fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

専業主婦が離婚されたらどうする?離婚後仕事が見つからないなら資格を取ろう

 
  2019/01/25
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

専業主婦が離婚されたらどうするか?毎日些細なことで夫婦喧嘩が絶えず、ある日旦那さんから離婚を切り出されたら・・あなたはどうしますか?

 

価値観のすれ違いを感じていて、あなた自身、離婚をしない理由がないという状況ならば、そのまま一緒に生きていくのはお互いのためにも子供のためにもよくありません。

 

そうなると、子供と生活していくために、仕事を見つけて自立しなくてはいけませんよね。

 

今回は、専業主婦が離婚されたらどうしたらよいのか?離婚するための準備として、仕事の探し方と仕事をするのに有利な資格について、お話しします。

 

参考:専業主婦の離婚前の仕事探し!シングルマザーになるための仕事の探し方

専業主婦が離婚されたとしても大丈夫なようにやっておくべきこと

専業主婦のあなたが、旦那さんに離婚されたとして、まず考えなくてはいけないのがお金のこと。

 

専業主婦でいたということは、今までは、旦那さんの収入に頼って生活していたということですよね。

 

もし、離婚をしたら、子供を引き取って、あなたが仕事をして、お金を稼がなくてはいけません。

 

考えるべきお金のことには、離婚後の生活費、②もらえる手当などのお金、③夫から貰える養育費の3つ。

 

これらを踏まえて、仕事をしてどれだけお金を稼がなくてはいけないかを考えましょう。

 

→【無料プレゼントキャンペーン】ネット副業ガイドと毎月3万円ネットビジネスで稼げるマニュアルをプレゼント

 

参考:シングルマザーの仕事とお金の不安!離婚前に確認しておきたい3つのこと

専業主婦が就職するのは難しい?

専業主婦が、離婚をして、子供と生活していくために、仕事をしたいと思っても、それまで数年間社会から遠ざかっていたあなたが、就職して正社員になろうと思うと、結構ハードルが高くなります。

 

子供との生活のためにはお金が必要と思っても、就職できないとお金が稼げませんよね。

 

パートなら、すぐに採用してもらえる可能性が高いですが、収入の安定性が少し不安というあなたには、資格を取って、就職に活かすのも良いでしょう。

 

参考:専業主婦が離婚後生活保護にならないために!離婚後の生活と仕事探し

専業主婦は資格を取れば仕事につきやすい

専業主婦が再就職をするのは、難しいという話はしばしば聞きますが、資格を持っていると、今まで経験を持っていない専業主婦でも、収入の安定した仕事に就きやすくなる場合があります。

 

そんな資格を取るのに、離婚してひとり親になると、優遇される制度があるので、もし離婚後に該当するときは、利用できます。

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の収入平均と年収400万円欲しい理由!

自立支援教育訓練給付金

厚生労働省が提供している、「自立支援教育訓練給付金」という事業があり、ひとり親家庭で、対象の教育訓練(資格取得のための講座を受けること)が修了したら、資格取得にかかった経費の60%(12000円より高いもので、20万円を上限)が後から支給されます。

 

資格を取れば、必ず仕事が出来るわけではないですが、離婚後に持っておくと、大きな力になるのは確かです。

 

おすすめな資格には、「CAD利用技術者試験」「WEBクリエイター能力認定試験」「Illustrayorクリエイター能力認定試験」「Webデザイナー検定」「建築CAD検定」など、様々な資格試験が対象になっているものがたくさんあります。

 

詳しくは厚生労働省のホームページにも掲載されています。

高等職業訓練促進給付金等事業

厚生労働省が提供している制度に、資格を取るための学校に行く期間の生活費の助成金として「高等職業訓練促進給付金」と、取得後に入学時の負担を配慮した「高等職業訓練修了支援給付金」というものがあります。

 

この制度も、20歳未満の子供がいる、経済的に困ったひとり親、かつ経済的に困難と認められる所得(児童扶養手当を受け取っているなど)であるなどの条件がありますが、対象になると、住民税非課税世帯ては毎月10万円を上限にお金をもらえる高等職業訓練促進給付金がもらえます。(住民税課税世帯なら70500円が受け取れます。)

 

また、高等職業訓練修了支援給付金としては、住民税非課税世帯では50000円、課税世帯では、25000円が支給されます。

 

対象となる資格は、看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士など、就職の際に有利になるものであり、かつ養成機関で1年以上のカリキュラムを修業することが必要。

 

看護師、介護福祉士は需要が多く、収入の安定性という点では持っておくと有利になることは間違いありません。

 

参考:専業主婦の離婚前の仕事探し!シングルマザーになるための仕事の探し方

仕事を始めて生活に必要なお金を稼ぎましょう

資格を取って仕事をするのも必要ですが、離婚前には先に挙げた制度は使えません。

 

でも、就職に有利になるのは確実なので、助成金はもらえませんが、離婚前に資格を取るのもいいでしょう。

 

あるいは、離婚前に仕事を始めて生活を安定させる準備をするのに、私がおすすめするのは、在宅ワーク。

 

在宅ワークなら、就職をする必要もありませんし、お子さんが小さくても、家で一緒に過ごしながら、今のライフスタイルを保ったまま仕事が出来ます。

 

そして、在宅ワークでも生活できるくらい、お金を大きく稼げるのがネットビジネス。

 

本気で取り組み、正しい方法で努力をすれば、半年~一年以内には、離婚をしてお子さんと生活できるくらい稼いで、生活の基盤を作ることが出来ます。

 

離婚をしたら、お子さんとの生活に、最低限どのくらい必要なのか計算し、どのくらい収入があれば、安心なのかを把握しましょう。

 

資格を取って、就職先を探すのか、在宅で気分で仕事を始めるのか、時間がかからないのは圧倒的に在宅ワークですが、あなた自身の望むライフスタイルを考慮して検討してみてください。

 まとめ

離婚後は、お金はもちろん大切ですが、離婚後のあなたとお子さんの幸せには、精神的なゆとりやそれが維持できる環境が大切です。

 

子供を一人で育てていくことは、簡単なことではありません。

  • 将来再婚をしなくても、子供が巣立って行ってからも一人で大丈夫
  • 世間から偏見の目で見られることを恐れない
  • 本当に今の旦那さんとの関係に未練がないのか
  • 親や友人など、親身に相談できる人がいる

 

など、もう一度、今ある環境と、離婚をしてからの新しい人生を考えて、離婚をしても、辛くて寂しくて、と離婚を後悔しないか、よく考えましょう。

 

そして、やはり離婚をした方が幸せになれると決めたのなら、いくら経済的に自立をしていても、人は一人では生きていけませんよね。

 

いざとなったら、心の支えになってくれる、友人、親にときには支えてもらう環境で、新しい生活を始める準備を始めましょう。

 

ネットビジネスに興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

参考:シングルマザーの仕事とお金の不安!離婚前に確認しておきたい3つのこと

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.