるように構築してきたので、家が職場であり物理的にも時間的にも自由に仕事を出来、なおかつ体力的にも精神的にも無駄な負担をかけずに幸せを思える毎日を過ごせるようになりました。

 

参考:生きるのが辛いなんて思わない!母子家庭の貧困生活と強く生きる大切な考え方

手当や養育費に頼らず自分の価値を高めてお金を稼ぎ貯蓄しよう

シングルマザーを支える制度として、先にもお伝えしたような児童扶養手当や公共料金の補助、優遇、そして元旦那さんからの養育費もあるかと思いますが、

 

お子さんが18歳以上になると、すべての手当てや援助はなくなるわけなので、そこから先のあなた自身の生活はあなたが自分で稼いだお金だけで支えていかなくてはいけません。

 

今も5年後も10年後、20年後も、あなたが幸せだ、と思える人生を送るためには綺麗ごと抜きにお金が基盤です。

 

まず生活するのに必要最低限の収入を得ることを目指し、将来の学費、住宅、老後資金を賄えるだけの大きな貯蓄をしていくために、勉強を続けて働き方、稼ぎ方を変えるべきです。

 

これからの時代は、一つの会社に入ったからといって雇用と老後資金の保障がされるわけではありませんし、会社の寿命も年々短くなっており、会社自体がなくなる可能性も大いにありえます。

 

そんな今までとは明らかに違う時代背景を元にあなた自身がしっかり地に足をつけて生きて行くためには、あなた自身の経済価値、市場価値を高めるのがもっとも賢明で最善の方法だと私自身心から言えます。

 

どこに就職するか、どんな資格と取るかではなく、あなた自身が会社や今の仕事がなくなったとしても、路頭に迷わないためには”どんなスキルを身につけるべきか”ということを時代の流れを見ながら、自分の頭で考えて動いていかないといきましょう。

 

参考:母子家庭の生活費シュミレーションと収入の話!シングルマザーが年収500万円目指せる2つの稼ぎ方

まとめ

シングルマザーが自分の持っている価値を最大限に活かしながら仕事をし、貯金を2000万でも3000万でも作っていけるように。

 

またお子さんと明るく楽しい毎日を過ごすためには、家計の管理をしっかりしながら、お金の知識、稼ぐ方法についての知識をつけることがまず肝心です。

 

そして、しっかり貯金を作れるだけの収入を得る働き方、稼ぎ方にシフトして行きましょう。

 

私のサポートさせていただいているお客様の中にはシングルマザーとして、小さなお子さんを育てながら正職員としての本業とは別に、副業として在宅で副業でビジネスをされている方もいらっしゃいますので、パートで働きながら在宅で副業をするという選択も大いにありです。

 

シングルマザーで幸せに暮らしている方は、今は在宅で仕事をしながら子育ても家事も一人でこなしている方も増えているので、今お金の不安を感じているあなたも選択肢の一つとして前向きに検討してみてください。

 

※私のメールマガジンでは、家にいながら会社に頼らず今までのあなたの人生で培った強みをネタに収入の柱を作るためのお役立ち情報を配信しています↓

>>収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら<<

 

参考:シングルマザーの副業おすすめ5選。40代シングルマザーが副収入を得るなら?

この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

 

 

※在宅で子育てしながら自分の手で稼ぐには?【7つの無料教材(全204ページ)+動画講座(1時間4分)】を無料でプレゼント↓↓

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。^^


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.