fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

専業主婦が離婚されそうなら!30代40代の専業主婦でも離婚後して仕事に困らない

 
  2018/12/14
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

ある日急に旦那さんから離婚したいと言われたら、専業主婦のあなたが離婚されそうになったら、どうしたら良いのでしょうか。

 

今まで特に大きな喧嘩もすれ違いもなく、子供を育てながら、平凡だけど幸せに生活していたと思っていたのに、ショックでどうしたら良いか途方に暮れてしまうことでしょう。

 

何とか旦那さんにもう一度、振り向いてもらえないか、考えるのも悲しくて辛いですよね。

 

相手が離婚したい原因を知り、もう一度考え直してもらえないかを探ってみましょう。と同時に、もし旦那さんの気持ちが変わらず、離婚されても生活が出来るように、新しい生活に向けての準備もしておくべきです。

 

今回は、専業主婦が離婚されたときに、その先の人生を強く自立して生きて行けるための、仕事と生活基盤の作り方について、お話していきます。

 

参考:40代専業主婦の離婚後の仕事は?子供なし子供あり?離婚後の生活に向けた再就職の心得

専業主婦が離婚されそうなときに取るべき行動

専業主婦が離婚されそうなときに取るべき行動についてお話しします。

 

専業主婦のあなたに、突然降りかかった離婚という現実。

 

法律的には、あなたが特別な法定事由に該当しない行動や状況であれば、(不貞行為、悪意の遺棄、三年間の生死不明、そして強度の精神病で回復の見込みがない事由、婚姻を継続しがたい重大な事由のこと)離婚に応じる義務はありません。

 

まずは、旦那さんから一方的に離婚届を出されないように、役所で「離婚届不受理申出」をしたうえで、話し合いをしましょう。

 

※離婚届を一方的に提出することは、法的に「文書偽造」で犯罪行為になりますが、証明することが難しく、調停を起こし、取り下げをさせるための手続きがひつようとなります。時間も労力もかなりかかるので、予め防御策として不受理申出を出しておくべきです。

 

無料でお金を稼げる方法が学べる!】ネット副業ガイド+ネットビジネスで最速で3万稼ぐマニュアルプレゼント!!

参考:専業主婦が離婚後の生活を考えたら!生活費とリスクを知り仕事をしてお金を稼ごう

専業主婦が離婚に応じたくない理由

専業主婦が離婚に応じたくない理由は、旦那さんはあなたと離婚したいと思っていても、あなたは旦那さんに好意を抱いているからでしょう。

 

あるいは、子供もいるから、安易に離婚に応じるのはいけないと思っているとか、離婚をしてからの生活費、お金の不安があって、すぐには応じられないという理由からでしょう。

 

でも、あなたが努力をしても、旦那さんの気持ちを変えられるかはわかりません。

 

まずは、このまま離婚になっても対応できるように、お子さんとの生活を考えて、仕事を探しましょう。

 

参考:専業主婦が離婚したいとき。離婚前に考えておきたい生活費と貧困リスク

30代40代の専業主婦が仕事を見つけやすい仕事とは?

最近は、主婦を対象とした求人も増えて来ていますが、一般的には、専業主婦が正社員として、再就職をするのは、まだまだ簡単とは言えません。

 

そこで、安定した収入を得て、離婚をしてもお金に困らないためには、

  • 同年代の女性が働いている職場で、パートから始めて、将来的に正社員を目指す
  • 同年代の活躍している、仕事に就くのに有利な資格を取るために勉強する
  • 在宅ワークで仕事を始めて、独立起業を目指す

 

こういう選択肢があるでしょう。

 

離婚してから、働き始めるのでは、貯金を崩しながらの生活となり、子供を連れて生きていくには、あまりにリスクが大きすぎます。

 

離婚を切り出されたら、もう一度やり直してもらえないか、努力をしながら、収入源を作る行動を始めましょう。

 

パートをしながら在宅ワークもするなど、収入源は多いほど良いです。

 

参考:専業主婦が離婚されたらどうする?離婚後仕事が見つからないなら資格を取ろう

仕事に就くために国の政策を有効活用する

始めから主婦が正社員になるのは、簡単なことではないですが、2014年から、安倍内閣が打ち出した、「インターシップ」という制度を使って、仕事に就くという方法もあります。

 

インターシップと聞くと、学生の試用期間というイメージがありますが、ブランクを埋めるために実習生として、仕事をするという主婦も対象とした、制度になっています。

 

長いブランクがあると、新しく仕事をするのも不安で、なかなか踏み出せませんが、この制度を使うと、社会に出る足慣らしが出来て、自信を取り戻すことが出来るでしょう。

 

期間中は日給5000円から7000円の支援を受けられるので、お金をもらいながら、スムーズに社会復帰できるので、有効活用しましょう。

 

応募条件は、過去に同じ会社で2年以上正社員経験があることですので、それだけ満たしているのなら、申し込んでみるのもいいですね。

 

参考:専業主婦が離婚後生活保護にならないために!離婚後の生活と仕事探し

まとめ

専業主婦のあなたが急に離婚されそうになったら、誰にでも起こる可能性があることですが、人の気持ちを変えるのは、簡単なことではありません。

 

現実を受け入れて、前向きに行動しましょう。

 

年齢を悲観して、途方に暮れても何も変わりません。新しい環境で自分を磨くチャンスだと思い、この先の人生を充実してもっと幸せになれたと思えるように頑張ってください。

 

参考:シングルマザーの仕事とお金の不安!離婚前に確認しておきたい3つのこと

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.