もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

共働き夫婦の家計割合!生活費の負担割合どうしてる?貯め方の2つのポイント

 
  2019/03/11
MEGUMI
WRITER
 
お金
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

共働き家庭の生活費など、家計の負担割合は、みんなどうしているのでしょうか?

 

共働きだと、自分で稼いだお金は自分のもの。自分で自由に使える金額を決められるのは不自由だな、なんて思っていませんか?

 

夫婦で一緒に生活をしていても、家計の負担割合について、分担があいまいだと、お金は貯まりにくいです。

 

そして、お金についてコミュニケーションが取れていないのは夫婦関係にとってもよくありません。

 

よその家庭は生活費などの家計の負担割合はどうしているんだろう・・というのは気になるところですよね。

 

今回は夫婦円満を保つための、共働き夫婦の家計の負担割合について、分担方法のコツをお話をします。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

共働き夫婦で家計の管理をしている割合は妻が多い

楽天のアンケートによると、共働き家庭の家計の管理をしている割合は、全体の約45%で妻が一番多いという結果に。

 

そして、その次は「二人でなんとなく、各自で。」が約30%、夫がしているという家庭は全体の約25%でした。(楽天よりデータ引用)

 

これを見ると、妻の方が家計管理が得意なのかと思いきや、実際に家計を管理しているのが妻よりも夫の家庭の方が貯蓄額が多いということもわかりました。

 

家計

 

つまり、女性よりも男性の方が貯蓄をするのに向いていることがわかります。

 

また、夫婦共同の家庭が一番貯蓄が貯まっていないという結果から、お互い納得がいくように意見を譲りあって管理をすると非効率な結果になると考察できますね。

 

家計を上手に管理して、貯蓄をするためには、支出を抑える=日々の出費を節約する、お金が貯まる仕組みを作る、の両面からのアプローチが大切。

 

このうち、

  • 水を出しっぱなしにしすぎない
  • 電気代をこまめに消す
  • エアコンの設定温度を適度に調節する
  • 割高なものを買わない
  • ポイントを貯める

 

などといった節約方法は女性の方が得意な傾向にあります。一方で、

 

  • 保険を比較して長期的に見て得になるように
  • クレジットカード払いにすることでポイント還元が受けられる
  • 投資について勉強して効率よくお金を増やす

 

などといった、お金を長期的な視点で増やすことについては一般的に男性の方が断然得意。

 

そして、お金が貯まる仕組みを作ることの方が、日々の節約よりも結果的に効果が大きく、お金がどんどん貯まるようになるんですよね。

 

だから、貯蓄をするという上では夫が家計を管理している方が、より効率的で有利だと言えるでしょう。

 

【期間限定!!】お金で悩む毎日を変えていきいきとした人生を送りたいあなたへ。ネットで稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

 

参考:共働き夫婦の妻の収入は全額貯金?妻の給料の3つの使い方とみんなの家計事情

共働き夫婦の財布は2つに分かれている

管理

共働き夫婦の家計は収入が二つになっていて、クレジットカードの支払いや公共料金は妻か夫のどちらかの口座を指定しなくてはいけません。

 

各自が個人的に使ったお金は使った本人の口座から支払うのはよしして、家族で共同で食べる食材や子供の習い事、おもちゃや公共料金の支払いなど、どちらの口座からどれだけ負担するのか、結婚する時にしっかり決めておけるのがベスト。

 

お互い持っている貯金額に差があったら、共有の口座に大きなお金をまとめておくというのは納得がいかないでしょうから、結婚前に貯めたお金は各自の貯金として持っておくのがいいでしょう。

 

お金の話は子供が産まれてから。そのうちでいいかなぁ・・なんていう方もいるでしょうが、夫婦でお金について話し合い、日頃からコミュニケーションをとることは今後の夫婦関係を良好に保つためにもとても大切です。

 

ちなみに、SUUMOが行った家計管理の方法についてのアンケートでは、「夫婦で共有の口座を作って毎月一定額を入金してあとは各自自由に使う。」という家庭が約30%で最多という結果になっています。(SUUMOホームページよりデータ引用)

 

参考:主婦のパート年収150万の税金と手取りいくら?住民税と扶養の知らないと損する話

資料

この結果を見ると、

 

  • 夫婦で共有の口座を作り、一定額を毎月貯めたらあとはそれぞれ自由に使える
  • 家賃は夫、子供の費用は妻、といった用途ごとに予め支払いを分担しておいて、あとは自由に使う

 

という上位2位の方法はいずれもルールは決めたうえで、あとはそれぞれが自由に使える方法だという共通点がありますよね。

 

こうすることで、お互い自分のお金を自由に使いたいという裁量分が出来るので、もめたり、ストレスを感じることがなくなるという、合理的で平等なとても良い選択。

 

夫婦であれこれもめた結果、話し合いでこの2つの方法に行きついたということかもしれませんね。

 

参考:旦那が年収1000万世帯の生活レベルは?夫の年収1000万専業主婦家庭が陥る3つの問題

具体的におすすめな家計割合と貯金のコツ

夫婦共働きの家庭で、円満に家計を管理し、貯金を作っていくために押さえておくことは、

 

  • 金額を決めて、貯金を必ず毎月すること
  • 夫婦で話し合いながら老後と教育費の貯蓄について計画を立てること

 

参考:

貯金を毎月定額で固定する

夫婦共働きの場合、収入の額に応じて、お互いの収入から毎月貯金する金額を決めるのがいいでしょう。

 

たとえば夫が50万円、妻が30万円毎月収入があれば、毎月必ずそれぞれ10万円、6万円は貯金するなど、一定の金額を貯めると決めるということ。

 

なんとなく余ったら貯金するというのは無計画で貯まりにくいので避けるべきです。

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

夫婦で話し合い貯金への意識を一致させる

そして、夫婦でそれぞれ収入があっても、貯金をすることへ同じ意識を持つことも大切。

 

  • 子供が何人欲しいのか
  • 教育費にはいつまでにどのくらい貯めないといけないのか
  • 老後の生活費にはどのくらい必要なのか
  • そのためには今からいくら毎月貯めていくべきか

などを話し合い情報を共有しておきましょう。

 

参考:【共働きと専業主婦家庭】子供の学力・性格に違いや悪影響はあるの?

ルールを決めるのは結婚前か結婚後すぐのタイミングがベスト

新婚

では、共働き夫婦が家計の負担割合など、お金の管理のルールを決めるタイミングはいつが良いのでしょうか。

 

結婚をするからには、生計を共にするわけですから、新婚まもなくて楽しい時期でも、リアルにお金の話をするタイミングとしては結婚後すぐ、あるいは結婚前がベスト。

 

はじめにルールをしっかり決めておけば、あとからもめて夫婦関係に亀裂が・・なんていうことにもならずに済みますからね。

 

末長く夫婦関係を良く保つためにもお金についてのルール決めは最初が肝心。と覚えておきましょう。^^

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

まとめ

共働き夫婦の家計管理と負担割合は、働く夫婦にとって早めに考えておきたい問題。

 

統計では妻が家計を管理している夫婦が一番多い一方で、夫が管理している家庭の方が貯金は貯まりやすいという結果に。

 

家計の管理方法は夫婦共有の口座に一定額を積み立ててから、あるいは用途ごとに負担する割合を決めておいてから、あとは各自自由に使うのが、平等でもめごとになりにくいのでおすすめ。

 

家計の負担割合や家計管理についてのルールを決めるのは、結婚前か新婚当初がベスト。

 

夫婦でお金について、向かう方法性を一致させて協力してお金を貯めましょう^^

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたが読むべき記事↓

 

参考:【共働きと専業主婦家庭】子供の学力・性格に違いや悪影響はあるの?

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.