fbpx

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【7つの教材プレゼント】3か月で毎月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

主婦のパート年収150万円の手取り額。税金と扶養のメリットを徹底比較!②

 
  2019/01/25
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

今回も、主婦のパートの収入150万円についてお話します。

 

せっかくパートで働くなら、手取りが多い方が良いって思いますか?

 

よく言われる年収130万円、年収103万円の壁ってどういう意味か詳しくわからない、という方も多いはず。主婦がパートをするなら、大切な知識です。それぞれのメリットを理解したうえで、あなたにあった働き方をしてくださいね^^

 

→【最短で稼げる無料プレゼント】ネット副業ガイドと毎月3万円在宅で稼げるマニュアルをプレゼント

年収103万、年収130万、年収150万円の壁と手取り額

よく聞く年収103万円、年収130万円、年収150万円の壁。それぞれ手取り額はどう変わるのか、知っていますか?

 

詳しい違いが良くわからないというあなた。知らないままだとせっかく働いた手取り額で損をするかもしれませんよ。しっかり理解しておきましょう。

 

参考:お金が足りない!どうする?生活費がない貯金もない主婦が取るべき5つの対策

年収103万円の壁

扶養控除が適用される上限の年収。つまり、103万円未満なら、旦那さんの収入から配偶者控除の38万円(住民税は33万円)が引かれて、その収入に課税されるということですね。

 

なので、主婦がパートで年収103万円を超えると、旦那さんの納める税金が高くなる上に、主婦のあなた自身が支払う住民税が発生します。ただ、103万円では、所得税は課税されません。

 

つまり年収103万円に抑えるメリットは以下のとおり。

  • 旦那さんの税金(所得税、住民税)が安くなる
  • 妻に所得税がかからない
  • 妻が社会保険料を支払わなくて良い

 

参考:賢いお金の稼ぎ方!主婦が副業で安全に在宅に稼ぐためにおすすめな3つの稼ぎ方

年収130万円の壁

年収130万円の壁は社会保険料の壁。130万円を超えると、扶養を外れて、パートで勤めている会社の社会保険に必ず加入しなくてはいけません。

 

なので、手取り額がかなり減ってしまいます。でも、自分の年金を積み立てが出来ますし、病気になっても傷病手当がもらえたり。長期的に考えるとメリットがかなりあるんですよね。

 

年収130万円になると、収入から社会保険料、雇用保険料、住民税、所得税が差し引かれます。

 

ここまでまとめると、年収130万円に抑えるメリットは、

  • 旦那さんの税金(所得税、住民税)が安くなる
  • 妻が社会保険料を支払わなくてはいけなくなる(手取り額は減る)

 

参考:お金持ちになりたい主婦はブログを始めよう!習慣と行動を変えて金持ちになる

年収150万円の壁

そして、2018年から出来た年収150万円の壁。これを超えると、配偶者控除が対象外となり、配偶者特別控除の対象者になります。

 

この配偶者特別控除は年収201万円の主婦までが対象。150万円を超えると、段階的に、妻(被扶養者)の収入額が増えるほど、扶養者の控除額が減っていきます。

 

年収150万円に抑えるメリット

  • 旦那さんの税金(所得税、住民税)が安くなる控除額が満額38万円(住民税は33万円)

ということです。

 

手取り額を考えると、社会保険料が差し引かれない、年収130万円で抑えておくのが、良いようにも思えますが、実際どうなのでしょうか。

 

参考:月5万稼ぐ内職の仕事4選!在宅で出来る在宅ワークの違いとネット副業のすすめ

年収150万円は月収12.5万。手取りはいくら?

年収150万円の手取り額はいくらになるのか?まず、年収150万円ということは、月収125000円になります。年収150万円の場合、そこから社会保険料、雇用保険、住民税、所得税が差し引かれて、130万円くらいになります。月で言うと、11万円弱。

 

そして、夫(世帯主)の納める税金額が、夫自身の収入によっても変わるようになりました。世帯主である夫の年収によって、控除額が変わり、世帯主の納める税金(住民税、所得税)が変わるようになっています。

 

妻が年収150万円以下の収入で、世帯主が給与所得だけの場合。年収1120万円以下なら、所得税の控除額は38万円。そして、世帯主の年収が上がるにつれて、1220万円まで減っていき、1220万円超えると、そもそも控除がされなくなります。

 

給与所得以外の収入がある場合には、所得額が900万円以下が控除額が38万円。そして、950万円以下だと、控除額は16万円、1000万円以下だと13万円で、1000万円を超える所得がある夫の場合には、夫は配偶者控除は適用されなくなります。

 

夫の収入が多いなら、妻はいくら年収を抑えても、控除はされませんよ。ということですね。

 

この仕組みがあるので、夫の収入によっては、そもそも妻にとって、年収150万円の壁は関係ないというわけ。

 

参考:パートで年収130万円103万の壁を超えたら手取りは?主婦が注意すべき3つの壁

年収150万円は手取りで損するの?

年収150万円の手取り額はだいたい120万円くらい。収入から引かれるものの中で、収入の約14%もある社会保険料の影響が大きいです。

 

たとえば、年収が130万円から年収160万円の場合、引かれる社会保険料は20万円ほど。なので、年収150万円だと、社会保険料を20万円引かれて、手取りは130万円未満になる。これが、働き損というものですね。

 

なので、手取りは増やすためには、年収160万円以上稼ぐ必要がありますね。

 

また、一見手取りが減るので、年収130万円に抑えた方が効率的に、お金がもらえるように思えますが、社会保険に加入した方が、将来のお金という面では大きなメリットがあります。

 

参考:専業主婦も働きたい!仕事復帰したい子育て主婦が選べるの3つの働き方

まとめ

主婦がパートをする際に、意識する年収150万円の手取り問題。

 

年収103万円、130万円、150万円すべての条件を把握したうえで、自分が働ける時間的な問題とお金とのバランスを考えて決めてくださいね^^/

 

参考:専業主婦がパートで働く不安!ブランクや仕事ができないと怖いなら?勇気を持つ方法と新しい働き方

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は4歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.