fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

専業主婦の離婚前の仕事探し!シングルマザーになるための仕事の探し方

 
  2019/01/25
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

専業主婦が離婚を考えた時に、まず浮かぶのが仕事のこと。

 

離婚をしたいと思っているけど、今までずっと家で主婦業に専念していたから、仕事を見つけられるか、収入を確保できるか不安になりますよね。

 

子供がまだ小さいなら、働くのに時間も制限されてきますし、未経験でブランクがある専業主婦でも出来る仕事を探すのはけっこう大変。

 

でも、専業主婦が離婚をしてから、子供との生活を支えられる仕事は見つかります。

 

今回は、そんな専業主婦の離婚後の仕事の探し方、探すポイントについて、お話します。

 

参考:専業主婦が離婚後生活保護にならないために!離婚後の生活と仕事探し

専業主婦が離婚するために仕事を探すときのポイント

専業主婦が離婚をしたいと思って、仕事を探すときに、大切なことは、やりたいことよりもやらなければいけないことを優先して選ぶこと。

 

特に、お子さんが小さい場合には、子供と生活するのが難しいライフスタイルになってしまうものは、はじめから避けるべきです。

 

そして、数年後も同じ仕事を続けられそうか、長く続けられそうな仕事を探しましょう。

 

しばらく社会から離れていた専業主婦が、離婚をするのに不安になるのは、離婚後の生活のこと、お金のことですよね。

 

お子さんと生活しながら、安定性のある仕事をどうやって探したら良いのか、見ていきましょう。

 

→【無料プレゼントキャンペーン】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

 

参考:シングルマザーの仕事とお金の不安!離婚前に確認しておきたい3つのこと

専業主婦が離婚後のために仕事を探す方法

仕事の探し方1.インターネット

専業主婦が離婚後の生活のために、仕事を探すのに一番簡単に情報が得られるのがインターネットを使う方法です。

 

家にいながら仕事が探せて、あなたの希望条件を絞って検索できるので、とても効率的。

仕事の探し方2.ハローワーク

子供がいる女性向けのマザーズハローワークでは、託児所があり、子連れで仕事の相談に行けます。

 

無料でプロのアドバイザーに相談出来て、仕事と子育ての両立についてのアドバイスをくれるので、一度足を運んでみるのも良いでしょう。

仕事の探し方3.フリーペーパー

街中やお店に置いてある、フリーペーパーに掲載されている、求人は、あなたのおすまいの地域の最新の求人情報が載っています。

 

ネットに載っていない仕事もあるので、パート勤務を希望するあなたには、狙い目です。

どの雇用形態で働くかを考える

仕事を探すにあたって、どのくらいの時間働けて、どのくらいの収入が必要かを確認しましょう。

それぞれの働き方にメリット、デメリットがあるので、それを踏まえて、検討すべきです。

正社員として働く

まず、正社員として働くメリットとデメリットを挙げていきます。

正社員で働くメリット

  • 非正規雇用に比べ、給与が高く、ボーナスがあることが多い
  • 有給や社会保険など、福利厚生が手厚い
  • 昇給出来る可能性が高い

正社員で働くデメリット

  • 拘束時間が長いので、子供との時間とのバランスが難しい
  • 経験や資格がないと、はじめから採用されるのが難しい

 

子供と過ごす時間が限られてしまうので、子供に寂しい思いをさせてしまうかもしれないけれど、収入面では安定感があり、生活の不安がなくなる可能性が高いです。

パート、アルバイトとして働く

次に、パート、アルバイトとして働くメリットとデメリットを見ていきましょう。

パートで働くメリット

  • 未経験、無資格でも採用されやすい
  • 時間の融通が利きやすい

パートで働くデメリット

  • 社会保険の加入、福利厚生が受けられない場合がある
  • 収入が安定しない、正社員に比べて少ない

 

正社員に比べて収入は少なく、待遇も劣りますが、時間の希望が通りやすく。子供のライフスタイルを考慮した働き方が出来るでしょう。

派遣社員として働く

派遣社員として働くメリット、デメリットは何でしょうか。

派遣社員で働くメリット

  • 時間を区切って働ける
  • 時給が高いし、昇給の可能性がある

派遣で働くデメリット

  • 予期せぬ派遣切りに合う可能性があるので収入が不安定
  • ボーナスや退職金はたいていない

 

正社員ほどの拘束がない代わりに、突然クビになる可能性があり、安定性では劣ります。でも次の仕事も派遣会社を通して見つけやすく、割り切った働き方が出来ます。

在宅ワークで働く

次に、自宅で働く在宅ワークのメリットとデメリットを挙げていきますね。

在宅ワークで働くメリット

  • 自宅で仕事をできるので、子供と一緒にいられる
  • 仕事によっては収入に上限がないほど稼げる

在宅ワークで働くデメリット

  • 仕事によっては収入が安定しない
  • 子供を見ながらだと、仕事がはかどらないことがある

 

参考:母子家庭の収入と生活費シュミレーション!シングルマザーが年収500万円目指せる仕事とは

在宅で働くという選択はシングルマザーにおすすめ

在宅型テレワーカーは、2020年には全労働者の10%以上にすると安倍政権が宣言していて、国としても、推進している働き方。

 

会社に属して在宅勤務をするテレワーカーと、自営業として、自宅で開業し仕事をする在宅ワーカーがいます。

 

まだまだ一般的な働き方ではないですが、これからシングルマザーになり、仕事と子育てを両立しようとするあなたには、おすすめな働き方です。

 

収入が安定するまでは、パートと掛け持ちして、この仕事でやっていけると思った時点で、在宅ワークだけにシフトするのが良いでしょう。

 

参考:シングルマザーの収入は年収400万円欲しい理由!生活費はどのくらい?

まとめ

専業主婦が全くのゼロから仕事を探して、収入を得るのは大変なことです。

 

仕事を決めるにあたり、子供を育てながら仕事をすると覚悟を決めて、離婚後の生活費がいくらかかるのか、国からの手当はどのくらい貰えるのかを確認すること。

 

子供が小さいうちは、特に在宅ワークで働くことはかなりおすすめ。

 

離婚前から、自宅で始めて収入を安定させれば、その後の生活でお金に困ることはなくなるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.