もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】毎月あと20万稼げたら・・というあなたへ。自宅で安全確実に稼げるようになる方法をお伝えします。

パートで年収130万円103万の壁を超えたら手取りは?主婦が注意すべき3つの壁

 
  2019/01/04
MEGUMI
WRITER
 
仕事
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

パートで働く主婦の年収130万円、103万の壁などとよく言われているけれど、詳しくどういうことか知っていますか?

 

あなたがパート勤務の主婦なら、103万円の壁、150万円の壁、小1の壁は聞いたことがあるでしょう。

 

「え、知らないよ。」というあなた。103万円も150万円もパートタイムで働く主婦にとっては覚えておくべき数字。

 

なぜなら、あなたの旦那さんが会社員なら、あなたがパートで働くときに、稼ぐ金額によって、手取り額が減ってしまうことがあるからです。

 

たくさん働くほど稼げるから、と思っているあなたは損をしているかもしれませんよ。

 

では具体的に、損をしない賢い働き方をするには、どのくらい稼ぐのがベストなのかをお話していきますね。^^

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が本気で欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

パートで年収130万円以上稼ぎたい主婦が知っておくべきこと

税金

パートで年収130万円に抑えれば、社会保険料を支払わなくて済むます。

 

【期間限定!!】お金を稼ぐためだけの毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

社会保険料とは?

社会保険料とは、年金と健康保険で成り立っています。

 

これが、専業主婦や一定所得以下の妻の場合、旦那さんの被扶養者として、年金と健康保険料の支払いを免除されるという優遇措置があります。

 

その支払いが免除される基準が年収130万と106万円の壁と言われているもの。

 

この年収を超えると、自分のお給料から社会保険料を差し引かれるので、実際の手取り額が減ってしまうという理由で、働き方をそれ以下に抑える主婦がたくさんいるわけです。

 

参考:バイマで主婦の副業!儲かる儲からない?バイヤー初心者に読んで欲しいバイマ転売の話

パートで働く際に考えるべきもうひとつの問題は旦那さんの税金

そして、できればたくさん稼ぎたいという、あなたのような主婦が考えなくてはいけないのは、税金の問題

 

たとえば配偶者控除は日本特有の税制で、会社員の配偶者が低収入であれば、家族を養う会社員は一人で配偶者(妻か夫)を養わなければいけないわけだから、税金を軽くしてあげようよ、というものです。

 

この税金の優遇制度を取ることで、夫婦でいることはメリットがあり、専業主婦には有難いルールですよね。

 

ただし、この配偶者控除の問題点があって、それは収入と手取り額の逆転現象。

 

最近は専業主婦よりもパートをする主婦、正社員として働く主婦の方が多くなっていて、女性の働き方と家庭とのバランス(ライフワークバランス)について様々な意見があります。

 

妻も働くことで一家の家計がより強固にリスクヘッジにもなりますし、家計も潤い女性も社会で活躍できるのはとても良い事。

 

どんどん働こう。と思うところですが、働くほど時間も減ってしまうのに、中途半端に多く働くほど手取り額が減るという、まさかの現象が起こるのです・・(゚д゚lll)

 

これを知らずに働く時間を何となく決めてしまうと損をしてしまうというわけ。そして、この損をしないボーダーラインが年収150万円。

 

「税金とか配偶者控除だとか訳わからない。」というあなたは、とりあえずパートは年間150万円以上稼ぐのがお得とだけ覚えておきましょう。

 

参考:【主婦が20万円稼ぐ仕事】パートと資格を活かす在宅ワークの2つの稼ぎ方

パートで年収130万円より稼ぎたいならこれだけ抑えれば大丈夫

お金

では、パートで年収130万円より、もっと稼ぎたいと思う主婦が注意すべき3つの壁についてお話ししますね。

 

まず、働く人が支払うべき税金には住民税と所得税があります。

 

住民税は、道府県民税と市町村民税の二つを合わせて地方税法に基づき、一括で市町村に納めます。そして、所得税は個人所得税という所得額に応じて課税される国税(国に納めるもの)です。

 

ここで「??」となってしまっているあなたも、このあたりの税金の詳しい話は理解できていなくても大丈夫!

 

抑えるべきは、

  • 収入が100万円を超えると住民税を支払わなくてはいけない
  • 収入が103万円を超えると、所得税を支払わなくてはいけない

まずはこれだけ。

 

まだまだややこしい話が続くのですが、抑える点は少ないので最後までついてきてくださいね!

 

参考:教育費貧乏な家庭の末路とは?子供に教育費をかけすぎて家計を圧迫しないたった一つの方法

働く職場によっては保険に入るボーダーが106万円

さらに、働き先が一定条件を満たしている場合のみ、(①学生を除き、②一年以上勤続し、③従業員数が501名以上の企業)

  • 年収が106万円を稼いで週に20時間以上働くと、雇用保険と年金、健康保険(まとめて被用者保険といいます)に入らなくてはいけなくなります。

 

そして、

  • 年収130万円をこえると配偶者控除から外れて自身で国民健康保険、国民年金あるいは社会保険(厚生年金、健康保険)に加入しなくてはいけません。

 

ここが先にお伝えした手取り収入の逆転現象の分岐点。これが重要です。

 

さらにさらに、2018年1月から変更になった点が

  • 年収150万円を超えるとパートであっても社会保険(年金と健康保険)に加入しなくてはいけない

というところで、これは年収が150万円までのパート収入であれば、一切所得税がかからず満額手元にもらえるという意味。

 

結局、年収130万円までは稼ぐほど手取りが増えるし旦那さんの扶養に入ることが出来て、税制上お得だけど、130万円を超えるなら、150万円以上稼がないと手取り額が減ることになって感覚としては損をするよ。ということなのです。

 

ここまでで、お伝えしたいことはわかりましたでしょうか。^^

 

参考:子供一人育てるのにかかるお金はいくら?子育て費用の総額の実際と貯金の仕方

年収130万円から150万円までも実は損ではない

感覚としては損と言ったのは、手取り額は減ってしまうので損をしたような気になるのですが、その分自分の年金を積み立てられるので、将来的には年金となって自分に返ってくる=実質損ではない。むしろ得になることもあります。(長生きをするほどもらえる累計年金額が増えるので自分で年金を積み立てておくとメリットが大きくなります。)

 

職場の社会保険に加入するか、国民年金・国民保険に加入するかで手取り額が減る金額に差が出てきますので一定額では言えないのですが、税金の負担を考慮して賢くパートで働くなら

 

  • ①年収100万円に抑えて住民税も所得税も一切払わないことにする
  • ②年収130万円を超えないように旦那さんの扶養内で働く
  • ③年収150万円以上働いてしまう(国民年金、保健に入るなら170万円目安)

 

この3択となるでしょう。

 

でも、年収130万円から150万円の間であっても、手取りは年収130万円よりも減ってしまい、「働き損」と言われていますが、将来の年金として貯蓄をしていると考えれば、損ではありません。

 

参考:【主婦が20万円稼ぐ仕事】稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

まとめ

働きましょ

以上税金の話をしてきましたがお分かりいただけましたか?^^

 

パート主婦が賢く税制を利用してもっと今より稼ぐために抑えるべきは以下の3点。

 

  • 住民税も所得税も支払いたくないというあなたは、年収100万円未満におさまるように働く。
  • 自分の年金は貯められなくてもいいから今受け取れる手取り額を増やしたいという場合には、年収130万円をこえないように働く。
  • そして、たくさん働きたいなら年収150万円以上、国保に加入するなら170万円を目指す

 

働く時間を増やしても、必ずしも手取り収入が増えるわけではないということを理解しておきましょう。

 

年収150万円はあくまで目安。稼げるだけ稼ぎたい、手取り額も増やしたいというあなたは年収170万円以上を目指しましょう!

 

しっかりこの仕組みを理解して、働き方を旦那さんと考えてみてください^^

 

ネットビジネスに興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

参考:自宅で専業主婦がお金稼ぐには?資格いらずで子育てと両立する3つの方法

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.