もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

シングルマザーのダブルワーク!知らないと損するお金と2つの副業の稼ぎ方

 
  2019/05/31
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

シングルマザーでダブルワークをしている人の割合は5人に1人。

 

あなたはこの数字を少ないと思うでしょうか?

 

シングルマザーにとって、仕事をするのは、当然生活費を稼ぐため。そして、一か所で働くだけでは生活するのに足りないというのがダブルワークをしている理由。

 

中には、夜勤や水商売の仕事をしながら、掛け持ちでトリプルワークをしているというシングルマザーも珍しくありません。

 

そんなシングルマザーでダブルワークをしているあなたは、「将来は、一つの職に就いて、生活を安定させたい。」と思っていませんか?

 

老後に年金をもらいながら、安定した生活を送るためにも、これからの働き方で悩んでいるあなたのために、今回は、シングルマザーがダブルワークをしなくても収入を増やして、経済的にも精神的にも余裕を持てる解決策をお伝えします。

 

若い今のうちに、これからの働き方を検討し、理想とする生活を実現していきましょう。

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

→【収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:生きるのが辛いなんて思わない!母子家庭の貧困生活と強く生きる選択

シングルマザーがダブルワークを選ぶ理由

シングルマザーの中には、ダブルワークをしてながらパートで生活費を稼いでいる人が少なくありません。

 

彼女たちがなぜダブルワークをしているのか、その理由を見て行きましょう。

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の収入平均と年収400万円欲しい理由!

正社員では収入が足りない

正社員という肩書でも、実際には残業が多く、サービス残業も含まれていて、実際の手取り収入が大してもらえないというケースがあります。

 

なので、もし正社員として採用される仕事があったとしても生活が成り立たないので、人材派遣の仕事で派遣として働いたり、パートを掛け持ちして働いているシングルマザーがたくさんいます。

 

派遣のメリットは、

  • 直接雇用されるよりも、時給が高い
  • 希望の休みや時間帯を選んで働けるので効率が良い
  • もし合わなければ契約期間が短いのですぐに辞められる

など。

 

一方で、デメリットは

  • 福利厚生などの保証が手薄い
  • 気に入った職場であってもそのまま契約更新を打ち切られることもある

などが挙げられます。

 

子供が小さいうちは特に、働ける時間帯にも制限があるので、効率よくあなたが働きたいときに、高い時給で働けるという点で、ダブルワークでお金を稼ぐシングルマザーも結構多いのです。

 

参考:母子家庭の生活費シュミレーションと収入の話!シングルマザーが年収500万円目指せる2つの稼ぎ方

正社員になれない

シングルマザーの就業率は実に約9割。

 

殆どのシングルマザーがなにかしらの仕事についていますが、正社員として働いている割合は約4割。

 

特に小さな子どもを持つシングルマザーの場合には、さらに正規職員として働く割合が少なくなっており、この原因としては、

  • 子持ちで社会経験にブランクがあるというだけで就職が難しいこと
  • 働ける時間が制限されるので、残業の多い正社員としては働けないということ

があります。

 

子供が小さいうちは、すぐに体調を崩すので、そのたびに仕事を抜けて迎えに行かなくてはいけません。

 

頼れる実家がすぐそばにあったり、同居している場合には、その点をアピールすれば、採用してもらえるかもしれませんが、実際には正社員として働くシングルマザーのほうが圧倒的に少ないのが現状。

 

実際にシングルマザーとして、子育てと仕事を両立してきた方の中に多いのは、子供が小さいうちは社会復帰への助走期間として、パートをしながら、子供が手を離れてくる小学生になるタイミングを目標に正社員への転身を目指したというパターン。

 

参考:シングルマザーのお金がない不安解消2ステップ!手当と仕事と実家3本柱で乗り越える

シングルマザーがダブルワークをする際に注意すべき大切なこと

シングルマザーでダブルワークをしているあなたは、もしかしたら働き方でお金の面で損をしている可能性があります。

 

ダブルワークをしているあなた、これからダブルワークをしようか考えているあなたに知っておいて欲しいことがあります。

 

参考:シングルマザーの生活が苦しいなら!生活費を稼ぎ貯金を作る2つの収入を増やす方法

ダブルワークする上で知っておきたい社会保険料の話

シングルマザーのあなたは、社会保険には加入していると思いますが、どちらの会社で加入しているか、把握していますか?

 

加入条件をみたしていたら、どちらの職場でも加入しなくてはいけないのか、と意外と知らない方がいるのですが、社会保険は加入条件を満たしていれば、どちらの会社で加入しても構いません。

 

ただし、その前に、どちらの職場でそれだけか稼ごうか、予め計画的に考えておかないと、後で損をすることになるのです。

 

たとえば、AとB二つの会社で働いていた場合、Aで13万、Bで12万円お給料をもらっていると、どちらの会社でも社会保険に加入できることになります。(社会保険は年収130万円以上で加入条件として)

 

そして、どちらで加入したとしても、あなたの収入は25万円の標準月額報酬として、社会保険料が決まるのです。

 

一方で、あなたがAから20万円、Bで5万円収入を得ていた場合には、Aという会社でしか社会保険に加入できません。

 

そして、あなたの標準月額報酬は、20万円として社会保険料が計算されるのです。

 

どちらの場合も収入の合計は25万円なのに、差し引かれる社会保険料は後者の方が少なくなるというわけ。

 

もちろん社会保険料を多く支払った方が、将来もらえる年金の金額も多くなるので、損ではないのですが、今もらえる手取り収入を増やすためには、どちらかのみに社会保険料が適用される働き方にした方がいいのです。

 

このことは、意外な盲点なので、ぜひ覚えておきましょう。

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

勤め先によって社会保険料加入の条件が違う

そして、もうひとつあなたに知っておいて欲しいのが、社会保険料を支払うボーダーラインに収入が、職場によって変わるということ。

 

一般的に社会保険加入の条件は、

  • 勤務時間が正社員の4分の3以上
  • 一週間の所定労働時間、一か月の所定労働日数が正社員の4分の3以上
  • 週20時間以上労働している
  • 年収130万円以上

ですが、

  • あなたの勤めている会社が従業員が501名以上で
  • 一年以上勤務している
  • 週に20時間以上勤務している
  • 年収106万円以上収入がある
  • 学生ではない

これらの条件を満たす場合には、年収106万円を超えると社会保険に加入することになるのです。

 

二か所で社会保険に加入できるだけ働いた場合には、先にお話ししたように、社会保険料を合算した収入に応じて徴収されるので、その点を理解しておきましょう。

 

詳しくは厚生労働省のホームページに記載されていますのでご参照ください。

 

参考:シングルマザーが辛い!子育てと仕事の両立生活するたったひとつの働き方とは

シングルマザーがダブルワークをしながら考えるべきこと

シングルマザーのあなたがダブルワークをしながら、考えて欲しいことが二つあります。

 

今は体力も気力もたくさんあるので、ダブルワークを出来るかもしれませんが、40代、50代になってからは、体力的にも精神的にも衰えてきます。

 

そんなときのために、今から考えておいて欲しいことを挙げて行きます。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない時に出来る3つのこと!生活費が苦しいなら取るべき行動

将来的な働き方を検討する

今はダブルワーク、トリプルワークをしてバリバリお金を稼げているかもしれませんが、これから10年後、20年後に今のライフスタイルを続けて行けるか、考えてみてください。

 

10年後、20年後には、子供が大きくなって、子育ての負担が減る反面、あなたの肉体的、精神的な衰えもあるでしょう。

 

その頃に、あなたはどんな働き方、どんなライフスタイルを送っていたいのかを今から考え、それを実現するために、今から調べて行動していくべきです。

 

参考:シングルマザーの副業おすすめ3選!ダブルワークには在宅ワークが断然良いワケ

安定した職につくための準備をする

先ほどお話しした社会保険料を納めていれば、あなたが65歳、70歳になったら、年金をもらえるようになります。

 

その時に毎月どれだけの生活費がかかり、年金だけまかなえない分をどうやって用意していこうかを今から考えておかなくてはいけません。

 

シングルマザーの中には、ダブルワークとして、本業のほかに、自宅で在宅ワークを副業として、お金を稼いでいる方も多くいます。

 

生活リズムが乱れがちな夜の仕事をするよりも、自宅であなたのペースでお金が稼げる在宅ワークで副業を始めるのもおすすめ。

 

在宅ワークは収入が少ないから、と思っている方も多いのですが、職種によっては、本業に出来るくらい、月に30万、50万、100万円以上でも目指せる仕事もあるのです。

 

今から情報を集めて、実践していけば、あなたもきっとお金に困らない生活が出来るようになります。

 

参考:シングルマザーの仕事はなにしてる?資格なしで出来る仕事!ネットビジネスのすすめ

生涯支えあえる相手を見つける

稼げる力を身につけ一人で立派に子供を育て上げても、人間一人では生きていけません。

 

歳をとってからもお互い支えあえるパートナーに出会えたら、あなたの経済的な負担も内面的な幸福感も増すはずです。

 

結婚相談所無料で使える婚活サービスを利用して結婚相手を見つけている人の数も年々増えていて、時間も労力もさほどかけずに自分にマッチした条件の相手に出会えます。

 

実際に私の周りでも婚活サービスや結婚相談所を活用して素敵な相手を見つけていたので、「仕事だけでは出会いがない」、「バツイチだからもう結婚相手なんて見つからない」と思っているあなたも良い相手に出会える可能性は大いにあります。

 

まず経済的に自立することは第一ですが、さらに良いパートナーに巡り合えたら経済的にも精神的にもメリットがあるでしょう。

 

参考:シングルマザーの貧困の実態と母子家庭の貧困率!シングルマザーの貧困生活を抜け出す4つの方法

まとめ

シングルマザーがダブルワークをするのは、体力的にもかなりの負担がかかるはず。

 

子供が小さいうちは、まだまだ一緒にいてあげたいと思うお母さんも多いですよね。

 

そんなあなたにお勧めしたいのが、ダブルワーク以外にも、本業の傍らで、在宅ワークで副業をしてお金を稼ぐという生き方。

 

一般的な低収入という在宅ワークのイメージに反して、職種によっては、本業以上に大きな金額を自宅にいながら稼げるようになります。

 

実際にネットでお金を稼ぎ、これだけで生計を立てているシングルマザーも近年増えて来ているので、あなたにも絶対に実現できます。

 

情報を知っているかいないかだけで、大きな差となるので、ぜひあなたもお金と稼ぎ方について学び、これからの人生を今よりもっと幸せなものにしていただきたいと思います。

 

あとは、生涯支えになる心強いパートナーに出会えたら、今よりもっと幸せになれるかもしれませんね。

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

→【収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.