LINE限定E-bookプレゼント中↓

もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

 

共働きで子育てするのは大変?無理、しんどいと感じた時に考えるべき3つの選択

megumi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。起業4年目一児の娘(小1)の母。主にブログ×メルマガを使った女性専門web起業コンサルタント。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”を強みとして、得意なこと×情熱を活かして自分らしく働くために、0からの在宅起業をサポートするコンサルティングサービスを提供中。2016年スキル知識実績0の専業主婦から起業。ライフワークで経験0から収益化まで導くパッケージコンサルティングの売上単体で月収200万を達成。お客さまととことん並走する誠意あるサービスに定評がある。

共働きをしながら子育てをするのは大変、と体力的にも時間的にも余裕がなくて、正直辛い、と感じているワーキングマザーも多いです。

 

特に実家が近くにない場合、あるいは両親が他界されているとか、高齢で子供の世話を頼めないという場合、共働きをしながら子育てをするのは負担も多く大変ですよね。

 

私の周りの夫婦も、共働きの場合多くは実家のご両親に頼って子育てのフォローをしてもらっていますが、中には実家が遠方であったり、既に両親とも亡くなっているという場合もあります。

 

そんな頼れる人がいない環境では、夫婦二人とも仕事をしながら、子育てをすると、子供が体調を崩してすぐにお迎えに行かなくてはいけないときなど、二人で何とか乗り切らなくてはいけません。

 

それでも仕事を続けながら子育てをできている家庭があるので、あなたの家庭も共働きしながら子育てするのは無理ではありません。

 

 

今回は、夫婦共働きで子育てをするのが大変か不安に感じている、あるいは実際今大変だと感じているあなたのために、仕事選びのポイントと共働きに限界を感じた際に考えて欲しいことをお話します。

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作るための詳しい方法やブログでは書いていない最新情報をお届けします。

>>7つの無料教材をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

個別相談受付中。>>あなたのこれまでの人生経験、知識を高額でも売れる形にして、働く時間、場所、に関わらず、自分の力で稼ぐ仕組みを着実に作っていく方法をお伝えします。<<

 

 

>>>【収入を増やす方法まとめ】主婦ができる副業。収入を増やしたいならまず読むべき記事。

 

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

 

共働きをしながらの子育ては大変、無理と感じたら考えるべき選択肢

共働きをしながら子育てを始めてみたものの、思ったよりも大変で辛い、続けるのは無理かもしれないと思ったときに考えて欲しいことがあります。

 

育休明けに育児をしながら仕事も頑張ろうと思って意気込んでいても、毎日分単位で時間に追われる生活に、だんだん元気と自信を無くしてしまうこともあるでしょう。

 

みんな出来ているんだから私も弱音を吐いている場合じゃない、と頑張るのは素晴らしいことですが、あなたが選べる働き方は今の仕事だけではありません。

 

 

参考:共働きの子供への影響は?寂しいと愛情不足で不安定になる本当の原因とは?

1.子供が小さいうちは子供中心にすると割り切って仕事を辞める

今の世の中は、子育て中のお母さんでも専業主婦より2倍は仕事をしているというデータがあります。

 

子育て中でも正社員で働くワーママはまだまだ少ない方ですが、今まで続けてきた仕事を辞めてしまうのはもったいない、仕事を辞めたら自分は落ちこぼれのような気持ちになるかもしれません。

 

でも、あなたが今の生活で満たされない思いをしているのなら、今が働き方を見直すターニングポイント。

 

自分が満足できる生き方、働き方を選択するべきです。自分は今どんな生活をしたいのかを軸に、将来もらえるお金と時間と働き方のバランスを考えてみてください。

 

正社員としての仕事をあっさり辞めて、後悔しなかったというワーママもたくさんいますし、仕事はまた探せば数年後に始めることができるもの、という考え方も視野に入れてみるといいでしょう。

 

 

参考:共働きしながらの子育てを辞めたい!辞めて後悔しないために確認すべき3つのこと

2.子供中心にするために働き方を変える

仕事をしながら子育ても楽しみたいけど、気付けば子供を家事の片手間に相手していたり、自分の気持ちが不満でいっぱいになっている。

 

そんなことに気付いて、このままでいいのかなぁと時間をやり過ごしているなら、一旦今の仕事を辞めて、パートに切り替えたり、私のように在宅ワークをするというのも選択肢の一つ。

 

 

今の世の中では仕事をしながら子育てをしても当然、という風潮があり仕事を辞めるのは我慢が足りない、努力が足りないと能力不足のように受け取られることさえありますが、

 

あなたが仕事よりも子供を優先したい、仕事と子育ての両立は無理だと思うのなら、それが正解で大丈夫です。

 

もちろんお金のことを考えると辞めたくても辞められないという都合もあるでしょうから、子供が小学校に上がるまではパートや派遣の仕事に切り替えて、その後にキャリアアップできるように、今から勉強しておこう、などとキャリアプランとマネープランをしっかり立てる必要はあります。

 

私自身は、子供が小さい今のうちに本当は家で一緒に過ごしたい、という想いと保育園問題もあって、在宅で起業するという道を選びました。

 

結果として、当時欲しかった子供との時間と収入が両方手に入ったので、自分の気持ちを大切に大きな決断をして本当に良かったと思えています。

 

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作るための詳しい方法やブログでは書いていない最新情報をお届けします。

>>7つの無料教材をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

個別相談受付中。>>あなたのこれまでの人生経験、知識を高額でも売れる形にして、働く時間、場所、に関わらず、自分の力で稼ぐ仕組みを着実に作っていく方法をお伝えします。<<

 

 

参考:家事と育児と仕事の両立は限界?共働き主婦が子育ても楽しめる働き方とは

3.考え方を変えて行動を変える

そして、3つめの選択肢としては、今の仕事とライフスタイルのまま、家事や育児に対して感じているプレッシャーや肉体的な負担を減らすために、考え方を変えてみるというのもありです。(一番簡単で今日からできますので、笑)

 

たとえば、

 

  • 毎日洗濯機を回さなくても良しとする
  • 子供との時間の長さではなく質を大切にすれば問題ないと思う
  • 時間に余裕がないのであれば家事代行サービスを使うことを検討する
  • 部屋が散らかっているからといって自分を責めない
  • 旦那さんと話し合いをして今抱えているもやもやした思いを理解し解決策を話し合う

 

など。

 

真面目で完璧にこなさないといけない、と思い込んでいる方ほど、実際は大した問題でないのに、一人で自分を責めて苦しんでいることもあるはずなので、出来ているところを見て自分にOKを出してあげるように、意識を変えてみましょう。

 

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

夫婦共働きで子育てをこなすのは大変だけど無理ではない

頼れる実家のご両親がいなくても夫婦共働きで子育てをしている家庭はあるので、大変ではありますが決して無理なことではありません。

 

そういう夫婦は働き方を工夫したり、有料のサービスを利用するなど、なんとか二人で乗り切れるように環境を整えています。

 

今共働きがつらい、大変だと感じているあなたに、ぜひ考えて欲しい共働きをするためには、

 

  • 家事も育児も完璧を目指さない。
  • 時間がなくても子供との時間は密度が濃いものにすれば大丈夫。
  • もし限界だと思ったら働き方を変えることだってできる。
  • 出来ていないことばかりに目がいって自分を責めない。

 

これらを意識してみましょう。

 

そもそも専業主婦で子育てをしている人だって、そうそう完璧に子育てをしていたり、掃除を徹底している人ばかりではありません。

 

大切なのは子どもへの愛情があるか、そして、あなたが満たされた気持ちで毎日を過ごせているかです。

 

 

【期間限定!】お金を稼ぐためだけの毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイドや在宅で毎月3万円を稼げるマニュアルなど7つの特典+動画講座を無料でプレゼント↓↓

 

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

これから仕事をするなら押さえておくべき仕事選びのポイント

また、これから社会復帰をして共働きをしながら子育てをしようか考えているあなたには、子育てと仕事の両立をするために選ぶべき職場の条件についてご紹介しておきます。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

1.残業をしなくても良いか

仕事を選ぶ際に、まずあなたがどれだけ仕事に割ける時間があるのかを考えて働き方を選びましょう。

 

子供がまだ小さいうちは、正社員であれば、時短勤務で働くことも出来ますし、パートで時間を区切って働くことも選択できますよね。

 

将来的にも正社員で働き続けたいと思うお母さんも多いですが、子供が4歳になると、時短勤務は使えなくなります。

 

この時に、残業が多い職場にいると、子供の送り迎えの時間に間に合わないということにならないか、よく確認しておきましょう。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

2.子供の都合で休みがとれるか

子供が急に熱を出した時や、インフルエンザにかかってしまったとき、あとは子供の行事で平日にどうしても仕事を休みたいときに、休める環境なのかを確認しておきましょう。

 

夫婦二人どちらもお迎えに行けなかったり、行事に参加できないと、子供に可哀そうな思いをさせてしまいますし、保育園や学校に迷惑をかけることになります。

 

事前に、子育てに理解がある職場であるか、他にも子育て中の人が働いているかなどを確認しておくことが大切です。

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

3.在宅勤務も可能か

最近は、テレワークを推進している職場も増えて来ていますが、希望すれば仕事を持ち帰って家で出来る職場であるかも確認しておきたいことです。

 

もし子供がインフルエンザやウイルスにかかってしまったときには、親であるあなたも数日休まなくてはいけなくなります。

 

そういうときに、自宅でも仕事が出来るのなら、職場に行かなくても仕事をすすめることが出来るので、助かりますよね。

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

4.他にもワーキングマザーがいるか

同じ職場にワーキングマザーがいて、ずっと働いている職場なら、きっとあなたも仕事をしながら子育てを続けられるはず。

 

状況は人それぞれでしょうが、既に子育て中のワーキングマザーがいる職場は、子育てをしながら仕事をすることに理解がある可能性が高いです。

 

また、子どもの急な病気の際などにも、職場で周りの理解が得られやすいので、働きやすいという精神面での居心地の良さもあるでしょう。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界、辛い理由TOP3!辞めたいときに乗り切るコツ

子育て中の親が使える制度を知っておく

共働きで子育てをしていると、急に子供が体調を崩した際など、あなたか旦那さんが仕事を早退せざるを得ない状況もありえます。

 

働きながら子育てをしている従業員が使える制度について、職場の上司もよくわかっていないことも多々ありますので、あなた自身がしっかり制度を知っておき、いざとなったら職場で申請できるようにしておきましょう。

 

参考:ワーママ必読!働くママが疲れがとれないと限界を感じたときに試すべき5つの事

子供が病気の時には看護休暇が使える

子供が病気になったときに、よく有給を使って仕事を早退したり、仕事を休む方が多いのですが、小学校に就学前のお子さんの場合には、子供が病気やけがで仕事を休む必要があれば、一年に5日までなら、かご休暇を取得できます。

 

申請の手続きなどは要らず、口頭で職場に伝えるだけで、仕事を休めるので、覚えておきましょう。

 

ただし、雇用期間が半年未満で週に2日以下の労働日数の従業員の場合には対象外となることもあります。

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

保育園に入れなかった場合には1年間までなら育休を延長できる

育休をあけて、仕事に復帰しようと思っていたのに、保育園がいっぱいで入園できなかったという場合、1年間までならさらに延長できます。

 

保育園に入れず、やむなく仕事を辞めなくてはいけないお母さんたちもいたので、この制度は有難いですよね。

 

頼れる実家が近くになかったり、両親に頼めない場合には、この制度を使って、育児休暇を延長できると覚えておきましょう。

 

なお、この期間中も、通常の育休同様に、育休手当をもらいながらも、社会保険料の負担が免除され、支払っていることにしてもらえます。

 

育休の延長申請は、

 

  • 子供の一切の誕生日より前の日にちまで
  • かつ、保育園に入れないという証明(市から送られてくる不承諾通知)を育休終了の2週間前までに提出しなくてはいけません。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

まとめ

仕事を続けながら夫婦共働きで子育てをするのは、体力的時間的、精神的にも大変と感じることもあるはず。

 

でも、お金のため、いきがいとしての仕事を続けたいと思ったら、実家の頼れる親が近くにいなくても、夫婦二人で協力して乗り越えていくことは出来るでしょう。

 

ただ、がむしゃらに仕事も家事も育児も頑張って、あなたが虚しい気持ちになっているとしたら、働き方を考え直す必要があるかもしれません。

 

これからの時代、働き方はますます多様化になっていくでしょうし、私のように在宅ワークで稼いで子供と多くの時間を過ごしながら仕事がしたいという人もいます。

 

一方で日中に子どもを預けて職場で一人の時間を持つことで子供との時間も気持ちにゆとりをもって過ごせるという人もいますので、

 

あなたがどんなライフスタイルを送りたいか、子どもと仕事にどのくらいの時間を割きたいのか、収入を得るために子育てや家事について、どうしたら幸福度を上げていけるのかを旦那さんと一緒に話し合いながら決めてみてください。

 

 

あなただけが我慢する、旦那さんだけが我慢する、という結論ではなく、お互いがWinWinになる形になることを目指しましょう。

 

※私のメールマガジンでは、完全在宅で収入の柱を作るための詳しい方法やブログでは書いていない最新情報をお届けします。

>>7つの無料教材をプレゼント。完全在宅で半年後に月90万円稼げた方法とは?<<

 

 

個別相談受付中。>>あなたのこれまでの人生経験、知識を高額でも売れる形にして、働く時間、場所、に関わらず、自分の力で稼ぐ仕組みを着実に作っていく方法をお伝えします。<<

 

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

 

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかった!後悔しないために確認するたった一つのこと

この記事を書いている人 - WRITER -
megumi
神奈川県出身。起業4年目一児の娘(小1)の母。主にブログ×メルマガを使った女性専門web起業コンサルタント。家から一歩も出ずに”WEBで完結するビジネスの仕組み作り”を強みとして、得意なこと×情熱を活かして自分らしく働くために、0からの在宅起業をサポートするコンサルティングサービスを提供中。2016年スキル知識実績0の専業主婦から起業。ライフワークで経験0から収益化まで導くパッケージコンサルティングの売上単体で月収200万を達成。お客さまととことん並走する誠意あるサービスに定評がある。

3大特典プレゼント&個別フィードバックあり。家でオンラインで受けられる無料個別相談

▼真剣に家でできるビジネスで成果を出したい方はお申し込みください▼

 

※家にいながら子育てしながらゼロから6ヶ月で月90万稼いだ方法【7つの無料教材(全107ページ)+動画講座】を無料でプレゼント↓↓

 

クリックして応援していただけると嬉しいです。^^


女性起業家ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ
にほんブログ村

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.