もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

子供二人目が欲しいけどお金で悩むあなたに読んで欲しい年収の増やし方

 
  2019/06/15
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

あんたのご家庭は、子供を二人目作るとお金が足りるか、心配で二人目の妊娠をためらっていませんか?

 

子供が二人、三人になると、学費は2倍、3倍になりますが、養育費は2倍、3倍にはなりません。

 

最近の女性が生涯に産む子供の数は1.71人ですが、理想の子供の数は2.42人。理想は2、3人なのに、実際は1人、2人になっているのはなぜでしょうか?

 

二人目の出産をためらっている問題を解決できれば、理想通りに子供を授かることができるはずですよね。

 

今回は、2人目の妊娠をためらう理由と、子供にかかるお金の問題の解決策についてお話します。

 

参考:ワーキングマザーの二人目の壁!断念するか悩むなら?仕事を続けるか辞めるか決めるには

子供二人目の妊娠をためらう理由とは?

子供二人目の妊娠をためらう理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

参考:大学学費どうやって払ってる?子供の学費が払えない!とならないための解決策②

1.お金がかかるから

二人目の妊娠をためらう一番多い理由は、経済的なもの。

 

子供を一人大学まで入れるには、学費だけで安くても1000万円はかかります。

 

さらに、食費などの生活費を入れたら3000万円程度はかかると考えておいて良いでしょう。

 

会社員の平均年収である世帯年収400万程度では、二人目を育てるのは厳しいと言わざるを得ません。

 

このお金の問題については、解決策を後ほどお話しますね。

2.育児が大変すぎる

一人目の出産、育児を経験して、子育ての大変さを実感した主婦は、もう一人欲しいけど、「一人目以上に大変だったらどうしよう。」「二人育てる自信が持てない。」と不安に思っているパターン。

 

たしかに、年子や2歳違いは体力的にも大変です。

 

一人目が3歳くらいになってから、子供は可愛いからやっぱりもう一人産むのを考えても良いでしょう。

3.夫があまり育児に協力してくれない

子供が一人なら、あなたが一人で家事と育児をこなすことは出来たかもしれません。

 

でも、子供が二人になると、旦那さんや実家のサポートがないと無理です。

 

「たくさん稼ぐから」、「残業で身体がしんどいから」、といって家事や子育てに手を貸してくれないだろうと思う場合には、2人目の出産は難しいでしょう。

 

旦那さんも2人目が欲しいと言っているのなら、あなたが専業主婦だとしても、[keikou]家事と子育てに協力してくれないと無理だと話しましょう。

4.精神的に余裕がない

出産後に、体調の変化や不眠の毎日で、産後うつや育児ノイローゼになる女性がいます。

 

すると、子供が2人欲しいという理想があっても、どうしても2人目が産みたい思えないですよね。

 

周りからのサポートを受けて、気持ちが回復してから、焦らずに検討するのが良いでしょう。

5.高齢出産は厳しい

35歳を過ぎてから高齢出産は、赤ちゃんにもお母さんにもリスクが高くなります。

 

今は6人に1人は35歳以上で第一子を産んでいるというデータがあります。

 

一人を手厚く育てるか、高齢でももう一人産む決断をするかはあなたと旦那さんとの話し合い次第。

 

人生を変える大切なことなので、よく夫婦で方針を検討しましょう。

6.仕事をしたい

一人目の産後に職場復帰したのに、妊娠してまた仕事を中断するのに抵抗を感じる女性もいます。

 

時短で働いても、子供が小さいうちはすぐに体調を崩して日中に連絡が来ることもよくあります。

 

周りに気を遣いながら、仕事を続ける自信が持てずに、悩んでいるあなたは、子育ても家事も完璧を求めずに、仕事を続けるという気持ちを持てば、こなせないことはないでしょう。

7.セックスレス

出産後、育児の毎日に精神的にも肉体的にも疲労があると、気持ち的にセックスをしたいとならない女性も珍しくありません。

 

特に、旦那さんが家事や子育てに手を貸してくれないと、愛情を感じられなくなり、夫婦関係自体が危なくなるというケースもあります。

 

また、旦那さんも「仕事で疲れている」という理由でその気にならないというパターンも多いです。

 

お互い愛情を感じ、良好な夫婦関係を保つために、少しの時間、子供を親に預けて夫婦二人で出かけるなどの努力が必要です。

 

参考:子供二人目で悩むあなたに!経済的に無理と2人目妊娠を諦めないでお金を作る方法

子供二人目を育てるのにはお金は欠かせない

子供を二人目を産んで、育てるのをためらう一番の理由は、先ほども挙げたように、「お金の不安」からです。

 

  • 子育てや教育にお金がかかるから教育資金が足りないのではないか
  • 旦那さんの定年までに成人してほしい
  • 広い家に引っ越さないといけないから

 

といった、経済的に家計が膨らむことを懸念してという夫婦が圧倒的に多いのです。

 

でも、今から準備をすれば、時間があります。

 

子供が一人だった場合、二人になった場合で、マネープランをシミュレーションして、不足分があるのなら、収入を減らす努力でやりくり出来るものか、あなたが仕事を辞めて資格を取ったり、自宅で開業、起業することで収入を増やせないか、などを検討しましょう。

 

支出を減らすよりも、収入を増やす方が、断然簡単。

 

現状では無理だから、と諦めずに、金銭面での不安で二人目出産をためらっているあなたは、収入を増やして、理想通り子供を産むことを検討しましょう。

 

参考:子供二人目は無理!2人目が経済的に無理でも諦めないためのたった一つの方法

まとめ

子供をもう一人産むか産まないかは、あなた一人で決められることではありません。

 

もう一人育てるのは、労力もお金ももっとかかるようになりますが、幸せに感じることも今より増えるはず。

 

旦那さんと協力しながら、もう一人産もうか、家族計画について、お金の問題も計画的に行動に移しながら、決めてくださいね。^^

 

参考:主婦が起業すれば保育園問題も解決!失敗しない始め方と職種のアイデア②

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.