fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

専業主婦も働きたい!仕事復帰したい子育て主婦が選べるの3つの働き方

 
  2019/03/17
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

出産後、ずっと専業主婦だったけど、社会でもう一度働きたいというママさんはたくさんいます。

 

その理由には、お金を稼ぎたいということはもちろん、社会にもう一度参加したい、子育ても頑張りたいけど、仕事も生きがいにする人生を送りたいという思いもあります。

 

結婚したら専業主婦になるのが当たり前だった、一昔前と打って変わり、今は、共働きが当たり前な時代。

 

妊娠、出産を経ても、自分の生きがいを社会にも見出すために、仕事を持つというのは素晴らしいことです。

 

今回は、子育てをしながらお金を稼ぎたい、子育てをしているだけでは物足りない、社会に参加したい、子育てにかかるお金を自分でも稼ぎたいというあなたのために、専業主婦から働きたいと思った際にどんな働き方があるのか?

 

選べる働き方とそれぞれのメリットデメリットをご紹介します。

 

仕事を決める際の参考にしていただけると嬉しいです。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

専業主婦が働きたいなら正社員がおすすめ?

専業主婦が「働きたい」と再び社会に復帰するなら、どんな働き方が良いのでしょうか。

 

厚生労働省の調査によると、子供が生後半年で働くお母さんは全体の約36%、1歳で働くお母さんは約42%。

 

さらに、子供が2歳で仕事をしている母親は全体の約半数で、年々増加傾向にあります。

 

子供が2歳になると、言葉も理解できて、かなり手が離れたなという時期。

 

そんな時期に仕事をしたいと思い始めるお母さんも多いよう。

 

ちなみに、働くお母さんの中で、正社員で働くお母さんが約23%、パートやアルバイトが約17%となっていて、産休後に復帰しているお母さんの方が新しく仕事を始めたお母さんより少し多いということがわかります。

 

あれ?残りの6割は何をしているの?と思いますよね。残りのワーキングマザーは何をしているのか?

 

それは、在宅で仕事をしているお母さん。

 

では、専業主婦から社会復帰するのに、それぞれの働き方がどう違うのか、実際に働いているお母さんたちの声をもとに、あなたが働き方を選ぶ際に参考になる話をしていきますね。

 

【期間限定】お金を稼ぐためだけの毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルなど7特典をプレゼント↓

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事11選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

専業主婦が働きたいとき、正社員として働くとどうなる?

専業主婦が働きたいとき、正社員として社会復帰するのは、結構難しいというのが実際のところ。

 

お金のことを考えると、正社員で働くのがもっとも、メリットがありますが、やはりブランクがある主婦をいきなり正社員として採用してくれる職場は多くありません。

 

看護師や保育士など、資格と経験があれば、就職するのが簡単な仕事もありますが、何の経験もなくて、就職に困っているなら、パートや派遣から始めて、将来的に正社員を目指すつもりで始めるというのもおすすめです。

 

正社員で働くと、家にいられる時間が限られてくるので、旦那さんと協力しながら家事と育児をすることになるでしょう。

 

時間のかかる掃除や家事は、週末にまとめてやるなど、限られた時間を工夫して使っている家庭が多いようです。

 

参考:副業おすすめ8選!お金が欲しい主婦、お金がない主婦でも安全に稼げる副業ランキング

専業主婦が働きたいとき、パートで働くとどうなる?

専業主婦が働きたいと思って、社会復帰をするなら、パートや派遣で数時間ずつをシフトで働いていくことがもっとも多いでしょう。

 

子供のお迎えが遅くなりすぎないように、働き方を調整できますし、同じ子持ちの主婦が多い職場であれば、急な子供の発熱などにも、理解があって、仕事を抜けなくてはいけないときにもさほど肩身の狭い思いをしなくて済むはず。

 

家計の足しになるお金を稼ぐということで、旦那さんも家事と育児に少しは協力的になってくれるようです。

 

専業主婦であってほしいと望む旦那さんも中にはいるので、夫婦で予め、「なぜ働きたいの」を話し、協力して家事、育児をしていくなど、夫婦で共通の目標を持てたらいいですね。

 

参考:主婦の副業!安全に稼げる6選!本当に儲かる安全な仕事ランキング

専業主婦が働きたいとき、在宅で働くとどうなる?

専業主婦が働きたいと思い、在宅で仕事を始めた場合、保育園を使わなければ、ライフスタイルは今までの通り、ずっと家にいることができます。

 

保育園の待機児童問題で、働きたいのに働けないお母さんにとって、在宅で仕事が出来るのは物凄く有難い事ですよね。

 

在宅勤務だと、家事や育児は仕事場と同じ空間で出来るので、仕事の合間に少しやる事もできますし、旦那さんと相談して分担してやるのもいいでしょう。

 

在宅勤務で働くメリットは、

  • 通勤しなくて良い
  • 保育園に子どもが入れなくても仕事ができる
  • 妊娠中、子育て中でもすぐに働ける
  • 就職活動をしなくて良い
  • 24時間365日いつ仕事をしても良い

 

などがあり、子供がいたり、妊娠中でも、子供や自分の都合や体調に合わせて働き方を変えられるのは、大きなメリット。

 

私自身、子供が2歳の時に、保育園に入れずに、在宅ワークを始めました。

 

一日中子供を見ながら仕事をするのは大変なこともありますが、朝から保育園に見送って、通勤をして、、と一日中時間に追われて家事も育児もする生活を送るより、自分にはあっていたと思っています。

 

子供の成長を密に感じながら過ごせるのは、母親としてとても幸せなことです。

 

参考:お金がない主婦の悩み解決!お金が欲しい専業主婦が出来る7つのこと

専業主婦が働きたいと思い選んだ仕事

では、専業主婦が今から働きたいと思って実際にどんな仕事を選んだのか、多いものをご紹介します。

 

参考:本当にお金がない主婦がお金を稼ぐ!専業主婦でも稼げるたった一つの選択はネット副業

事務や経理などのオフィス系の仕事

仕事を辞める前にやっていた仕事はなじみがあるのでやりやすいという理由から、事務系の仕事を選ぶ専業主婦もいます。

 

自宅から近く、派遣として事務職を選んだ、子持ちの方が多い職場で働きやすかった。

 

業務が決まっていて、残業がないので、時間を区切って働けるのが魅力的だったなどの声がありました。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぐには?自宅で主婦が副業して収入10万15万30万稼げる仕事

サービス業

サービス系の仕事をする主婦も多いです。

 

シフト制のパートとして、スーパーや薬局のレジ係や、飲食店のホールスタッフなど、働きたい時間や曜日によって希望通りに区切って働けるのがメリット。

 

また自宅から近い距離にあり、通勤の便が良い、子どものお迎えにスムーズに行けるなどという職場も見つかりやすいのがメリットです。

 

同じように、子育て中の主婦が多く、子供が熱を出したり、行事のときなど、お互いのフォローしあえるという働きやすさもあります。

 

参考:大金欲しいなら読むべき!お金が欲しい主婦の副業におすすめな3つの方法

介護の仕事

介護系の仕事は求人も多く、人と関わる仕事が好きだという主婦の方には人気の仕事。

 

未経験でも資格があると出来る職場も多いので、子育て中に資格を取ったり、仕事をしながら資格を取ることも可能です。

 

年数を重ねると介護福祉士やケアマネージャーなどの資格の試験を受ける資格が出来るので、将来的には、現場だけではなく、事務系の仕事にキャリアアップをすることも出来ます。

 

参考:子育てしながら家でできる仕事7選!主婦に内職より在宅ワークをすすめる理由

在宅ワーク

在宅ワークをする主婦の方も最近は増えています。

 

近くに実家がない、保育園に子どもを預けられないなどという理由で、外で働けないという専業主婦にとって、お金を家で稼ぐ仕事が出来れば、子育てをしながら家計を助けることができます。

 

クラウドソーシングという、ネット上で仕事を探して引き受ける働き方が主婦にとても人気ですが、私のように、自宅でネットビジネスを自分でしてお金を稼ぐという選択肢もあります。

 

あるいは、自宅で資格を取って、ベビーマッサージやヨガの教室を開いてビジネスをしている主婦もいます。

 

好きなことを仕事に出来るので楽しいですし、楽しみながらお金を稼ぎ、生きがいとして働ける生き方ができるでしょう。

 

参考:赤ちゃんがいてもできる仕事5選!子持ち主婦におすすめ!乳児がいてもOKな在宅ワーク

専業主婦が働きたいと思ったらこんな工夫が必要

専業主婦が働きたいと思ったら、周りの協力は不可欠です。

 

働くためにどんな工夫が必要かをお伝えします。

 

参考:家でできる仕事と有利な資格11選!本業になる主婦の副業!在宅ワークにおすすめの資格

家事を分担してもらう

まず仕事を始めると、今の専業主婦のライフスタイルとは違って、家事や子育てに割ける時間が減ってしまいます。

 

外で仕事をする場合には、子どもを保育園に預けてから仕事に行くことになるので、旦那さんにも場合によっては送り迎えをお願いしたり、家事を分担するように、相談するべきです。

 

全て一人でこなそうとするのは、あなたの負担が多くなりすぎてしまうので、おすすめできません。

 

旦那さんが朝早くから夜遅くまで仕事で手を借りるのが難しいという場合には、実家の手を借りたり地域のサポートサービスを活用するのも手です。

 

休日におかずを作り置きしたり、お掃除ロボットを使う、洗濯は毎日しないなど、100%を目指さないようにしましょう。

 

参考:主婦がパートで働く自信がない!専業主婦の悩み3つ!ブランクが不安でも勇気を持とう

家族に理解して手を借りる

そして、旦那さんやご実家の理解と協力を得るために、話し合い、コミュニケーションは大切です。

 

働くことを良く思っていない旦那さんであれば、仕事をすることで、子どもの教育費が負担できる、もっと家族でレジャーを楽しめるなどの金銭的なメリットや、

 

仕事をして自分の人生も楽しみたいというあなたの希望を伝えるなど、夫婦で話し合いをしましょう。

 

家事が若干手が回らなくなってしまうことは仕方ないと思ってもらえるように、あるいは、ご実家の両親の手を借りられる場合には、子どもの送り迎えを頼むこともある、と伝えて協力を頼むのもいいでしょう。

 

参考:主婦の副業!お金がないストレスを消すためにやりくりしない4つの方法

まとめ

専業主婦になるのが女性の憧れと言われた時代は終わりつつあります。

 

専業主婦が働きたいと思う理由は人それぞれ。でも、お金だけが目的ではなく、働くこと自体を楽しいと感じているワーキングマザーはこれから先増えていくでしょう。

 

お金だけで満たされるのではなく、心も満たされることが生きている幸せですからね。

 

働きながら子育てを頑張るお母さんたちは、みな子育ても家事も仕事もバランスよく、旦那さんの協力を支えにこなしたいと考えています。

 

忙しい中で、子供と関わる時間を諦めて、仕事を優先させる人生もありますし、子供と仕事のバランスをとっていきたいという生き方もあるでしょう。

 

働く大変さも家族で一緒に乗り越えながら、お母さんである、あなた自身が毎日楽しみながら仕事も育児も頑張れたら良いですね。^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.