fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

シングルマザーの生活が苦しいなら!生活費を稼ぎ貯金を作る2つの収入を増やす方法

 
  2019/03/14
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

シングルマザーで生活が苦しいと悩んでいる割合は全ての母子家庭の半数。

 

平均年収の半分以下の収入という貧困の定義では半数ですが、実際のところ、お金がもっと欲しいと思っている母子家庭はもっと多いでしょう。

 

今の日本の社会ではこのシングルマザー(母子家庭)の貧困が大きな問題となっています。

 

日本のシングルマザーは働いているのに、貧困から抜け出せないというのも深刻な悩み。

 

母子家庭の世帯収入は父子家庭よりも断然低くなっています。これは、結婚、出産を機に、それまで正社員で働いていた場合にも、仕事をやめたり、パート勤務にシフトする女性も多いのが原因。

 

そして、いざシングルマザーになって再就職したくても、また正社員になるのは簡単ではありません。

 

でも、シングルマザーでも、小さな子供を抱えていても、収入を抑えずに働ける仕事がネットビジネス。主婦の在宅ワークとして、最近取り組む人が増えていますが、当然シングルマザーにも出来ます。

 

今回は、シングルマザーの収入と就職する際の問題点、そしてお金で困らないために、生涯を考えた働き方として、在宅ワークを勧める理由をお伝えします。

 

→【期間限定☆最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の収入平均と年収400万円欲しい理由!

シングルマザーの収入の平均は?

シングルマザーの平均年収は、養育費や手当などを含めてだいたい230万円くらいと言われています。このうち、手当を抜いた、シングルマザーが稼いだお金は年収180万円くらい。

 

これから社会保険料、税金を引かれるので、手取りでは月に12,3万円です。手当を入れても、手取りで16,7万円くらいなので、東京や首都圏に子供と二人で住むとしたら、けっこう厳しいという印象です。

 

→ネット副業ガイド+ネットビジネスで最速で3万稼ぐマニュアルなど7特典をプレゼント!!

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

シングルマザーの生活が苦しいのは収入が足りていないから

シングルマザーの生活が苦しい原因は、働いていても、収入が生活費に対して、足りていないことが多いから。

 

たとえば子供が5歳だとして、二人で生活するにかかる生活費は、

 

  • 住宅費 6万円
  • 光熱費 2万円
  • 食費 3万円
  • 日用品 1万円
  • 交際費 1万円
  • 交通費 1万円
  • レジャー費 1万円
  • 教育費(幼稚園か保育園の学費)3万円

 

これで18万円かかりますが、教育費は一人親の場合、かなり優遇してもらえるので、所得によっては1万円以下になるでしょう。そうすると、手取りが17万円でやっと間に合うというイメージ。

 

また、収入がある一定以下で少ない場合には、扶養者であるあなたの医療費も無料になり、住んでいる市内は交通費が無料、水道料金の基本料が免除されたり、住民税も払わなくて良くなる制度があります。

 

ご存じでなかったというあなたは、お近くの役所で、対象条件に該当するか確認してみましょう。

 

でも、手当をもらって生活が間に合うだけでは解決になりません。

 

将来の学費や老後のための貯金も必要ですし、子供が18歳になると、児童手当も児童扶養手当ももらえなくなります。

 

子供が18歳になってからも、人生は続きますし、一日も早く生活費を自分で稼ぎ、貯金を積み立てて行きましょう。

 

参考:シングルマザーが辛い!子育てと仕事の両立生活するたったひとつの働き方とは

子供が18歳になってからもシングルマザーが困らない収入を得るために

シングルマザーがお金の問題を根本的に解決するためには、手当をもらいながらもあなた自身が自分で稼ぐ力をつけることです。

 

シングルマザーとして、国から優遇して制度を受けられるのは、30歳で出産していれば48歳で終わり。

 

十分生活できる金額を稼がず、給付金に頼ってしまった人が、50歳近くなってから自立するのはさらに難しいです。

 

目の前の生活費を稼ぐのに必死で生きて来ても、老後に貯金を満足に作れず、生活保護に流れてしまう人も少なからずいます。

 

シングルマザーに限りませんが、子育てを終えてからの人生は長いです。そのことを忘れないで生活設計をしていきましょう。

 

本来必要なのは、手厚い手当てを支給するよりも、自立する方法を知ること。

 

子育て中の人は「両立が困難」と思い込んでしまい、責任も残業もない、その代わりに所得の低い仕事を探す傾向があるのですが、「それだけではダメ」ということを知ってください。

 

参考:シングルマザーの仕事!手当があっても母子家庭で生活費が苦しいならネットで在宅ワークしよう

シングルマザーが十分な収入を稼げる仕事につく難しさ

ちなみに、シングルマザーの平均年収180万円に対して、シングルファザーの平均年収は380万円。

 

シングルマザーがシングルファザーよりも収入は安いのは、女性は結婚、出産を機にキャリアよりも家庭を優先して、パートや専業主婦になっているケースが多いからです。

 

そこで、シングルマザーになったからと言って、急に正社員のなるのは難しいんですよね。子持ちだと、病気や行事で仕事を休んだり抜けたりするから、という理由で敬遠されてしまいますから。

 

なので、どうしてもそのままパートや派遣として、働かざるを得なくなり、収入が少ないままということになるんですよね・・。

 

参考:シングルマザーのお金がない不安を解決!手当と仕事と実家3本柱で乗り越える

シングルマザーが生活が苦しい状況から脱出する働き方

シングルマザーが生活が苦しいと悩んでいる今の状況から脱出するには、収入を増やすしかありません。

 

シングルマザーの仕事を働き方別に見ていくと、正社員約5割、パート約4割、その他となっています。

 

そして、正社員のシングルマザーの平均年収が約270万円に対して、パート・アルバイトの平均年収は約130万円。約半数しか収入がないのです。

 

手当があって、実家に住んでいたら、生活には困らないでしょうが、実家の親も先に亡くなりますし、子供が18歳になったら、国からの手当はもらえなくなります。

 

いずれにしても、どうやって自分で稼いで生活していくのかを、しっかり考えておかなければいけません。

 

では、具体的に今の生活を変えて、経済的な安定を得るには、どうしたら良いのでしょうか。

 

参考:主婦が仕事で20万円稼ぐ!パートと資格を活かす在宅ワークの2つの稼ぎ方

将来のキャリアアップを目指して資格を取る

実際に子どもを女手一つで育てているシングルマザーの中には、資格を取って、子供が小学生になってから、正社員として就職することを目標に、勉強をする方が多くいます。

 

看護師やファイナンシャルプランナーなど、持っていると就職に有利な資格がたくさんあります。

 

シングルマザーで一定所得以下の場合には、国から資格取得の費用を補助してもらえる制度もあるので、詳しく自分が対象になるのか、なる場合には、どのくらい負担してもらえるのかを確認してみましょう。

 

参考:専業主婦の離婚前の仕事探し!シングルマザーになるための仕事の探し方

在宅ワークで自分で稼ぐ力をつける

収入をちゃんと確保できる仕事。そして、今からでも出来る仕事で収入が多いものとして、これからの時代を生きるシングルマザーのあなたにおすすめするのが在宅ワークでお金を稼ぐという方法。

 

ネットでお金を稼げる在宅ワークは、子供をどこかに預けて仕事に行く必要もありませんし、大きな資本(貯金)がなくても十分稼げます。

 

そして、投資や初期投資が必要なビジネスと違って、ほぼノーリスクでマイナスになるということがないのが大きなメリット。

 

これから先の生活と収入に不安があるあなたは、在宅ワークで収入を増やすことを検討してみましょう。

 

参考:主婦の副業!安全に稼げる6選!本当に儲かる安全な仕事ランキング

まとめ

シングルマザーの収入は非正規雇用の場合には、特に少ないのが特徴です。

 

生活が苦しいと悩んでいるシングルマザーは非正規雇用で働いているために収入が少ないというケースがほとんど。

 

国からの手当てや、実家でのサポートを受けられるので、子供が小さいうちは良いかもしれませんが、子供が18歳になって、親が先に亡くなってしまうと、あなた一人の稼ぎで、子供を大学に通わせて、自分の老後費用も賄わなくてはいけません。

 

そういう長期的な計画を考えると、今のままの収入では足りないということに気づくはず。

 

今子供が小さいし、また転職活動が上手く行かないというあなたには、資格を取り収入を増やせる仕事に就くという選択や、自宅でお金を稼ぐという選択があります。

 

自宅で働ける在宅ワークなら、幼い子供がいるあなたでも、24時間子育てをしながら仕事をすることも出来ますし、保育園に預けて病気で迎えに行くこともすぐに出来るでしょう。

 

一人で家事も子育ても仕事もしなくてはいけないあなたにとって、在宅で稼ぐ働き方は、今より収入を増やしながら、体力的にも精神的にも負担を減らせる選択肢としておすすめします。

 

→【期間限定☆最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.