LINE限定E-bookプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

プロフィール

はじめまして、megumiです。

私のブログをご覧いただきありがとうございます^^

 

私は現在、6歳の一人娘を育てながら自宅でパソコン一つで作業をし、今4期目となるひとり経営の法人を運営しながら、ママさん女性の客様に自分が好きなこと、得意なことを仕事にし、家にいながらビジネス収入を得る仕組みづくりのサポートをしています。

 

今は完全在宅で家族を養えるくらいの収入を得ていますが、今から約4年前までは何のスキルもない専業主婦でした。

 

そんな私がどうして今ビジネスをしているのか?お話させていただきます。

 

心からやりたいと思えることだから上手く行く。

 

かつて新卒で入った会社を3か月で辞めた私は、時給1000円のバイトを渡り歩いて迷走し、自分とこれまでの人生を見つめ直した先で楽しいと思える仕事に出会い、人生が変わりました。

 

そしてその後に妊娠を機に専業主婦になって3年後、家で子供を育てながらお金を稼ぐためだけに始めたビジネスで、私はお金を稼ぐことは出来ました。

 

でも20代の頃、時給1000円で幸せを感じながらいきいき働けるようになれた自分が感じたように、「仕事が楽しい」「これでお金をもらっていいんだ」と思えるような仕事でないと長くは続けられないし、

 

心から自分が自分で満足できる仕事、働き方、生き方をしたいと思ったというか、思い出した過去があります。

 

今私が提供している完全在宅ひとりビジネスプログラムでは、そんな私がこれまで4年間、まさか自分が起業するなんて思いもしなかったところからいざ行動に移し、いろんな学びや経験を通してたどり着いたこと。

 

「自分が心からやりたい」と思える仕事をして必要なだけお金を稼ぎ、自分も家族も幸せにできて、自分が仕事を通して喜ばせられる人の力になれていると実感できることが自分の幸せ。

 

人生の目的は自分で自分の内面を成長させながら、自分の人生に納得できることだと思えるようになりました。

 

今の世の中で幸せを感じるためには、お金はもちろん大事ですが、今の自分とはまったく違う価値観で生きている家族や友達はもちろん、ビジネスを始めて自分が関わった人すべてに出会えたことで影響を受けて自分の考え方も行動はすべて変わってきました。

 

自分の考え方と行動(そしてそれに続く現実)を決めるのは確実に環境であって、日々多くの時間あなたが触れる情報です。

 

そして私は昔、会社を辞めて何をしても続かなかったつらいと思った時期も、崖っぷちと思って起業した経験も、すべて今の自分に繋がっていますし、すべてに意味があったと思っています。

 

日本ではカリキュラムがない学校はありませんが、海外にはカリキュラムのない学校もあり、自分で学びたいときに学ぶ自由を与えられた子供の方が実は学力が高くなるという話を聞いたことがあります。

 

つまり大人になっても、主体的に自分で自分がやるべき課題を見出して、自分の意思で行動した方が、モチベーションが上がり勉強でも仕事でも成果を上げられるということだと思います。

 

学ぶのが楽しい、働くのが楽しいという気持ちが持てると、何をしても幸せを感じるのだと私自身、これまでの体験をもとに感じました。

 

諦めて押し殺している自分の”やる気”に気づく

 

なので、多くの人の意見をもとに自分がやったほうがいいか?を軸にするよりも、自分がやりたい!を軸に行動を起こすことが、主体的でモチベーション高く人生を過ごせるコツだと信じています。

 

私自身は周りに起業家がいない環境の中で、当時の自分の人生の願いを叶えるため(お金と子供との時間を手にするため)にはビジネス一択だと思い、これまでに800万もの投資と4年間を自分の明るい未来に投じて今提供しているプログラムを作るに至りました。

 

別に自分のようにすべてのママさん、女性が起業すれば幸せになれるとは思っていませんが、一つの選択肢として、自分が心から叶えたい理想のライフスタイルのためには今よりもお金と時間が要るんだ、という方にはお役に立てるものだと思います。

 

そして、会社員が勤まらずに職を転々として苦悩の連続だった私にとって、決意一つで人生を変えられたと言っても過言ではないほど、ビジネスとの出会いは私のターニングポイントになりました。

 

「お金のためには今の仕事を辞めるわけにはいかない」「子どもがいる親である自分は我慢をして当然」「給料日、休日を楽しみに仕事を頑張ろう」と頭がよぎって苦痛や諦めを感じる毎日から

 

「あれもこれもやりたい」「仕事がしたい」「今私は本当に幸せだ」という想いが毎日内側から溢れてくる毎日にシフトしていただくために。

 

お客様の願望を理想で終わらせずにカタチにするために、私のこれまでの学びとこれからの学びをすべて出し惜しみなく集約して提供し、徹底的に寄り添いサポートすることでお客様を今思うゴールまで導けるようにこれからも活動を続けていくつもりです。

 

 

はるか昔(笑)から今に至るまでの話

 

幼いころの私はサラリーマンの父と専業主婦の母。

 

そして、二つ年上の兄がいる、まぁまぁ平凡で幸せな家庭で育ちました。

 

今思えばこの平凡で幸せだと思っていた家庭や育った環境の中で、

  • 女性は男性に守ってもらうもの
  • 一定の価値観の範疇で真面目に努力すれば評価される
  • 自分の心の声を押し殺してこそ一人前
  • お金を稼ぐには他人に勝たないといけないし、つらいこと

みたいないわゆる昭和的な価値観が当たり前に刷り込まれていました。笑

 

(疑うこともせず、完全思考停止状態だったな、と。)

 

 

もちろん親には幼いころからたくさん手間もお金もかけてもらい、笑。大切に育ててもらったので、私はお金の不安も孤独もほぼ感じずに子供時代を過ごしてきました。

 

普通に頑張って

普通に暮らしていれば

着実にお金が貯まって幸せな老後が送れる。

 

そんな風に思いながら、物心がついたころから反抗ひとつせず、素直に親の言葉に忠実に、中学高校、大学と勉強を続けて、ずっと自分なりに努力してきました。

 

良い会社に入って幸せになるために。

 

そしてあとはエスカレーター式に、と画に描いた人生を歩むはずが、まさかの展開になりました。

 

何のビジョンのないまま社会へ飛び出す

大学では理系の学部に進んだ私。でもまったく研究職につこうとは思えず。

(今思えば理系でそれなりの大学を出ておけばつぶしが効きそうだし、外面もいいし、みたいなどうしようもない理由でした・・笑)

 

そしてとりあえず大卒で就職しようと思い、受かった会社に事務職として就職しました。

 

「まず3年は頑張ってみよう。」

 

なんて思いながら社会人生活を始めてすぐ。入社して早々に、全然やりがいを感じないルーティンワークに人いは恵まれていたとはいえ刺激もない単調な毎日に、ざわざわっと心に違和感を感じました。

 

毎日同じ時間に
同じ職場に行き、
同じ人たちと
同じような仕事の繰り返し。

 

ファックスにパソコン入力
お茶くみに電話対応・・

 

周りの職場の人たちは

 

「そんなものだから」

 

と言っていましたが、どう考えてもここにいたくない。

 

「これは誰でも通る道なんだろうか。」

「我慢が足りないだけなのかな・・」

 

やると決めたことは諦めない私でしたが、

 

『こんな生活絶対に嫌だ。』

『3年なんて耐えられない。』

と心から思ったのです。

 

初めて自分の心に素直に生きてみた

おそらく初めて自分の心に従って人生を選んだのがこの時で、

 

入社してまさか3か月で(笑)見切りをつけて会社に退職届を出して仕事を辞めた私は実家の近くに戻り、一人暮らしをしながらバイトを2つ3つ掛け持ちして時給1000円のフリーター生活を始めました。

 

「もう何が正解だかわからない。」

「今まで頑張ってきた人生は何のためだったんだろう。」

 

自分がやりたいこともわからないまま毎日生活するためだけに、アルバイトとしてファミレスや定食屋、学習塾で毎日働きました。

 

20歳を超えて改めて自分の気持ちを洗い出してみると、別に会社に入りたかったわけではないけど、

 

良いと言われる会社に入って、安定した人より高めのお給料をもらうために自分は大学に行ったのかもしれない。

 

「今までの人生は、親や他人に順調な人生を歩いていると思われることが目的になっていた」

 

「親の価値観に従って自分の存在を認めて欲しかった。」

 

「そもそも私は自分がどんな人生を送りたいのかというものを考えてなかった。」

 

それまではずっと周りと同じ道を選択することが正解だと思っていて、それを疑うことなく自分の頭で考えてこなかった、ということに気付いた瞬間でした。

 

「人生仕切り直しだわ・・」

 

全てを失った気持ちで半ばやけくそになっていた私でしたが、その後たまたま求人を見つけた介護の仕事を始めました。

 

テレビやメディアの情報を見ていると、汚い・きつい・給料安いというイメージ(3Kというやつ)が介護の仕事でしたが、いざ始めてみたらとても刺激が多く、明るく仕事をとらえて働く人達との出会いもあって、私にとってはとても楽しい仕事となっていました。

 

 

「そんな仕事なんでしているの?」

「若いんだからもっと違う仕事もあるでしょう」

 

なんてお年寄りに言われることもありましたが、他人にどう思われても私は心から仕事が楽しいと感じられて、それまでとは一転していきいき過ごせるようになり、

 

生きる目的を見失い、どんよりした気持ちのまま、半ば投げやりになっていた私の世界が一気に明るくなったのを覚えています。

 

時給は1000円と決して高くはなかったですが、当時は一人で暮らすには十分で、お給料の金額はまったく気になりませんでした。

 

そして、ここで初めて私は「仕事が楽しいと思えたら人生が楽しくなる」と気付いたのです。

 

仕事が楽しいというのは、「楽」という意味ではなく大変でも楽しいと感じる要素があるということ。

 

私の場合、介護の仕事での楽しさは、直接人生経験豊富なお年寄りと関わり話をしながら学ぶものがあること。

 

そして、直接自分がしたことに対して「ありがとう」と言ってもらえることでした。

 

自分が誰かの役に立つというのは価値があることであり、それがお金を稼ぐということ。

 

そうしたやりがいがある仕事でお金がもらえるなんて最高じゃないと思ったわけです。

 

そのままずっとこの仕事をしていきたいと思っていたのですが、結婚してその後妊娠したことを機に

 

「出産後に子育てがひと段落したらまた働けば良いや。」

 

なんて呑気に思いながら、私は仕事を辞めました。

 

またまた計算違い・・からの逆転

専業主婦になってから出産し、贅沢はさほどできないけどささやかに暮らせば今は何不自由なく暮らしていましたが、

 

「この先もっと子育てにもお金がかかるし、就職してお金を稼ごう」

 

と思っていた私の身にもう一波乱が。

 

娘が一歳になったころから保育園を探し、そろそろ就職活動をしようとした矢先、近所の保育園は定員で、これから仕事を探す人はとても子供は預けられないということを知ります。( ゚Д゚)

 

「あ~・・どうしよう。」

 

予め調べもしていなかった自分が悪いのですが、もう子供がいるから身動きもとれず、途方に暮れた私。

 

「娘が幼稚園に入ってからパートをするというのもあるけど、あと2年もあるし・・。もう、自宅でお金を稼げる方法を探すしかない」と思い至り、

 

必死に稼ぐための情報を探す中で、まずは父親が昔からやっていた不動産投資が頭に浮かび、ひたすら本を読み漁り、不動産会社に片っ端から電話をかけて情報を聞いたり、不動産投資家さんにアポイントを取って直接話を聞きに行ったり、当時1歳の娘を連れて動き回りました、笑

 

そしてその甲斐あって、ついに収益物件を手に入れ法人を作って起業した私。

 

で・・?

 

と次に思ったのが、次の物件を買い増すのにまた自己資金が要るし、1年は時間をおかないといけないということ。

 

「おー結局短期的にキャッシュがいるじゃないか」と、笑

 

そこから不動産投資と共に候補に挙がっていた(自分の中で、笑)インターネットビジネスを真剣にやろうと動き始めました。

 

「超絶怪しいけど、もう背に腹は変えられない」

「失敗しないか怖いけど」

「在宅で稼げたら収入の柱と娘との時間、今の欲しいもの全てが手に入る」

「だからやっぱり怪しい・・」笑

 

そんなふうにグルグル頭の中で葛藤した私は自力で模索した後、崖から飛び降りる思いで身銭を切ってビジネスに取り組み始めました。笑

(詐欺にあったら、そん時はそん時。死ぬわけじゃああるまいし、と。笑)

 

そして真剣に取り組み始めて半年、1年経たずに、月に10万、20万、50万、100万と今まで稼いだことのない金額を稼ぎ出した私は、ネットビジネスは絶対に稼げる確かなものだと確信。

 

そして、一生懸命自分の時間を使い、ストレスを抱えながら働く会社員やパートと違い、自分がやろうと決めたことを自分がやった分だけお金になって返ってくるなんて最高な働き方だと思ったのです。

 

 

何でも実際にやってみないとわからない

 

ここまで突っ走ってきた私ですが、人生全般において、今までやったことがないことを食わず嫌いで避け続けるのは、自分の視野を広げたり、成長を促すチャンスを逃すこともけっこうあるのでは・・と御年30超えにして感じました、笑。

 

  • 怪しい
  • 胡散臭い
  • 詐欺

 

という、世間の多くの人が抱く悪いイメージとは違い、いざ飛び込んでみたら、ネットビジネスは自分が成長できて、努力すればするだけ跳ね返ってくるやりがい抜群の仕事でした。

 

 

そんな怪しげなことを・・と否定する人は必ずやったことがないか、やり切ったことがない人だと思います。

 

そもそも今の時代、ネットを使わずに商品やサービスを販売していない企業や個人事業主なんていないくらいですし、ネットで完結するといっても楽なわけではなくて一生懸命真剣にやらないと成果は出ないまっとうな稼ぎ方です。

 

食わず嫌いはいかん。自分で体験しないと実際のところはわからないもの。

 

ビジネスのビの字もしらなかった私が、急に起業してみようと思い立って動きまくった結果、笑。

 

「やろうか迷ったらまずはやってみる」のが、結果が思うように行ってもそうでなくても、結局自分のためになるし、人生の可能性がひろがると学びました

 

 

そして今の私は数年前の自分には想定外のことになっていて、笑。

 

今かつての自分と同じような境遇にあるママさんの希望になれればと思い、女性の精神的・経済的自立をお手伝いしています。

 

毎日基本的に家で仕事をしているので、娘が熱が出たらすぐに迎えに行くことも出来ますし、子供の行事や自分の都合に合わせていくらでも仕事を調整でき、

 

自宅でお金を稼ぎながら、娘との時間も取れるライフスタイルにとても満足しています。

 

これは数年前の自分が、思い切って飛び込んだから得られた現実なので、敷かれたレールから外れて一歩踏み出した自分に「よくやった」という思いです、笑

 

つきなみですが、ピンチはチャンス。

 

これからの長い人生、また何度ピンチが来るかわかりませんが、

 

全ての経験は自分の血肉になるから、楽しみながら乗り越えてしまおう」

 

「諦めなければ前進しかない」

 

という自分の軸を持てたのも、ネットビジネスを始めて得た大きなものです。

 

これからもビジネスや子育てを通して、常に学びながら新しいことに挑戦し、一人でも多くの女性、子育て中のお母さんが自分の力で稼ぎ、強く明るく前向きに、自分の人生を取り戻す手助けが出来たらと思っています。

 

人生を自分で創っていくために!

 

完全在宅で自分のビジネスを構築するための最新情報やこれまでに私がやってきたこと、ビジネスでも人生でも目標を達成するための実践法などなど・・

 

妊娠中、子育て中で、今の仕事、収入、ライフスタイルに、もやもや~・・っと不満を感じているワーママ・専業主婦・シングルマザーのあなたが心から仕事が楽しい、今が楽しいと思える人生を送るために役立つ情報や、ブログでは書いていない最新情報を日々お届けしています。

 

▼私のメールマガジンもぜひご覧ください▼

(7つの無料教材+動画講座をプレゼント中)

Copyright© 主婦のネット副業 , 2019 All Rights Reserved.