もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

妊娠中生活費が足りない時に読んで欲しい!お金がない不安を解消する3つの対策

 
  2019/01/17
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

妊娠中に生活費が足りないから働きたいけど、つわりがひどくて仕事をするのが難しい、お腹が目立ってきていて外で働くのは辛い・・とあなたはお金で悩んでいませんか?

 

妊娠中からお金の準備をしておかないと、出産後の子育てにはもっとお金がかかるので、「早くなんとかしないと。」と気持ちばかりが焦ってしまいますよね。

 

当然お金については、妊娠前から計画的に用意するのが理想ですが、マズイと気付いた今からでも行動すればなんとかなります。

 

今回は、妊娠中に働けない、貯金が出来ない、生活費が足りないと焦っているあなたが今から出来る解決策をお伝えします。

 

お金と気持ちのゆとりを持って出産を迎えましょう。

 

 

参考:妊娠中お金がないストレスと不安を解消!妊娠中働けない主婦のとるべきたった一つの選択

妊娠中に働けないと生活費が足りないときにやるべきこと

妊娠中、体調が不安定で働けないと、収入が減り、生活費が足りない、なんて思ったら焦ってしまいますよね。

 

単発のバイトをするにしても、身重で出来る職種を探すのは難しいでしょう。

 

妊娠で仕事を辞めても、生活費は必ず必要。

 

いくらお金があれば安心なのかを知るためには、まずは、家計の生活費をチェックしてみてください。

 

【期間限定☆】お金で悩む毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

 

参考:妊娠で退職後にお金がない!貯金なし働けない無職になる前に知らないと損するお金の話

妊娠中に普段の生活費を確認する

まずあなたがやるべきことは、妊娠中にかかる生活費を把握していくこと。

 

食費、光熱費、水道料金、通信費、被服費、外食費、娯楽費など、毎月これだけはかかっているという支出を洗い出しましょう。

 

それを旦那さんの収入だけで賄えないのか、今一度チェックしてみましょう。

 

たとえば、行く必要がなかった交際費や、光熱費、保険料や通信費のプランの見直しで、家計の無駄をカットできないかを検討するべき。

 

参考:妊娠中貯金なし!働けない無職でも貯金してお金の不安をなくすたった一つの方法とは?

妊娠中には日常の生活費以外にお金がかかる

普段の生活費以外に、妊娠中には定期的に、妊婦健診に行き、診察代を負担しなくてはいけません。

 

また、もし切迫早産や何か問題があると、急遽入院することになり場合もあります。生活費以外にも、余裕を持っておかなくてはいけないので、いざというときは、貯金で賄えるのかも把握しておきましょう。

 

さらに、産まれてくる赤ちゃんのための赤ちゃん用品も買い揃えなくてはいけないですよね。

 

ベビーベッドやベビーカー、赤ちゃん服やおむつ、ミルクなど、出産後に身動きがとりにくくなるので、今のうちに必要最低限のものを買い揃えるお金も必要になります。

 

参考:妊娠中旦那の給料だけで生活できない!お金がないストレスを解消するには副業でお金を稼ぐ

妊娠、出産に伴って受けられる制度を利用する

そして妊娠中、生活費が足りないというあなたは、妊娠中、出産の際に、自治体から受けられる、補助金の制度について、知っていますか?

 

公的な制度を使えば出産までにかかる費用を負担してもらえるので、情報を集め、申請をしましょう。

 

参考:妊娠中に在宅ワークで妊婦がお金稼ぐ方法6選!内職、データ入力、ネットビジネスとおすすめな稼ぎ方

出産育児一時金

出産一時金は、公的健康保険に加入している被保険者すべてに対して、出産時にかかる費用を一律で赤ちゃん一人につき、42万円負担してもらえる制度

 

双子であれば、84万円が支給されるということです。

 

ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合には、39万円負担されます。

 

これによって、出産にかかるお金は大半は負担してもらえますが、だいたい10万円は自己負担で用意しなくてはいけないと思っておきましょう。

 

病院をとして負担してもらえる場合には、退院時に差額分の自己負担額だけを支払えば良いのですが、申請時期が遅くなると、出産後の支給になってしまうので、一度は全額自己負担することになります。

 

貯金があまりないと不安な場合には特に、きちんと出産前(通常出産の2か月前になります)に申請をして、窓口での支払いを抑えましょう。

 

参考:妊娠中にお金を稼ぐ方法6選!妊婦の主婦の副業に!安全に出来る仕事探し

もし出産費用が用意できないときには、出産費貸付制度を利用する

出産時に出産一時金の支給が間に合わず、現金で出産費用が支払えないというあなたには、出産費貸付制度を利用すると、出産育児一時金の8割までを無利子で貸してもらえます。

 

出産予定日まで一か月以内の場合、妊娠4か月以上で医療機関に一時的な支払いをしなくてはいけなくて、お金が足りない場合には、協会けんぽに一度問い合わせてみましょう。

 

参考:妊娠中に内職したい主婦必読!妊婦がお金を稼ぐ方法は在宅ワークがおすすめ

出産手当金

会社に所属しているあなたは、出産に伴って休んでいる期間中にお給料の代わりに出産手当金が支給されます。

 

出産予定日より前の42日(多胎妊娠の場合には、98日)から出産の翌日以降56日目までの出産手当金がもらえます。

 

ですので、出産が予定日よりも遅れた場合には、その分出産手当金が多くもらえるということになります。

 

予定日より遅れて出産となった場合には、ラッキーですよね。^^

 

たいてい、産後56日経ってから、勤務先の会社に申請をすると、支給されるでしょう。

 

もらえるのは出産後ですが、貯金があるのなら、妊娠中は、少しずつ貯金を切り崩して、出産後にこの費用で補うことができますね。

 

ただ、こちらも申請から支給までに1~2か月かかるので、覚えておきましょう。

 

参考:妊娠中に妊婦がお金を稼ぐには?働けないけど収入欲しいなら自宅で主婦の副業をして不安を解消!

どうしても生活費にお金が回らないと困ったときの解決策

使える制度を活用して、貯金を充てても、出産後の生活まで考えると、お金がまずいという場合には、お金がないから赤ちゃんを諦めるなんていう選択は浮かびませんよね。何とかしてお金を作るしかありません。

 

そういうときは、妊娠中のあなたでも今から出来ることをやっていきましょう。

 

参考:出産するお金がない!貯金ゼロで出産費用で悩んだら妊娠中にやる3つのこと

家にある不用品を売ってみる

一時的にお金を作る方法として、不用品販売という方法があります。

 

自宅にしばらく使っていない家電やゲーム、洋服や本などはありませんか?

 

「あ、そういえば貰ってからずっと使っていないブランド品のお財布がある」とか思いつくものを、写真を撮って、出品してみましょう。ネット上で出品するのは無料で出来るので、まず実践してみてください。

 

そういう忘れていた不用品をメルカリやヤフオクでネット上で販売すると、意外とすぐに値がついて、お金に出来ます。^^

 

ただし、中古品の洋服などは、ブランド品でなければ、大したお金にはならない可能性が高いので、覚えておきましょう。

 

出産後に向けて、家の中の整理整頓も出来て一石二鳥。早めの行動が大切です。

 

参考:妊娠中に在宅ワークで妊婦がお金稼ぐ方法6選!内職、データ入力、ネットビジネスとおすすめな稼ぎ方

自宅で稼げる在宅ワークを始める

妊娠中に外で働くことは、体調変化も激しく、心身共に負担が大きくなるので、お勧めできません。

 

でも、在宅ワークであれば、自宅で出来て、あなたのペースでいくらでも調整が出来ます。

 

在宅ワークには、パソコンがあればお金が稼げる、クラウドソーシングの仕事を始め、ネットで調べると、いろんなお金の稼ぎ方があるのです。

 

「ネット上で文字入力をするだけで、月に2,3万くらいなら稼げそう。」という仕事もゴロゴロ転がっているので、調べてみてください。

 

在宅ワークでも、ノーリスクで確実に稼げますので、妊娠中から、家計の足しに出来るようにお金を稼いでいきましょう。

 

参考:バイマが在宅ワークの副業に狙い目と口コミで広がっている2つの理由。

お金を借りる

旦那さんと話し合い、家計をどう調整してもお金が足りない、収入を得るにも時間が足りないという場合には、最終手段は親、兄弟。

 

お金を一時的に貸してもらえないか、頼んでみましょう。

 

「いや、お金に困っているなんて言いにくいなぁ。」と思っても、背に腹は代えられません。

 

必ず返すという誠意を伝えて、身内に頼るというのも一つの方法。最後の最後は相談してみましょう。

 

参考:妊娠中に働けない!旦那の給料では不安でお金がほしい主婦は自宅で稼ごう

出産後の生活費も考えて早いうちから収入を増やそう

出産後には、赤ちゃんのおむつやミルクなど、赤ちゃんのものを買うのにお金がしょっちゅうかかるようになります。

 

もし今の生活ですでに旦那さんの収入でいっぱいいっぱいになっているようなら、今のうちから今後の対策を考えて行かなくてはいけません。

 

「出産後に働き始めればいい。」と思っていても、出産直後は子供を保育園には預けられませんし、待機児童の問題で、すぐに1歳や2歳になっても仕事を見つけることも簡単ではないのです。

 

そして、もし保育園に入れられたとしても、小さいうちは保育料も割高でパート代から保育料を引くと大したお金にならないなんていうこともあるでしょう。

 

先にお話しした在宅ワークであれば、妊娠中から出来て、出産後でもあなたが大丈夫であれば、すぐに再会できる仕事。

 

妊娠を機に仕事を辞めて、在宅ワークを本業としてお金を稼いでいるお母さんもたくさんいます。

 

今すぐに始められる在宅ワークは、妊婦さん、子育て中のお母さんの強い味方。あなたが出産後の生活費を稼いでいく手段として強くおすすめします。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

まとめ

妊娠中はただでさえ、精神的にも肉体的にも不安定な時期。

 

そんな時期にお金の不安を抱えているのは、お腹の赤ちゃんにもよくありません。

 

早めに今から出来ることを実践して、出産までに何とか生活を安定させましょう。

 

ネットビジネスに興味があるあなたが絶対に読むべき記事↓

 

参考:妊娠中に在宅ワークで妊婦がお金稼ぐ方法3選!内職、データ入力よりおすすめなネットビジネス

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.