もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

妊娠したら仕事はいつまで働く?何カ月まで働けるか決める際に考える2つのこと

 
  2018/10/19
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

妊娠して、仕事をいつまで続けようか悩む妊婦さんも多いでしょう。

 

そのまま出産直前まで働きたいというあなたも、今すぐ本当は仕事を辞めたいというあなたも、妊娠中のどの時期に仕事を辞めるのがよいのかは、もらえる給付金と体調を加味して決めるべき。

 

今回は、妊娠してから貰えるお金と妊娠中の身体の変化によって、仕事を辞めた方がよいタイミングをお話します。

 

参考:妊娠中お金がないストレスと不安を解消!妊娠中働けない主婦のとるべきたった一つの選択

妊娠して仕事をいつまで続けるか決めるのに知っておきたいお金の話

妊娠して仕事をいつまで続けるのか、出来ることなら早く辞めたいけど、お金のことを考えると、出来るだけ長く働いて、手当をもらってから辞めたいと思う方もいるでしょう。

 

仕事を辞めるともらえなくなるお金やもらえるお金について見ていきましょう。

 

参考:妊娠で退職後にお金がない!貯金なし働けない無職になる前に知らないと損するお金の話

出産手当金

法律では、出産予定日の6週前の妊娠34週まで働くことが出来るようになっています。

 

また、出産予定日の6週前を過ぎているのに会社があなたに働くことを強要するのは法律上、禁止ですが、あなたが希望して働けるのであれば、働くことは可能。

 

法律ではこのように決まっていても、医師からお腹が張る、切迫早産気味などであれば、自宅療養を指示されたら、仕事を休むか辞めることになります。

 

参考:妊娠中貯金なし!働けない無職でも貯金してお金の不安をなくすたった一つの方法とは?

傷病手当

妊娠中34週以降は出産手当金がもらえます。が、その前に仕事を辞めるか続けて休むことになると、傷病手当がもらえます。

 

出産手当金がもらえるのは出産前34週から。その前に仕事を辞めてしまった場合には、傷病手当も出産手当金ももらえなくなると覚えておきましょう。

 

参考:妊娠中旦那の給料だけで生活できない!お金がないストレスを解消するには副業でお金を稼ぐ

育児休業給付

もう一つ、育休手当がもらえるのは、出産後に仕事を辞めなかった場合のみ。

 

仕事を辞めると決めているあなたはもらえないお金になります。

 

出産後も職場復帰する予定なら、育児休暇中にもともともらっていたお給料の三分の二(出産後半年まで)または半分(出産後半年~)をもらえます。

 

お金を出来るだけもらって、仕事を辞めたいと思うのは当然でしょうが、仕事を辞めるタイミングは、あなたの体調を優先で決めるべき。

 

次は、妊娠中の身体の変化について解説していきます。

 

参考:妊娠中にお金を稼ぐ方法5選!妊婦の主婦の副業に!安全に出来る仕事探し

妊娠中の身体の変化と仕事をいつまで続けるべきかを決めるタイミング

妊娠中に体の変化によって、仕事をいつまで続けるべきかを決めましょう。

 

妊娠がわかってからすぐに予定を立てた時期まで働くつもりであっても、実際に体調が思ったよりも悪くなることは十分あり得ます。

 

そういうときには、身体を一番に考えて赤ちゃんのためにも、早めに仕事を辞めるべきでしょう。

 

参考:妊娠中に働けないけどお金欲しい!手当の話と妊婦がお金を稼ぐ3つの方法

妊娠初期(妊娠1~4か月)

妊娠初期は、お腹は目立っていなくても、つわりが一番辛い時期。

 

症状は人それぞれですが、貧血や食事がとれない時には、休むかそれでも治らなければ、仕事を辞めるという選択をした妊婦さんもたくさんいます。

「今我慢すれば安定期になるから。」と無理をおして、流産でもしたら大変です。

 

一番流産のリスクも高いこの時期には、下腹部のハリや出血があれば、すぐに仕事を休むようにして、仕事を続けるのかを考えましょう。

 

参考:妊娠中仕事辞めたいけどお金がない!退職は甘え?辞めるとお金が不安ならやるべき事

妊娠中期(5~7か月)

妊娠中期は安定期に入り、つわりも落ち着いてきます。

 

でも、赤ちゃんはどんどん大きくなっているので、疲れやすかったり、眠気が凄かったり、通常の身体とは違うので無理はいけません。

 

安定期に入り、食欲も戻ってきて、食べてしまうと、尿たんぱくやむくみ、尿糖などのサインが出てきやすいです。

 

妊婦健診できちんと健康状態を見てもらい、何かあればすぐに休むか、仕事を辞めることも検討すべき。

 

参考:妊婦がお金を稼ぐたった一つの方法!妊娠中働けない主婦は副業でお金を稼ぐ

妊娠後期(8~10か月)

妊娠後期は、いつ産気づいてもおかしくない時期。

 

お腹はかなり目立ってきて、普通に立っているだけでも辛いこともあるでしょう。この時期も、妊娠初期同様に、体調変化が激しく、体も心も繊細になっています。

 

もし、体調が悪い時には、休むべきか、早退、遅刻する、あるいは退職するなど、早めに対応しましょう。

 

産前42日まで仕事を続けると、その後仕事を辞めることになっていても、出産前の休業手当として、出産手当金がもらえます。

 

もし、ギリギリまで働きたいと思っているあなたは、覚えておきましょう。

  • 直近で、一年以上健康保険に加入している
  • 出産予定日を含める42日以降に退職している
  • 退職日は有給などで出社していない

などが条件。

 

参考:家でできる仕事を本業に!主婦が在宅ワークで高収入を狙うならおすすめの仕事5選

まとめ

妊娠がわかったら、仕事をいつまで続けるのか、出産後も仕事をしたいのかをお金とあなたの希望を考えて決めていきましょう。

 

仕事を辞めなければ、もらえるお金は圧倒的に多くなりますが、あなたの健康と赤ちゃんの命が最優先。

 

幸せな妊婦生活を気持ちにもゆとりを持って過ごせるように、出産後の働き方も含めて検討するべき。

 

お金が欲しいから、辛くても仕事が辞められないと我慢しているあなたは、仕事を辞めて、在宅で仕事をするというのも一つの手。

 

今の仕事をどうしても続けなくても、また再就職することも出来るし、どうにでもなると知っておきましょう。

 

参考:子育てしながら主婦が家でできる仕事6選!資格なしでできる内職と主婦の在宅ワーク

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.