もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】毎月あと20万稼げたら・・というあなたへ。自宅で安全確実に稼げるようになる方法をお伝えします。

稼ぐ才能は生まれつき?大人になっても地頭を良くする方法とは?

 
  2019/04/26
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

学生から社会人になると、余計勉強して良い点を取ることよりも、自分の頭で考える力が大切になります。

 

私は社会に出るまではずっと、「勉強さえしていれば良い大学に入れて、良い企業に入れて、一生安泰。」そう思って生きていたのですが、就職してみて初めて

 

「あれ、安定なんてそもそもないじゃない」

「これさえしておけば大丈夫なんてありえない」

と気付いたわけです。

 

さらに、自分がビジネスを始めたときに、どれだけいままで頭を使って生きてこなかったのかを思い知らされましたが、今どき起業して社長になっている中学生とか高校生もいますから、「どんな天才なんだろう・・」と思ってしまいます。

 

でも、先日とある教育専門家の方が書いた記事を読んで、子どもの本当の意味での学力=思考力は、環境によってだいぶ変わるということを知りました。

 

たしかに親が社長や起業家なら、社長であることが当たり前だと思って子供は育つでしょうし、親の背中を見て育つしかないので、子どもは良くも悪くも親の影響を受けるに決まっています。笑

 

なので、中学生や高校生で起業している子たちは、特別才能があるとも限らなくて、「起業するのが普通であるような環境にいただけじゃないの?」と思ったのです。

 

たぶん、両親や学校の先生や友達などの影響を受けて、「どうやったらビジネスが成り立つのか」、「どうしたら自分でお金を生み出せるのか」という、自分で稼げる力が自然と養われると、学生のうちから起業しようと思う子になるんでしょうね。

 

たとえば、「カエルは生まれたころはおたまじゃくしなんだよ」、と聞いて、「へぇ~そうなんだ」と思って覚えるだけで終わる子と、「なんで豚は生まれた時から豚なの?」と思う子では、思考力にかなり差があります。

 

でも、これはその子に原因があるのではなくて、育てる過程で親が「どんな声掛けをしてきたか」ということにも大きな原因があります。

 

親や関わる人の影響も受けて、「なんでだろう?」という疑問が湧くか湧かないかの違いが出来、これが本当の意味での学力の大きな差になるそうです。

 

それを知って、「ん?これは、どこかで聞いたことがある話だな。」と私が思ったのは、ネットビジネスをしていても、自分がやったことに対して「なんでこうなったのか?」を考えることが大事だと学んだからです。

 

つまり、子どもの学力もビジネスで稼ぐために必要な思考力も、本人の考え癖を変えればいいだけなので、生まれつき決まっているわけではなく後からいくらでも磨くことができるというわけ。

 

であれば、本当の意味での学力=地頭の良さも、ビジネスで稼げる力=思考力も、子供のうちは育った環境にだいぶ影響を受けますが、大人になってから、自分でいかようにも自分を開拓できることになりますよね。

 

 

私のメールマガジンもご覧ください。

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

子供にかけるべき魔法の声掛け

といっても、大人になってから思考を修正するのはそうそう簡単なことではありません。^^;

 

私もネットビジネスを知り、転売を始めた当初は、「言われるままにやってみたものの・・で?なんですか?」「結局そこから何が学べたのか・・?わかりません。」というくらい、自分で考えるということを理解できていなかったので、大分苦労しました、笑

 

今はそこから少しは進歩したと思っていますが、もともと思考力のある地頭の良い大人にするためには、子どものうちから親が

 

「なぜだろうね」

→原因を考える

 

「どうしたらいいかな?」

→問題解決する

 

「要するにどういうこと?」

→抽象的に落とし込む

 

「例えばどういうこと?」

→具体的なものに転化する

 

「なんのためだろうね」

→目的意識を持つ

 

「そもそもそれってどういうこと?」

→原点回帰する

 

「もし~だったらどうなるだろうね」

→仮説を考える

 

などといった、子ども自身に考えさせる声掛けをするのが大切なんだそう。

 

要するに、起こったことや既にあるものから学んで、次に活かすことができる力を養えばいいわけです。

 

たとえば、「自分らしく生きたい」と言っても、そもそも「どうなりたいからお金を稼ぐ必要があるのか?」に始まり、仕事をする意味とか生きる目的も、自分で考えて答えを見つけていかないとダメです。

 

なんとなく生きてなんとなくやっても思うように上手く行かなくて「やっぱり才能がないからだめだ~」となるのは当たり前ですし、せっかくの貴重な時間と労力を割くのに、中途半端だらけではもったいないですよね。

 

自分の人生を自分で作るために必要な思考力は、生まれつき備わっているものではなく、日々の思考の積み重ねで磨かれます。

 

たとえば、

 

話しに夢中になっていて電柱に顔をぶつけた

→なぜかといえば、前を見ていなかったから

→じゃあ次からは前を見て歩こう

→もう電柱にはぶつからないはず

→そういえば、電柱にぶつからない人はみな前を向いて歩いている。

 

こんな風に学習していけば昨日より電柱にぶつかりにくくなるので、進化していますよね。笑

 

こんな普段の生活から、無理やりにでも頭を使うように意識すれば、地頭が良い大人に生まれ変われます。

 

これが、何度電柱にぶつかっても理由を考えず、何度も何度も話ながら横を見て歩いていたら、また同じ過ちを繰り返して進歩がありません。笑

 

自分の頭を使うことで初めて今までの間違いに気づき、それまでは出来なかったことができるようになり、一生電柱にぶつかり続ける無限ループから抜け出せるようになります。

 

なので、常日頃から

「なぜ?」
「どうしたらいい?」
「要するになに?」
「たとえば?」
「なんのため?」
「そもそもなんだっけ?」
「もしかしてこういうことかな?」

 

こうした問いかけを自分ですることを習慣にすれば、今目の前にある選択肢以外にも、もっと良い選択肢が見つかるかもしれません。

 

こんな習慣を続けることで、ビジネスでも活かせる思考力がつきますし、今よりもっと自分が満足できる生き方を選べるようになるでしょう。

 

そして今回そんな話を聞いて、私も娘が自分で人生を作れる大人になれるように、日頃から頭を使わせることを意識しようと思いました。

 

大人になったあなたでも、今からいくらでもビジネスでも生きる上でも大切な思考力は磨けますし、お子さんがいるあなたは、お子さんが自分で考えて選択できる大人になれるように、ぜひ参考にされてみてくださいね。

 

私のメールマガジンもぜひご覧ください↓

→【収入0の専業主婦でも安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2019 All Rights Reserved.