もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

小一の壁で退職して転職?パートにする?考えるべきたった一つのこと

 
  2018/10/23
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

小一の壁で仕事を退職するお母さんがたくさんいるのは、今の日本社会でも問題になっていること。

 

子供が6歳になり、来年から小学校に入学するけど、今まで続けてきた仕事を辞めようか、働き方でなやむワーキングマザーは少なくありません。

 

  • 帰ってきたときに、家で「おかえり」と言ってあげたいけど、経済的に仕事を辞めるのは難しい。
  • 今仕事を辞めたら、もう正社員では働けないかもしれない。

など、あなたも自分の希望と現実の葛藤で悩んでいませんか?

 

あなたが今どうしたいのか、悩みを解決できる方法はないのか、ワーキングマザーがぶつかる小一の壁の問題について、今回はお話していきます。

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

小一の壁で退職するべきかワーキングマザーが悩む原因

小一の壁とは、子供が小学校入学のタイミングで、ワーキングマザーが今までの働き方を変えるべきか悩むこと。

 

なぜ小学校入学のタイミングで悩むことになるのか、その原因を挙げて行きます。

 

参考:子供が小学生になってもフルタイムで仕事する?小一の壁で考えるべき2つのこと

学童の預かり時間が保育園よりも短い

フルタイムで働いていたワーキングマザーは、子供が6歳になるまでは、保育園に子どもを預けているので、18時~20時くらいまででも子供を預かってもらえました。

 

でも、小学生になると、放課後に学童保育はありますが、一番遅くても17時までというのが一般的。

 

これでは、フルタイムで17時もしくは18時までの仕事をしているワーママは子供の帰りまでに家に帰ってこられないというわけ。

 

さらに、祝日など、学校が休みの日には、学童保育もお休みなので、仕事があっても子供を預かってもらえないという問題があります。

 

それでも、フルタイムで働いているお母さんは、実家に預けていたり、お金を払ってファミリーサポートなどのサービスを利用しています。

 

あるいは、頼れる実家がないなど、やむなく自宅に一時間程度一人で待っているように伝えて、鍵っ子にさせている家庭もあります。

 

小学生といってもまだまだ幼い子供を一人、あるいは姉弟だけにさせるのは不安という思いで仕事を辞めるワーママがいるのもわかりますよね。

 

参考:小一の壁と小学生の夏休みの預け先は?朝と留守番問題を解決する上手い方法

朝出勤時間が早いという問題

毎朝、仕事に行くために出かける時間が、子供が家を出て学校に行くよりも少し早いという場合。

 

子供を残して先に家を出なくてはいけなくなります。小さな子どもを残して出勤するのは、不安に感じますよね。

 

この朝問題で悩んでいるワーキングマザーもたくさんいます。

 

参考:小一の壁!パートか退職か?小学校入学で悩む共働きママの転職の考え方

夏休み問題

小学校に夏休み期間中は学童はあるのですが、給食がないので、毎日お弁当を持参しなくてはいけないことで、お母さんの負担が増えるという悩みがあります。

 

また、夏休みは子供たちに旅行に行ったり、長期休暇でしか出来ない体験をさせてあげたいと思うもの。

 

専業主婦やパートのお母さんの家庭の子どもよりも、楽しい経験をさせてあげられないのは可哀そうに感じて悩むワーママもいるのです。

 

参考:正社員からパートになり後悔しない?退職理由と辞める前に考えるべき2つのこと

子供が病気のとき

小学生になると、子供が病気の時に看護休暇を取れたり、時短制度を利用することは出来ません。

 

インフルエンザが流行して、学校が閉鎖になると、学童も閉鎖になってしまうので、有休を使って仕事を休んだり、有料の託児サービスを利用するしかなくなってしまうのです。

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

小学校の役員をしなくてはいけない

幼稚園でも役員はありますが、小学校の役員もしなくてはいけません。

 

役員の集まりが平日であることも多く、参観日に学校に行かなくては行けなかったり、朝から都賀黒で旗を持って当番をしなくてはいけなかったり、仕事をしているからと言って特別扱いはしてもらえないのが辛いところ。

 

ワーキングマザーにとって、職場と学校の板挟みになってしまい、悩むことです。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

ワーキングマザーが小一の壁で退職を選ぶ気持ち

小一の壁にぶつかり、実際に退職を選択したワーキングマザーは、どんな思いで退職に踏み切ったのでしょうか。

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

おかえりを言ってあげたい

子供が帰ってきて、家にお母さんがいないのがやっぱり可哀そう。

 

帰ってきたときに「おかえり」と迎えてあげたいという思いで、仕事を辞めるワーママが一番多いよう。

 

小さい子供を鍵っ子にさせるのは、不安ですし、「子供が小さいうちは一緒にいる時間を大切にしたい。」「成長をしっかり見守りたい。」と考えるのは、同じ子供を持つ者としてよくわかります。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事7選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

子供の勉強をしっかり見てあげたい

子供に習い事をさせたり、宿題をしっかり見てあげたいという思いで退職するワーキングマザーも多くいます。

 

専業主婦家庭に比べると、どうしても子供の勉強を見る時間が取れなくなってしまうのは仕方がないこと。

 

もちろん、共働きだから子供の学力が低下するということはありませんし、共働きの方が子供が勤勉で学歴が上がるというデータもあります。

 

親が幼少期から、子供に勉強をすることを楽しいと感じさせる教育が出来ているかどうか、親自身が常に学ぶ姿勢を子供に見せているか、が子供の将来に影響を与えているのでしょう。

 

参考:【共働きと専業主婦家庭】子供の学力・性格に違いや悪影響はあるの?

役員が負担になる、物理的に難しい

学校行事や小学校の役員をするのに、仕事を続けて行くのは難しいという理由で、退職を選択するワーキングマザーもいます。

 

仕事と家事、育児だけでも大変なのに、不定期で役員会などに顔を出し、その仕事も加わると、キャパシティオーバーになると思いますよね。

 

参考:子育てしながら主婦が家でできる仕事6選!資格なしでできる内職と主婦の在宅ワーク

お金の問題で辞められないワーキングマザーもたくさんいる

色んな思いがあって、退職出来たらいいのに、経済的な問題があるから辞められないというワーキングマザーもたくさんいます。

 

これから子供を育てるのにお金が必要なのは変わりませんし、マイホームも買いたいし、老後のお金もいくらあっても不安。

 

お金のためには、正社員として、今の仕事を続けるのが圧倒的にメリットがある。

 

そう思って仕事は辞めずに続けて頑張っているお母さんはたくさんいるのです。

 

参考:共働きの子供への影響は?愛情不足で不安定になるから本当にかわいそうなのか

小一の壁で退職してほかの働き方も検討すべき

小一の壁で退職を考えても、「正社員として今まで築いてきたキャリアを手放すのはもったいない。」「一度退職したら、また正社員として就職できるのか不安。」

 

こんな思いで退職を踏みとどまっているワーキングマザーのあなたに考えて欲しいのが、今の仕事を辞めて、転職するか、パートや在宅ワークに切り替えるという選択。

 

パートや在宅ワークで働けば、子供を家で迎えてあげることも出来ますし、自分で働く時間や仕事の量も調整できます。

 

でも、退職金が将来もらえなくなるというデメリットを考えると、踏みとどまるのも当然。

 

家から近い職場に正社員で転職できれば、それがベストかもしれませんし、パートに切り替えて、週に3,4日だけ短時間で働くスタイルにすれば、かなり負担は減るでしょう。

 

また、在宅ワークにすれば、仕事の時間も量もあなたが全て自由に決められますし、子供が病気になってもいつでも迎えに行けます。

 

キャリアを続けるのか、諦めて子供との時間を取るのか、家計の状況も考えながら、旦那さんと相談して決められたらいいですね。

 

参考:家でできる仕事を本業に!主婦が在宅ワークで高収入を狙える5つの仕事

まとめ

小一の壁に対して、どんな答えを出すかは人それぞれ。

 

答えはないので難しい問題でもありますが、あなたとお子さんにとって、ベストだと思う選択をするべきでしょう。

 

まわりからの「こうしたほうがいいよ。」という善意のアドバイスをもらったとしても、あなた自身が納得していなければ、聞くべきではありません。

 

あなた自身が納得して自分で決めた選択であれば、その後の人生でも後悔はないでしょう。

 

実際私は在宅ワークで本業をしていますが、子供と過ごしながら仕事が出来るので、病気の時もすぐに迎えに行けますし、お金が欲しいだけ稼げるのなら、在宅ワークが一番良いのでは、と思っています。

 

でも、外で働くことでしか得られない刺激や経験もありますし、人との出会いも大切にしたいというワーキングマザーもいるでしょう。

 

お金と子供との時間、自分のキャリア。すべてを考えながら、これからの生き方、働き方を決めましょう。^^

 

参考:主婦が仕事で20万円稼ぐ!パートと資格を活かす在宅ワークの2つの稼ぎ方

参考:主婦の副業で専業主婦も稼ぐべき2つの理由!自宅で安全に在宅ワークで稼ぐための秘訣

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.