もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

妊娠して仕事を辞める!パートはお金をもらえる?知らないと損するお金の話

 
  2019/05/24
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

妊娠して、仕事を辞めるのに、パートをいつまで続けようか悩みどころですよね?

 

正社員で働いていると、産休も育休ももらえるけど、パートの場合には、お金はもらえないのでしょうか?

 

今回は妊娠、出産でパートでも貰えるお金の話と、仕事を辞める際にやっておくべきことについて、お話しします。

 

これからどうやって働いていこうか、出産後の働き方を考えているあなたにもお役に立てると幸いです。

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

 

参考:主婦の副業!資格なしでの主婦でも稼げる!子育て・妊娠中の女性でも出来る在宅の仕事

妊娠して仕事を辞めると決めたらパート先の上司に報告する

妊娠して仕事を辞めることを決めたら、まずはパート先の上司に報告しましょう。

 

距離感が近い同僚から話したくなるかもしれませんが、また聞きで上司に伝わると、良い印象を持たれないでしょう。

 

妊娠の報告は上司、同僚、仲間の順で行うべき。

 

お腹がまだ出ていない時期でも、妊娠初期が一番つわりがひどくて体調が不安定になりがちです。

 

急に体調が悪化して早退するなど、その時になって妊娠を知らされて、周りに迷惑をかけないためにも、妊娠がわかった時点で、早めに報告するのが良いでしょう。

 

【期間限定!!】お金で悩まない毎日をすごしたいあなたへ。ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

 

参考:子供一人育てるのにかかるお金はいくら?子育て費用の総額の実際と貯金の仕方

妊娠して仕事を辞めると決めたらパートはいつまで続けるべき?

妊娠してから、仕事を辞めると決めたあなたは、パートをいつ辞めるべきか悩むところでしょう。

 

正社員であれば、出産前8週間などという産休の規則はありますが、パートで仕事を辞めることが決まっているのであれば、いますぐにあなたが抜けても大丈夫かなど、仕事と職場の状況を考えながら決めるべきです。

 

でも、一番大切なのは、あなた自身の身体。つわりがひどいのに無理を押して仕事を続けて、赤ちゃんを流産したら取り返しがつきません。

 

実際に妊娠後にパートを辞めた主婦の方たちは、辞めた時期は人それぞれ。

 

本当は出産ぎりぎりまで働きたかったけど、体調が悪すぎて、妊娠初期で退職したという人もいれば、出産直前まで働いて辞めたという方もいます。

 

体調や事情によって、希望と実際が違ったというケースも少なくありません。

 

あなたの気持ちと体調と仕事の状況を加味して検討しましょう。

 

参考:妊娠で退職後にお金がない!貯金なし働けない無職になる前に知らないと損するお金の話

妊娠して仕事を辞めるの前にパート先でやっておくべきこと

妊娠がわかってから仕事を辞めるのに、パート先でやっておくべきことがあります。

 

辞める際に確認しておくべきことを挙げていきます。

 

参考:妊娠中お金がないストレスと不安を解消!妊娠中働けない主婦のとるべきたった一つの選択

パート先で引継ぎをする

妊娠で仕事を辞めるとしても、パートでもきちんと引継ぎをしたという主婦も結構います。

 

仕事を最後まで責任を持って終えることが、お世話になった職場への配慮ですね。

 

参考:妊娠中貯金なし!働けない無職でも貯金してお金の不安をなくすたった一つの方法とは?

出産後仕事に復帰できるかを聞いておく

妊娠して一度仕事は辞めても、あなたがパートで復帰したいのなら、出産後しばらくしてから再就職することは出来るのかを確認しておきましょう。

 

出産後に慣れない育児をしながら、新しい職場で新しい仕事を覚えるよりも、慣れた環境で今までやっていた仕事をする方が、気持ち的にも安心できますよね。

 

もし、再就職を希望しているときには、仕事を辞める前に聞いておきましょう。

 

参考:妊娠中旦那の給料だけで生活できない!お金がないストレスを解消するには副業でお金を稼ぐ

産休をいつから取るのかを相談する

妊娠出産で仕事を辞めるにしても、パートであっても、労働基準法で決められた産休を取ることが出来ます。

 

産前休業として、出産予定日の6週間前から14週間前から利用できるので、体調が問題なければ、ここを目安に退職を決めるのがベストでしょう。

 

産休中は今までのお給料の金額に応じた出産手当がもらえますので、仕事を辞めてからも産前休業分のお金がもらえることになります。

 

上司や職場の仲間と相談して、退職する時期を決め、礼儀を持って最後まで仕事を続けましょう。

 

参考:妊娠中に働けないけどお金欲しい!手当の話と妊婦がお金を稼ぐ3つの方法

妊娠で仕事を辞めてからやるべきお金の手続き

妊娠出産のために仕事を辞めてから、もらえるお金のための申請手続きがあります。

 

自分で手続きをしないともらえなくなってしまうので、しっかり覚えておきましょう。

 

参考:妊娠中に妊婦がお金を稼ぐたった一つの方法!働けない主婦は副業で不安を解消出来る!

失業保険(求職者給付)の申請

無事に退職をして、忘れずやるべきなのが、失業保険の申請手続き。

 

パートを辞めてから職場でもらった離職票、母子手帳などの必要書類を持って、退職してから一か月以内にハローワークで手続きをしなくてはいけません。

 

  • 直近2年間で雇用保険に1年以上加入していた
  • 再就職できる状況にあること

などが、申請の条件ですが、出産を理由に退職した場合には、子供が3歳になるまでに就職活動を開始すれば、出産前に働いていた際にもらっていたお給料の金額に応じた、失業手当がもらえます。

 

ですので、申請をしたからと言って、すぐにお金がもらえるわけではないということは知っておいてください。

 

ハローワークで「失業手当の給付期間延長の申請をしたい」と伝えれば、どうしたら良いかを教えてもらえますので、退職後に行って聞いてみましょう。

 

参考:妊娠中仕事辞めたいけどお金がない!退職は甘え?辞めるとお金が不安ならやるべき事

出産一時金

出産一時金は出産時に公的健康保険に加入している人全員なら、一律で子供一人につき42万円、国から支給されるというもの。

 

もしあなたが出産時に退職していて、旦那さんの扶養に入っている場合には、旦那さんが加入している会社の健康保険から支給されます。

 

たいてい妊娠が分かった時点で、一時金として数万円、支給までに自己負担で支払うことになるので、出産後の退院時に病院では42万円と前払い分を差し引いた金額のみを請求されます。

 

申請は、出産する病院を通して行い、自己負担で全額支払ってから、後で支給される直接支払い制度または、病院に健康保険から42万円の負担があり、窓口での支払いが少なくなる代理支払い制度という支払方法があります。

 

参考:妊娠中に働けないけどお金欲しい!手当の話と妊婦がお金を稼ぐ3つの方法

出産手当金

パートであっても産前8週間前まで(出産予定日の42日前まで)働いていて、社会保険に加入していた場合には、そのまま仕事を辞めるとしても、出産休業手当金として、出産手当金と同額がもらえます。

 

また、出産を機に仕事を辞める場合でも、労働基準法で定められた、産前休業を取ることが出来ます。

 

これは、産前14週~8週前から取得可能なので、この時期を目安に仕事を辞めるというのもアリでしょう。

 

職場の上司と相談し、周りへの配慮をしながら、時期を決めましょう。

 

産前休業をする場合には、出産予定日の6週間目から申請が出来ます。

 

それまでに、医師の診断書や申請書類をきちんと用意しておきましょう。

 

この休業中の手当は、出産後に会社を通して申請する必要がありますので、出産直前まで働いた場合には、忘れず申請をしましょう。

 

出産予定日の42日前から出産翌日から56日目までが支給対象日となりますが、

  • 退職前に一年間は被保険者期間(社会保険に加入していた期間)があり、
  • 退職日の翌日に出産手当を受けているか、

が条件になります。

 

退職日に出勤すると、継続して給付が受けられなくなるので気を付けましょう。

 

貰える金額は、

直近一年間の平均月額報酬から日割り計算をした金額×出産予定日の42日前から出産翌日から56日目までの日数×3分の2

が申請後にもらえます。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事11選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

パートでも育休手当がもらえるって知っていますか?

パートの場合には、出産後に辞めなくても、正社員がもらえる育児休業給付金がもらえないと思っている方も多いのですが、雇用保険に加入しているパート従業員なら、育休手当ももらえます。

 

支給額は、休業開始前のお給料(直近一年間の平均月額報酬を基準に計算されます。)の約67%を、出産後半年間はもらえ、それ以降、一年半を上限に、育休中には約50%のお金が支給されます。

 

申請は、育休に入る一か月前から出来ます。なので、産前休業をしている方の場合には、産休中に、引き続き育休を取ると申請しなくてはいけません。

 

産後に再就職先を見つけるのは大変な労力が必要ですし、保育園に入れずに赤ちゃんを預けて就職先を探すことが難しいこともありえます。

 

産休、育休中もお金がもらえますし、「すぐには働けないけど、出産後にまた仕事をしたい。」と考えているあなたは、仕事は辞めずに、一旦育休と産休を取っておくことをおすすめします。

 

参考:主婦の副業!安全に稼げる6選!本当に儲かる安全な仕事ランキング

産休、育休を取って会社を辞めずにいると社会保険料が免除になる

「パートだから、退職金もないし、体調が不安定だから早いところ、仕事を辞めてしまおう。」と早々に妊娠がわかってからすぐに仕事を辞めてしまったという方も多いでしょう。

 

実は私もそんな一人。でも、実はパートでももらえるお金について、もっとよく勉強していたら、辞めずいればお金について、大きなメリットがありました。

 

それは、産休中も、育休中も、会社を辞めずにいたら、社会保険料の支払いが免除になるということ。

 

自営業やフリーで働いている場合には、国民健康保険に加入していると、支払いがない時期はそのまま未納という扱いになってしまいますが、その点会社員は優遇されており、産休育休中に、お給料に応じた手当を受けつつも、社会保険料を元のお給料の金が苦に相当する金額で支払っていることにしてもらえるのです。

 

この対応をしてもらうにも、会社で申請の手続きをしなくてはいけないので、しっかり会社に確認をして、手続きをしておきましょう。

 

ぜひあなたにはパートを辞めないで出産を迎えることでのお金のメリットについて覚えておいてくださいね。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぐには?自宅で主婦が副業して収入10万15万30万稼げる仕事

まとめ

妊娠して仕事を辞めるかはパート先の状況も考えながら、あなたの体調と都合で決めましょう。

 

辞める前には、もらえる手当やお金のことをしっかり調べて、必要な手続きをしなくてはいけません。

 

そのうえで、出産後の働き方については、出産後にならないとわからないという場合もあるでしょうが、もし再就職をする際には失業手当がもらえるように、必ずハローワークで手続きをしておきましょう。

 

出産後には、仕事復帰をするのか、在宅で仕事をしながら、社会復帰を目指すのかなど、将来を見越して早いうちから、あなたが希望とする働き方を考えておきたいですね。^^

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

在宅でネットビジネスをやってみたい。興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

 

参考:妊娠中に在宅ワークで妊婦がお金稼ぐ方法6選!内職、データ入力、ネットビジネスとおすすめな稼ぎ方

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

Comment

  1. 赤瀬友道 より:

    主婦のかたは、ご主人の給料だけでは、足りず副業で稼ぐ方法を身につけて努力する方が最近多いと思う。

    又離婚されて、本格的に在宅ビジネスで成功されている人が目立つようにないましたね。

    女性強しです。いざの時は、男性より頼りになる世の中になっているようですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.