LINE限定E-bookプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

 

35歳のシングルマザーの仕事選びの3つのポイント。40代からもシングルマザーが仕事で満足するためには?

megumi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

35歳以降になると就職のハードルも上がり、シングルマザーも一家の生活を支えるために希望の条件に見合う仕事を見つけるのが難しくなります。

 

お子さんが小さいうちは特に、一緒に過ごす時間も確保しながら生活できるだけの収入を得たいと思うものですが、体力的にも時間的にも精神的にも限界がありますよね。

 

今回は、”お金”か”時間”かという葛藤で悩むシングルマザーのあなたに向けて、長期的に仕事を続けるという視点から、35歳以降のシングルマザーが仕事選びで重視すべきポイントと、おすすめな仕事をご紹介します。

 

 

※私のメールマガジンでは、家にいながら会社に頼らず今までのあなたの人生で培った強みをネタに収入の柱を作るためのお役立ち情報を配信しています↓

>>収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら<<

 

参考:シングルマザーのダブルワーク!知らないと損するお金と2つの副業の稼ぎ方

35歳以降にシングルマザーが仕事を選ぶ際におさえるべきポイント

35歳以降も家計を支えるためにシングルマザーは仕事をしないといけませんが、子供の年齢が小さいほど一緒にいる時間も大切にしたいという事情もあり、正社員やフルタイムで働くのが難しい場合も多いでしょう。

 

実際にシングルマザーの雇用形態は、正社員の方が45%、パート、アルバイトといった非正規雇用が42%と若干非正規雇用者が多くなっているのが実情です。(データ引用:厚生労働省)

 

パートやアルバイトとして働くことで、時間に融通が利くようになってもその分収入が減ってしまうということで、仕事や収入への満足度については、半数以上の方が不満があると答えています。

 

では仕事に対して満足するためにシングルマザーが望む条件を見ていきましょう。

 

参考:母子家庭は年収400万をまずは目指そう!シングルマザーが手当を受けながら自立する方法

シングルマザーが仕事に求める条件①安定した収入

35歳以降にシングルマザーが仕事に求める条件としては、まず安定した収入が得られることがあります。

 

子どもを一人で育てないといけないシングルマザーにとっては、子供が18歳以降や大学卒業後にも自分の生活を支えるための資金なり収入源を作っておかないといけませんので、

 

早い時期からマネープランを立てて、子供と自分が安定して暮らせるだけの経済的基盤を作っておくのが大事です。

 

参考:シングルマザーが年収500万以上稼ぐたった一つの方法!子育てしながら今から収入を増やそう

シングルマザーが仕事に求める条件②時間的な余裕

シングルマザーが仕事に求める条件としては、子育てをしながらでもこなせる時間的な自由の度合いがあります。

 

収入が満足なだけ得られても、時間的に余裕がないと、人間やはり気持ち的に滅入りがちになってしまいますし、子供が小さいうちはお母さんとの時間が少ないと子供が寂しい思いをするのは否めません。

 

時間的な余裕があるか、子供との時間が確保できるか、というのはシングルマザーにとって重視したい点です。

 

参考:母子家庭の生活費シュミレーションと収入の話!シングルマザーが年収500万円目指せる2つの稼ぎ方

シングルマザーが仕事に求める条件③体力的な負担の度合い

シングルマザーが仕事に求める条件として、体力的な負担が大きくないというものもあります。

 

子育ては幼いほど、体力も要りますし、30代、35歳以上になってくるとどうしても気持ちがあっても身体がついてこない・・ということがあります。

 

年齢が進むほど、自分の身体にも負担があまりかからずにできる仕事選びは、シングルマザーにとって重視すべき点です。

 

参考:生きるのが辛いなんて思わない!母子家庭の貧困生活と強く生きる大切な考え方

シングルマザーが悩む働き方の問題

お金のことだけを優先すれば、当然正職員として働くのがメリットが大きくなりますが、先に挙げた非正規で働くシングルマザーの中には自ら選んで非正規で働く人も多いです。

 

またあるいは、正職員を希望しても小さな子どもがいる、ブランクが長いということを理由に採用側に敬遠されてしまうというケースも少なくないです。

 

パートで働くメリットとしては、時間の融通が利くこと。デメリットとしては、パート収入で月収10万円代を稼ぐシングルマザーが最も多く、収入面では明らかに足りないという点があります。

 

子どもが小さいうちは身動きが取れないシングルマザーも多いので、よくあるパターンとしては子供が小さいうちは実家で子供と一緒に暮らしながらパート勤務を続けて、小学校にあがるタイミングなどを機に正職員になり母子世帯に独立するというキャリアプランです。

 

着々と資格の勉強をして、しっかり収入を得られる仕事に就くために努力するシングルマザーも多く、将来的には実家に頼れなくなることを見据えて計画的にお金とキャリアプランを進めていくのが大事です。

 

参考:シングルマザーの副業おすすめ5選。40代シングルマザーが副収入を得るなら?

35歳以降もシングルマザーが満足しながらできる仕事とは?

実際問題一人で今の生活と将来の学費、老後資金までを稼がないといけないシングルマザーにとって、収入の安定性を考えると正社員で働きたいところですが、特にお子さんが小さいうちは難しいです。

 

では、35歳以上でもシングルマザーが子育てをしながらも満足できる仕事としてはどんなものがあるか見ていきましょう。

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?食費、生活費の悩みから解放される3つのポイント

シングルマザーに多い仕事は?

収入面とライフスタイルを考えると、お金か時間か・・と葛藤する中、シングルマザーの多くはやはりパートや派遣などの非正規社員として働いています。

 

シングルマザーや子育て中の方が多い職場としては、

  • 介護士やホームヘルパーの仕事
  • スーパーやコンビニのレジ、品出しの仕事
  • 飲食店のホール、キッチンスタッフ
  • 工場での軽作業
  • 一般事務や受付の仕事

 

などがあり、保有している資格としては、多い順に簿記、ホームヘルパー、パソコン系、医療事務、介護福祉士、保育士、看護師、となっています。(データ引用:厚生労働省)

 

近所でパート勤務できるこういったサービス業や事務系の職場に同じくらいの子供がいる女性が多いと共感も得られやすいですし、万が一の時はシフトを交代してもらうこともでき、仕事以外の話も出来たり働きやすいようです。

 

特に介護の仕事は私も経験がありますが、シングルマザーの方も多く、子どもを育てながら夜勤もして、生活は大変だけどやりがいもあって幸せだと話している方が多かったです。

 

参考:シングルマザーは仕事なにしてる?向いてる仕事5選。資格なしでも稼げる仕事とは?

シングルマザーにおすすめな仕事

生活は大変だけど、子供と一緒に暮らせて本当に幸せ、と言っているシングルマザーも多いですが、実際じゃあ生活にも余裕ができたら最高ですよね。

 

シングルマザーでもしっかり収入を得ながらも、子供との時間も仕事のやりがいも感じながら、自分で満足だと言えるライフスタイルを送れている人が何をしているかというと、自営業(経営者、起業家)です。

 

もちろん誰でも今すぐ起業すれば収入が得られるほど甘いものではありませんので、それなりの勇気も努力も時間も要しますが、実際に私のように家で仕事をしながら十分な収入を得ることが出来れば、子供との時間も取れて時間も場所も人間関係も自由に選べる人生を送れるようになります。

 

参考:シングルマザーはしんどい、辛い?シングルマザーとして強く生きるための5つのコツ

収入を考えるとシングルマザーは副業するべき

シングルマザーのうち、副業をしているのは8.3%というデータがあり、一定数の方は本業のパートや正職員としての仕事の収入の他に副収入を得ていることがわかります。

 

パートのメリットは時間に融通が利くことですが、その反面、収入が安定しないですし、将来の年金や手当や養育費が受けられなくなった時の生活を考えると、不安になりますよね。

 

住宅手当や児童扶養手当などの補助制度も子供が18歳になると対象外になりますので、あなただけで一人で生活して老後も生活に困らないために、早めに収入源を確保しておくことが肝要です。

 

ご実家に住んでいてもやがてご両親もなくなってしまいますし、自活できる体制を一日も早く作るべき。

 

そのため、シングルマザーの中には副業やダブルワーク、トリプルワークをしている方も珍しくありません。

 

でも、年齢が上がるにつれて、いくつも仕事を掛け持ちするのは体力的にも厳しい面が出てきます。

 

  • パートをするなら社会保険に加入して厚生年金を受給できるようにする
  • 将来もくいっぱぐれのない資格(看護師、介護士、栄養管理士など)を取っておく
  • 貰える手当や補助制度について調べてフル活用する

など、お金について勉強しながら足元を固めていきましょう。

 

参考:シングルマザーが子育てに疲れた、大変だと感じたときに考えて欲しい3つのこと

シングルマザーには雇われずに稼げる仕事がおすすめ

シングルマザーの平均年収は養育費なども含めて240万円というデータがあり、決して生活が楽なわけではありません。

 

子供の学費には小学校で公立でも30万円はしますし、中学、高校、大学に進めば、どんどん学費は高くなり生活費も大人と同じだけかかりますし、かけようと思えばいくらでもお金がかかります。

 

5年後、10年後に必ずかかるようになる教育費、そして老後のお金を作るために早めの対策としては、将来的にはいざとなれば会社に頼らずに経済的に自立できるくらい、「雇われずに収入を得るスキル」を習得することが理想です。

 

いくら手当を使っても、節約をしても、収入が増やせたら何も怖いものはありませんし、会社がなくなってもクビになっても生活していけるというのは強いです。

 

先にお伝えしたように、最も自由度が高くしっかり収入を得られる仕事としては、起業して自分のビジネス収入を得る方法があります。

 

完全に在宅で仕事をして毎月20万、30万、50万以上もの収入を得ている主婦やシングルマザーも増えていますし、雇われずに稼げるスキルはこれからの時代に絶対にあって無駄にはなりません。

 

WEBライターやプログラミング、WEBデザインなど、少し勉強と実務の経験を積めば、誰でも仕事に出来ますし、私のように個人でビジネスをするのもおすすめです。

 

情報格差が経済格差になり、考えているだけでは働くにも働けない年齢に近づいていくだけなので、情報を集めてとにかく早く行動に移していきましょう。

 

参考:家で儲かる仕事8選。副業でも本業でも家にいてパソコンがあればお金を稼げる方法

仕事探しの際にやるべきこと

では、出来るだけ長く働き続けることを視野に入れて、シングルマザーが仕事を探す際にやっておくべきことを挙げて行きます。

 

参考:お金持ちになるには主婦の副業!専業主婦がお金持ちになるたった一つの方法①

①仕事に求める条件を明確にする

まず離婚をきっかけに仕事を始めるシングルマザーの仕事探しは、社会から長年離れているほど難しいかもしれません。

 

シングルマザーが仕事を探すときに押さえるべきポイントは、

  • 必要な収入が得られるか
  • シングルマザーとして子育てをしながら働くことに理解があるか
  • 福利厚生や保障制度がしっかりしているか
  • 長期的に続けられる仕事か

などでしょう。

 

そして、あなたにとって何が必要か、条件を明確にしたら、シングルマザーに対しても就業へのアドバイスをしてもらえるマザーズハローワーク、ハローワーク、母子家庭等就業・自立支援センターなどを利用するのがおすすめです。

 

無料で仕事探しのプロからアドバイスをしてもらえますし、資格を取るなら支援制度についても詳しく教えてもらえます。

 

また、今は中小企業に対して国から特定就職者雇用開発助成金という補助金が下りる制度があり、シングルマザーを積極的に採用する会社も増えています。

 

参考:シングルマザーが貯金2000万円を作るには?いくらあればいいのか?たった一つのお金の問題解決法

②子育てに手を貸してくれる人を見つけておく

時間も体力にも限界がありますし、精神的にもシングルマザーが一人で子育ても仕事も家事もするのは、無理なこと。

 

共働きのワーキングマザーでさえ、体力と時間的な限界を感じて悩んでいる方も少なくないので、いくら自立心が強くても、一人で何もかも出来ないのは当然です。

 

子供が病気になったときや、どうしてもいけない幼稚園、保育園や学校の行事などがあれば、代わりにいってくれるご両親やママ友などを確保しておきましょう。

 

特にお子さんが小さいうちは、ご実家に同居して、お母さんはフルタイムで働き、おじいちゃんおばあちゃんが孫の世話をするというパターンも多いよう。

 

子供はまだまだお母さんを必要とする時期なので、お子さんの様子を見ながら収入とライフスタイルのバランスを検討するのが良いですね。

 

小さいうちはパートをして、小学校や中学校にあがるタイミングで正社員に切り替えるなど、お子さんの年齢に合わせて働き方を変える方も多くいます。

 

参考:お金持ちになれる職業と女性がお金持ちになりたいなら身につけるべき5つの習慣

まとめ

シングルマザーの仕事探しは子育てのサポートと、長期的に考えたライフプラン、ライフスタイルと収入とのバランスを考えてよく検討するべきです。

 

お子さんが小さいうちは特にお子さんの様子を見ながら働き方を変えるというのも視野にいれるのが良いですね。

 

今は会社すらなくなる可能性が大いにある時代になっているので、パートであっても正社員であっても、将来的には会社に就職しなくても経済的には生活していけるだけの収入を得られるスキルを身に着けるべく、

 

一日でも早いうちから資格をとったりビジネス収入を得るなど、今できることを情報収集→実行していくのが賢明です。

 

計画的に必要なお金、稼げる収入の期待値を把握して、明るい将来を見据えて実行に移していきましょう。

 

※私のメールマガジンでは、家にいながら会社に頼らず今までのあなたの人生で培った強みをネタに収入の柱を作るためのお役立ち情報を配信しています↓

>>収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら<<

 

参考:家でお金を稼ぐには?お金が欲しい、お金持ちになりたい主婦はネットビジネスを始めよう

この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。一児(娘6歳)の母。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”が強み。お客様の得意なこと×情熱をライフワーク=ライスワークにできる”ビジネス設計”から目標達成(ビジネスを通してお客様それぞれが今あるお金や人生の悩み、迷いを激減させて、自分の幸せを追求すること。までをパッケージ化したコンサルティングサービスを提供中。 子育てしながらいきいき働くママさんを一人でも多く増やすべく活動中。

 

 

※在宅で子育てしながら自分の手で稼ぐには?【7つの無料教材(全107ページ)+動画講座】を無料でプレゼント↓↓

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。^^


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.