もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【無料で7つの教材プレゼント】3か月で月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

ワーキングマザー必読!時短のお給料は何割?手取り平均いくらもらえるのか?

 
  2018/10/11
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

時短勤務でお給料って今のお給料の何割もらえるんだろう?自分は手取りでいくらもらえるんだろう?

 

今妊娠中のお母さんや、これから子供を産もうと考えている働くあなたが気になるところですよね。

 

ワーキングマザー(ファザー)は、国が定めた法律(育児・介護休業法)があるので、どの会社にいても、時短勤務が出来ます。

 

でも、正しい知識を持っていないと、せっかく仕事を復帰したのに、育休中よりもらえるお給料の手取り額が減ってしまうなんてこともあります。

 

ということで今回は、ワーキングマザーが時短勤務で損をしないための働き方と復帰のタイミングについて、お話しします。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

ワーキングマザーを守る法律。育児介護休業法

会社に勤めているワーキングマザーが出産後会社で働く場合、子供が3歳になるまでには、短時間勤務を希望した際には、会社はこれを断れないとする法律があります。

 

短時間勤務とは、一日の労働時間が6時間を原則とし、難しい場合には

  • フレックス制
  • 始業時間/就業時間の繰り上げ・繰り下げ
  • 保育施設の設置運営

これらの方法により、対応しなくてはいけないというもの。

 

そして、業務が残っていたとしても、労働者から請求があった場合には、残業をさせてはいけない。

この制度があることを、労働者に知らせなくてはいけない。

さらに、未就学児を持つ労働者に、運動会や参観日など、育児に関する目的で、取得できる休暇制度を作るための努力もしなくてはいけないという決まりになっています。

 

出産前から、あなたの会社で今まで出産後に復帰して、働いている先輩の例はあるのか、なければ復帰後のお給料や勤務時間について、詳しく聞いておいた方がよいでしょう。

 

また、3歳以上の子供を持つ親についても

  • 3歳から小学校就学前までの子供がいる労働者についても、短時間勤務など、必要に応じて対応する努力をしなくてはいけない。
  • 一か月につき、24時間、一年で150時間を超える残業をさせてはいけない。

と決まっています。

 

なので、3歳から小学校に入る前の6歳の子供がいるワーキングマザー(ファザー)でも、希望すれば、決められた時間以上残業をせずに帰らせてもらうことも出来るということですね。

 

この法律は国が決めていることなので、「いや、うちの会社ではそういうのやっていないから。」なんて通用しませんので、安心してくださいね。

 

参考:ワーママが仕事を辞めたいと思う3つの理由と辞めても良い5つの理由

時短勤務のお給料は何割?いくらもらえるのか?

時短勤務のお給料は何割もらえるのか?実際にはいくらもらえるのでしょうか。

 

もともと出産後も復帰して働く女性が多い職場なら、既に出産前後は、出産手当は普段貰っているお給料の5割だとか、育児休業手当は3分の2だとか、決まっているはず。

 

ですが、もしあなたの会社で前例がない場合には、お給料の何割をもらえるのか、勤務時間についても、会社と交渉することになるでしょう。

 

ちなみに、一般的に使われる計算式がこちら。

フルタイムで働いていた時のお給料×当月の実労働時間÷所定労働時間

 

時間を減らす分だけお給料も減らしますよということですね。

 

そして、この計算式だけではなくて、次に挙げていく以下のポイントについても押さえて、働き方を決めるべきでしょう。

 

これを知っておかないと場合によっては手取り額が、家で子供といても毎月支給されていた育休中よりも減ってしまう、なんていうことになりかねません。

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかったこと。辞めたい理由と後悔しない選択とは

時短勤務のお給料は何割か?知るために確認すべきポイント

まず、復帰後の条件が決まったら、時短で働くお給料は何割もらえるのかを確認するために、把握すべきはお給料の計算方法と勤務時間。

 

そして、それを見てから、そもそも時短で働く必要があるかも検討しましょう。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

お給料について

国が定めている「育児介護休業法」では、お給料については言及されていません。お給料については、会社が自由に決めてよいことになっているので、お給料は固定給か、基本給はどうやって決めるのかを確認しましょう。

 

正確な金額は、働いている会社の社則にかかれているはずですので、それを読んで確認するのが一番早いですし、正確なはず。

 

時給制の場合には、一か月にどのくらいの勤務時間になるのか(月にいくらのお給料になるのか)も確認して、実際にもらえる金額を計算すべきです。

 

時給制の場合には、お給料の計算方法は、先ほどもご紹介した以下の計算式でわかります。

基本給ー時給×(月間の所定労働時間ー当月の実働時間)

つまり、基本給×実働時間÷所定労働時間ですね。

 

もともと月給30万円だった場合には、30×6時間÷8時間=22.5万円

 

ただ、職場によって時給制ではなくて、休暇前の何割かと決まっている場合もあるので、しっかり詳細を確認しましょう。

 

そして、もう一つ、確認しておくべき大切なことは、給与控除額

なぜなら、時短勤務で手取り額がぐんと減ってしまうのは、この給与控除額は、フルタイムで働いていた時と同じだけ、基本給から差し引かれてしまうからです。

 

時短で固定給がガクンと減ったのに、給与控除額はそれに比例して減るわけではないんですよね。そうなると、手取り額が育休中よりも少ない、フルタイム時の半分になってしまった・・なんてこともあり得ます。

 

なので、事前にしっかり給与控除額を確認して、手取り額を把握しておきましょう。^^

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

社会保険料

社会保険料とは、会社員が加入するもので、社会保険料=厚生年金+健康保険料+介護保険料(40~64歳のみ)で構成されています。

 

これがお給料(所得額)に応じて、給料から差し引かれます。なので、実際の手取り額は

時短勤務の場合のお給料ー給与控除額ー社会保険料、となります。

 

そして、社会保険料の見直しは、9月か10月。この時期を逃すと、今までのフルタイム勤務時の給与額の社会保険料になってしまうんです。

 

実際のお給料は、時短勤務のせいで減っているのに、引かれる社会保険料は変わらないなんて、困りますよね。

 

これについては、会社に自ら申し出ることで、控除される厚生年金額が復帰後4か月目から改定できます。自分から申請しないと、会社の方からはご親切に教えてはくれないので、必ず申請しましょう。

時短勤務の必要性

時間を短縮して働くことになれば、その分お給料がカットになります。そこからさらに保育園に保育料を支払う訳ですから、実際の手残りはもっと減ってしまいますよね。

 

もし時短勤務の必要がなければ、フルタイムで働くことも検討しましょう。

 

参考:ワーキング マザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

まとめ

時短勤務の額面上のお給料は何割もらえるのか?その答えは、大体8時間÷6時間=4分の3。通常8時間のところを6時間勤務に制限するので、残業をしなければこのくらいになります。

 

でも、ここからフルタイム時とあまり変わらない額の給与控除額と社会保険料額を引かれますので、実際の手取り額はもう少なくなります。

 

会社の社則を確認すると、あなたの会社の決めた、時短勤務についての詳しいお給料、勤務時間などについて記載があるので、そこで詳しい金額を確認してみましょう。

 

わからない事がある場合には、会社の労務などで聞いてみましょう。時給制か、今までのお給料から何割か決められた金額が支払われるのかをまず確認し、給与控除額の確認、そして、基本給が減ることによる社会保険料変更の申請をしましょう。

 

これを知っているか知らないかで、あなたの手取り額がだいぶ変わってきますよ。

 

参考:ワーキングマザーの主婦の悩み!疲れた、もう限界なら在宅副業を検討してみよう

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.