もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

子供が欲しいけどお金ない!子供にお金がかかる時期までに計画的に貯金しよう

 
  2018/12/19
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

子供が欲しいけど、今は十分にお金ないし、子供を産んだところで働けなくなっては育てていけない。と思っているあなた。

 

子供にお金がかかる時期までには、まだまだたくさん時間はあります。

 

子供に一番お金がかかるのは大学生。つまり子供が産まれてから18年後。

 

今あなたがお金について漠然と不安を感じているなら、この記事を読んで、子供を産み育てるためにお金を作る行動を始めてください。

 

参考:大学学費どうやって払ってる?子供の学費が払えない!とならないための解決策

子供が欲しいけどお金がないなら今から計画を立てよう

子供が欲しいけどお金がないと悩んでいる家庭は結構多いです。

 

理想は子供二人と答える割合が約8割。

 

でも、仕事を辞めることやお金のことを考えると、なかなか理想通りにはいかないのが実際のようです。

 

キャリアを中断するという点は仕方がないですが、お金が足りないと悩んでいるのであれば、お子さんに大きなお金がかかるまでには、まだ時間があります。

 

子供にまとまったお金がかかるのは、子供が18歳、高校3年生の夏以降。

 

もちろんそれまでにも中学生から塾に通わせたり、小学生でも習い事をさせたり、教育にお金はかかります。

 

今あなたがお金に不安を感じているのは、旦那さんの収入では満足に生活が出来ないと思うからでしょうか、あなたが今仕事をしているなら、育休を取って復帰して子育てとの両立が難しいと思っているからでしょうか。

 

いずれにしても、子供を産むとなると、産前産後はあなたは外では働けませんよね。

 

子供がほしいなら、まずは子供を産んだ場合に、お金の収支がどうなるのかをしっかり確認することからやってみましょう。

 

→【無料でお金を稼げる方法が学べる!】ネット副業ガイド+ネットビジネスで最速で3万稼ぐマニュアルプレゼント!!

 

参考:教育費貧乏な家庭の末路とは?子供に教育費をかけすぎて家計を圧迫しないたった一つの方法

子供にお金がかかる時期を乗り越えるためには

子供にお金がかかる時期は、どうやって乗り越えれば良いのでしょうか。

 

昭和の終わりから大学の学費は倍になっているのに、収入は増えていないなんて言われていて、大学生の半分から3分の一以上は奨学金を使って、大学に来ているそう。

 

でも、本当は全額親として、子供の希望を叶えてあげたいですよね。

 

子育てにかかるお金を用意するには、時間を味方につけて、計画的に貯めることが大切。

 

子供が高校生までは、毎月の収入から学費も生活費も支払い、大学資金は貯蓄から支払うのがおすすめ。

 

それと同時に老後資金も貯めて行かなくてはいけませんので、毎月の支出に大学資金と老後資金を貯めるという目標を決めましょう。

 

参考:子供一人育てるのにかかるお金はいくら?子育て費用の総額の実際と貯金の仕方

子供に一番お金がかかる時期までに貯める目標を作る

子供にかかるお金を貯めるためには、幼児期から毎月必要なお金を把握して用意することはもちろん、それとは別に、一番お金がかかる大学入学時に向けて、まとまったお金を貯めることです。

 

そして、お金を貯めやすい時期を知っておくことも大切です。

 

お金がまだかからない0歳から小学生までの間がお金の貯め時。

 

この時期に

  • 毎月定額を子供の口座に積み立てていく
  • 生命保険を学資保険代わりとして、毎月積み立てていく

など運用しながら増やすのが効率的でおすすめです。

 

参考:子供2人育てるには世帯年収の理想は東京でいくら?年収400万円では足りないなら?

子供がいるともらえるお金、手当についても知っておく。

子供一人育てるのにかかるお金はいくら?の記事でもお話したように、子育て費用には生活費だけで、0歳から22歳までに約1600万円かかります。

 

そして、学費を合わせると2000万から3000万かかるということがわかりました。

 

この金額を22年間かけて支払っていくわけですが、子供がいると国から貰えるお金があります。

 

参考:子育てのお金はなんとかなる!子育て費用を用意するたった一つの方法

児童手当

児童手当は、子供が産まれた時に、出生届を出すと、毎月3歳までは15,000円、15歳までは10,000円が年に3回にわけて支払われます。(第3子以降は3歳以降も15,000円もらえ、年収が960万円以上の世帯は第一子からも毎月5000円しかもらえません)

 

この手当を15歳まで手を付けずに貯めて行けば、約200万円は貯まります。

 

このお金を高校の学費に充ててもいいですし、大学の入学金として取っておくのも良いでしょう。

 

参考:教育費の貯金は毎月いくら?高校入学までに教育資金いくらを目安に貯めるべき?

就学奨励金

一定以下の世帯年収の低い家庭には、小学生になる際に、学用品や、通学用品費、遠足費、修学旅行費、学校給食費などの一部を負担してもらえる、就学援助制度があります。

 

当然これらの手当を支給してもらえたとしても、子育てにかかるお金は、手当がなかったとしても用意できるように、子供が産まれる前から準備できるのが理想です。

 

参考:子供一人育てるのに年収はいくら必要?子育てする理想年収を考えるためにやるべき2つのことは

子供がやりたいことをさせてあげられるように収入を増やせないかも考える

毎月にかかるお金と一番お金がかかる時期までに、まとまったお金を用意する。具体的なマネープランを組んだら、旦那さんとあなたの今のお給料を足しても、少し不安がある。

 

そんな場合には、今より収入を増やす方法はないかを検討しましょう。

 

収入を増やす方法としては

  • 旦那さんに転職してもらう
  • 旦那さんかあなたが副業をする
  • フリーランス、自営業となり、ビジネスをする

などが考えられます。

 

出産前後は仕事を辞めなくてはいけないので、収入が減るのは仕方ないと思っていませんか?

 

妊娠をして、もしあなたが仕事を辞めても、家にいながら仕事をしてお金を稼ぐことだって出来るのです。

 

旦那さんに転職をしてもらっても、必ずしもお給料が今より上がる保証はありませんし、副業から始めて収入の柱を増やす方が賢明でしょう。

 

今では会社員の約4割は副業をしているというデータもあり、副収入を得るのは当たり前。

 

もし会社が潰れても、リストラされても、自分でお金を稼げる力をつけておけば、怖くありませんよね。

 

在宅で出来る仕事には、ライターやデザイン、翻訳などの仕事を請けてやるものや、自分でビジネスをするアフィリエイトや転売などのネットビジネスもあります。

 

在宅で副業を始めて、うまくいったら本業として、フリーランスや自営業になれば、場所も時間も自由に働けて、お金も十分に稼げる生活を送れるでしょう。

 

あなたが何人子供が欲しいのか、どんなライフスタイルを理想としているのか、働き方の希望などを考慮して、柔軟に生き方、働き方を変えて行けたらいいですね。

 

参考:貯金なしでも大学進学準備するには奨学金?大学に行かせるお金がないと気付いたときの3つの対策

まとめ

子供が欲しいけどお金がないからどうしようか悩んでいるあなたが、お金のせいで子供をあきらめるなんてもったいないです。

 

子供にお金がかかる時期は高校生から大学生。

 

それまでにはまだ時間があるので、大学までにかかるお金を一人3000万円と考えて、これを子供が高校生になる時期までに用意すればいいでしょう。

 

それだけのお金を貯めながら支払っていくためには、貯めどきに貯めること。一番お金がかかる時期を目標に貯めること。です。

 

収入を増やせれば、子供に奨学金で大学に行ってもらう心配もなくなりますし、もっと貯金できる方法はないか、もっと収入を増やせる方法はないか、情報を集めながら、臨機応変に行動できるのがベストです。^^

 

お給料が増えるのを期待するよりも、今はネットでお金が稼げる時代。

 

副業から始めて徐々に副収入を増やし、本業として、フリーランスや自営業に転身するのもアリでしょう。

 

実際に私のように在宅で起業して、自由なライフスタイルを送りながら、子育ても仕事も楽しんでいる主婦はたくさんいます。

 

あなたも在宅ワークを本業にできれば、仕事のブランクも、出産のために収入がなくなってしまう心配もいらなくなるので、選択肢の一つとして検討してみて下さいね。

 

参考:主婦の副業!妊娠,子育て,離婚しても女性が稼いで自分らしく生きる方法まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.