もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

共働きは専業主婦より幸せ?子育てしながら幸せになるたった一つの心がけ

 
  2019/03/12
MEGUMI
WRITER
 
共働き?
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

共働き主婦(兼業主婦)のあなたも、専業主婦のあなたも、今の生活を幸せだと思っていますか?

 

日経DUALの調査によると、共働き家庭の夫婦の約75%が今の生活を幸せと答えています。

 

最近はお母さんが仕事から帰ってきて、夕食を作っているお父さんと子供がお帰り~と家で迎えているテレビCMを見かけますよね。

 

お母さんも働いて、家事をするお父さんが一般的になりつつありますが、たしかに仕事をしながら子育ても家事もやるのは大変なこと。

 

子供が小さいうちは特に、心に余裕を持って子育てに専念したい、手をかけてあげたいという気持ちと、社会で働き一人の人間としても自立していたいという気持ちで葛藤もあるでしょう。

 

それでも、夫婦で協力しながら相手を思いやって生きていることで喜びと幸せを感じているというのが実相のよう。

 

専業主婦、共働きという形に拠らず、あなたが心から幸せが実感できるような生き方を選択できたらいいですよね。

 

今回はそんな共働きと専業主婦のメリット、デメリットとあなた自身に生き方を考える参考になるお話をします。

 

働き方、生き方を考えて悩んでいるあなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

参考:【共働きと専業主婦家庭】子供の学力・性格に違いや悪影響はあるの?

共働きよりも専業主婦が幸せだと思う女性の方が多いのか?

共働きと専業主婦。どちらが幸せなのしょうか?

 

ワタベウェディングのアンケートによると、20代から40代の女性のうち、「専業主婦になりたい」と答えたのは約半数だったそう。一方、「奥さんには仕事をし続けてほしい」と答えた男性は約6割。

 

働かなくていいなら働きたくないという女性ばかりかと思いきや、仕事を持っていたいという女性も結構多いということがわかりますね。

 

単純に働かなくていいことが女性の幸せと感じている女性ばかりではないということ。

 

私自身も子供と一緒にお菓子を作ったり、絵本をたくさん読んであげたいという気持ちがある一方で、子供が小学生、中学生になってから自分自身の生きがいとして仕事を持っていたい、という思いがあります。

 

そのように、子供も大切だし、自分の人生は仕事があるからこそ充実させられるという思いを持って、共働きをしながら子育てに励むお母さんがたくさんいることでしょう。

 

共働きと専業主婦どちらを選ぶかは女性にとって難しいテーマ。

 

共働きと専業主婦としての生き方には、それぞれどんな良さがあるのか、問題点は何なのか?

 

共働きと専業主婦のメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

共働き主婦の感じる幸せ。共働きのメリットとは?

共働き

まず、共働きする兼業主婦の感じる幸せ、共働きのメリットを考えてみます。

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

1.経済的に余裕が生まれやすい

まず共働きをする一番大きなメリットは経済面での幸せ。

 

奥さんも働けば収入の柱が2倍になります。

 

働き手が増えるほど、経済的な基盤が安定するので、お金の面で有利というのが共働きのメリット。

 

夫の収入で生活をして、妻の収入は将来のため、いざというときの備えとして貯蓄するというスタイルも可能です。経済的な安定は心の安定にも繋がるのでこの恩恵は大きいですよね。

 

【期間限定!】お金を稼ぐためだけの毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイド+在宅で毎月3万円を稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

2.妻が子育てで煮詰まりにくい

子供が小さいうちは家で子供と二人っきり。遠出もなかなか難しいので産後うつや子育てノイローゼになってしまうお母さんもいます。

 

たとえば、私の友人で子供を二人育てながらフルタイムで働いている人がいますが、家で子供を見ているより週5で働いた方が全然楽だと言っていました。

 

その点、共働きでお母さんも外で働くことが生きぬきになるという場合には、外で他の人と関わったり、一人きりにならない環境があることで精神的に息詰まりにくいというメリットがあるでしょう。

 

外で働くことが気持ちの負担になるというワーキングマザーがいる一方で、人によっては気分転換にもなるというメリットもあります。

 

参考:ワーママ必読!働くママが疲れがとれないと限界を感じたときに試すべき5つの事

3.年金額が増える

年金の金額が増えるというのも、収入が増えるメリットに付随してあるメリット。

 

仮に60歳まで正社員として働いた場合、老後にもらえる年金額は専業主婦よりも圧倒的に多くなります。

 

大学新卒で働いていたら37年間働いてきたわけですから、頑張ってきた分、お金がもらえるのは、当然なことですよね。

 

収入が増えた分、年金をたくさんもらえるのは共働き主婦の大きなメリットです

 

参考:共働きと専業主婦どちらが得?あなたが幸せになる選択は?

4.社会性が身に付く

妻も社会で働くことで、社会性が身に付きます。

 

同じ時代に社会で働いているもの同士、夫と気持ちを共感しあえるというのも共働きのメリットでしょう。

 

また、子育てをする上でも社会を語れるのは強みです。ある調査では、共働き家庭の子供の方が将来収入が高くなり、勤労意識が高くなるという結果が出たそう。

 

働く親の背中を見せることが、子供にとって良い影響があるということでしょう。

 

立派になりなさい、というよりも自分が子供に誇れるようにイキイキと生きる姿を見せるのが一番効果的ですね。^^

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

共働きのデメリット

共働き

では反対に、共働きのデメリットについて挙げていきます。

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

1.時間的・体力的な余裕がない

子育てをしながら子育てをすると、とにかく時間との勝負

 

子供の世話があるので今日休みますなんて言えませんし、仕事が終わらないから一人で保育園から帰ってきてね、なんてありえません。

 

忙しい親を見て状況を察するのか、子供ははっきり言わなくても、本当は寂しいな、もっとかまってほしいな、と思うこともあるでしょう。

 

一日時間に追われながら家と保育園、職場と移動しなくてはならず、体力的な厳しさもありますし、時間がないことから精神的なストレスも増えるはず。

 

時間的、体力的、そして精神的にも余裕を持ちにくいというのは共働きのデメリットでしょう。

 

参考:家事と育児と仕事の両立は限界?共働き主婦が子育ても楽しめる働き方とは

2.妊娠・出産の計画が立てにくい

仕事をしていると、次々と新しくやることが出てくること、そして周りの人と協力して進めることになるので、私的な都合で仕事を抜けにくいという状況になりがち。

 

本当はもう一人子供が欲しいけど、今妊娠したら迷惑がかかるし。。と妊娠・出産のタイミングを逃してしまうこともあります。

 

仕事をしていると、出産のタイミングが難しいというのも共働きのデメリットですね。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

3.保育料でお給料が減る

保育園の保育料は平均3万円と言われていますが、子供の年齢や認可、無認可保育園かによってもかなり保育料が変わってきます。

 

1歳児を無認可保育園に預けたら月に6,7万円取られるなんていうこともあるそうで、その分お金を稼げないと割に合いませんよね。

 

仕事をして収入が増える一方で、保育園に預ける場合には、子供が小さいうちから保育料がかかるというデメリットがあります。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界、辛い理由TOP3!辞めたいときに乗り切るコツ

4.職場で気を遣う

子供は小さいうちは特に、しょっちゅう熱を出したり体調を崩します。

 

そんな時に代わりに迎えに行って看病してくれる親がいれば良いですが、難しい時には仕事を抜けてこなくてはいけません。

 

職場で周りの人にしわ寄せが行ってしまうので、気が引ける、肩身が狭い思いをしてしまうというのも働きながら子育てをする上でのデメリットでしょう。

 

参考:共働きの子供への影響は?愛情不足で不安定になるから本当にかわいそうなのか

専業主婦のメリット

主婦

では次に、専業主婦のメリットについて見ていきましょう。^^

 

参考:ワーキングマザーが仕事を辞めてよかったこと。辞めたい理由と後悔しない選択とは

1.子育てに専念できる

一日中家にいて家事と子育てに時間と手間をかけられるので、余裕を持って家事育児が出来ますし、子供もお母さんとたくさんの時間を過ごせるので喜ぶのは言うまでもありません。

 

子供の小さな変化にも気付いて挙げられたり、目の行き届いた育児が出来るのが専業主婦のメリットですね。

 

参考:共働き家庭の子育てと残業!主婦が辛い、無理と悩むワンオペ育児の問題と子供への影響

2.妊娠・出産を計画しやすい

これは共働きの女性の反対で、ライフスタイルが職場に捉われないので、自分のタイミングで妊娠、出産が出来ます。

 

また、ストレスを抱えていると妊娠しにくいともいわれるので、仕事のストレスがない分、妊娠をしやすいというメリットもあるでしょう。

 

参考:主婦のパート年収150万の税金と手取りいくら?住民税と扶養の知らないと損する話

3.夫が仕事に専念できる

専業主婦だと家事育児が本業になるので、夫が家事育児をやると言っても子供に手がかかって余裕がない時にサポートする程度で済むようになります。

 

妻が家事、育児、夫は仕事。とはっきりと役割分担が出来るので、夫が仕事に一点集中出来るというのは大きなメリット。

 

参考:在宅ワークは辛い!子育てしながら主婦が産後・育休中でも仕事をこなす3つのコツ

4.社会保険料の負担

妻が専業主婦だと、夫が扶養者として負担することになり、妻は社会保険料を別々に納めずに済みます。

 

税務上、配偶者控除が適用されるので、夫の住民税、所得税の金額を抑えられるというメリットもあるでしょう。

 

専業主婦の場合、家庭の収入は旦那さんに頼ることになりますが、税金の負担額ではメリットがあります。

 

参考:共働きしながらの子育てを辞めたい!辞めて後悔しないために確認すべき3つのこと

専業主婦のデメリット

主婦

では反対に、専業主婦のデメリットを見ていきます。

 

参考:パートになって後悔しない?正社員の退職理由と辞める前に考えるべき2つのこと

1.収入の柱が一本というリスク

専業主婦家庭は役割を完全に分けることで効率良く、円満に家庭生活が送れるのがメリットですが、収入の柱が一本になるのは大きなリスク。

 

どれだけ旦那さんが収入が良くても、急に事故や病気で亡くなったり働けなくなったら、家族全員が路頭に迷うことになりますよね。

 

専業主婦で旦那さんの収入だけに頼って暮らしている専業主婦は、もしものときに困るということを分かっておくべきです。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぐには?自宅で主婦が副業して収入10万15万30万稼げる仕事

2.孤独感を感じる

専業主婦は人との関りが少なく、意識的に人間関係を作りに行かないと、社会と接点がなく、孤独を感じることも多いでしょう。

 

特に、子供が小さいうちは家で身動きが取れずに、誰とも関わらずに過ごすなんていう日もあったり、孤独で辛いと感じることもあるはず。

 

また、収入がなく社会的な役割がないため、自分には価値がないと自尊心が満たされない場合もあります。

 

あなた自身、自分の成長を意識してみることで、自信を失うことなく、子育てを頑張れるでしょう。

 

仕事をしていなくても、昨日の自分よりも人間的に成長していると感じ、子供の成長を楽しめる毎日を送れるといいですよね。

 

参考:共働きで残業があると夕飯はどうする?ワンオペ育児を乗り切る3つのコツ

3.視野が狭くなりがち

普段過ごす世界が家庭と近所になるので、ママ友付き合いで疲れてしまったり、よその旦那さんの話を聞いて羨ましく思ったり、視野が狭くなりがちなのも専業主婦のデメリット

 

保育園よりも幼稚園のお母さんの方が先生にあれこれ文句を言ってくることが多いという話も聞くので、時間と気持ちに余裕がある分小さなことにこだわってしまったり、悩まなくて良いことで悩んでしまったりするのでしょう。

 

参考:ワーママが仕事を辞めたいと思う3つの理由と退職を考えるべき4つの理由

4.夫の気持ちに共感しづらい

普段社会の荒波にもまれているご主人の気持ちを理解するというのが、同じように働いている妻よりも難しいというのが正直なところ。

 

夫にいつもありがとう。と仕事をする大変さを労う思いやりがあれば問題ではないですが、うっかり地雷を踏むような発言をすることがないように、思いやりを持っていたいものですね。

 

参考:共働き主婦が辛い!子育てに疲れたというワーママの悩みを解決する3つのコツ

結局共働きと専業主婦どちらが得か?

共働きと専業主婦のメリット、デメリットを見てきましたが、結局どちらが得なのでしょうか?

 

どちらかを選べればいいですが、保育園に入れられない、入れられても保育料が高くて働く意味がなくなってしまうというケースでは専業主婦を選択するしかないでしょう。

 

そういう場合を除けば、旦那さんの収入が高くても、あなた自身が働きたいという意思があるのなら働くべきです。

 

お金の事だけを考えれば、パートであっても仕事をする方が長期的に考えても絶対にお得です。

 

保育料で手取りが若干減ったとしても、働き続けることであなたの価値も高まりますし、毎月3万でも5万でも貯めていければ大きいですよね。

 

なにより継続して働くことでもらえる年金額が全然変わってきますし、パートよりも正社員で働く方が圧倒的に得です。

 

参考:バイマが在宅ワークの副業に狙い目と口コミで広がっている2つの理由。

共働きか専業主婦どちらが幸せか?あなたの幸せはあなたが決める

どっち?

共働きにするのか、専業主婦どちらが幸せなのか?

 

仕事をするというのはまずお金のためですが、それ以外にも社会的な居場所を作ることで自尊心を満たせたり、家にいるだけでは出来ない成長を感じることが出来ます。

 

出産後6割の女性は仕事を辞めて家庭に入るというデータがあり、育児休暇を取って復帰するのは約3割。それだけ子育てと家事、育児の両立は難しいということが伺えるでしょう。

 

大変でもお金のために働かなくてはいけないですし、専業主婦であっても旦那さんのお給料に頼るのは大きなリスクがあります。

 

そういった事実を考えると、これからは女性も仕事を持って生きるのが賢明な選択でしょう。

 

でも、働くかどうかを決めるには、ただお金を稼ぐ、稼がない、損か得かということだけではなくてあなた自身がどういう生き方をしたいのか、どういう人生を理想とするかが大切。

 

一度の人生、あなた自身が満足のいくように、よく考えて検討しましょう。

 

参考:旦那の給料だけで生活できない?給料だけでやりくりは無理な専業主婦は副業しよう

共働きで幸せを感じるために大切な心がけ

共働きで幸せだと感じている主婦に共通していることがあります。

 

今共働きで仕事と子育てをしながらも、もやもやと心が晴れないと悩んでいるあなたが心がけて欲しいことをお伝えします。

 

参考:ワーキングマザーがもう限界と悩み疲れがとれず辛い時!うつにならない6つのコツ

共働きで幸せになるには夫婦でコミュニケーションをとること

共働きでも幸せを感じている主婦は、旦那さんとのコミュニケーションが取れていて、夫婦がお互いに相手に尊敬と感謝の気持ちを持っているという共通点があります。

 

子育ても仕事も家事もマルチにこなすのに、お母さん一人の力では限界がありますよね。

 

帰りの遅い旦那さんが家事分担をほとんど出来ていなくても、帰ってから夫婦で会話をして労を労ったり、休日には旦那さんが子供を見て、奥さんに一人で自由な時間を持たせてあげたり、「一緒に頑張っている。」という実感が持てることで、奥さんは精神的に満たされ、「幸せ」になるのでしょう。

 

参考:在宅ワークのみで生活できないの?主婦が月収20万円以上本業にできる4つの稼ぎ方

共働きならではの生活を楽しむ意識を持つ

仕事も子育ても楽しめる働けるように、くれぐれもあなた自身が頑張りすぎないようにすべき。

 

幸せの感じ方も人それぞれなので、外に働きに出て、気分転換に感じるという兼業主婦も、家庭にどっぷり腰を据えて主婦業を頑張る専業主婦もいて当然。

 

そして、お金を稼がなくてはいけないけど、家庭も大切にしたいというあなたは、パートや派遣で時間を区切って仕事をするという選択も出来ますし、在宅で仕事をするという選択も出来ます。

 

あなた自身が満たされて毎日を送っている姿を見せることが、子供にとっても良い事。

 

人生は楽しむためにある。

 

子育ても仕事も楽しもうという意識を持てたらいいですね。^^

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

仕事をするのに外で働くだけではない

仕事も子育ても楽しんでいる、兼業主婦の中には、在宅ワークを仕事にして、生活を楽しんでいるワーママもいます。

 

仕事をしながら時間も持てるライフスタイルが出来る、在宅ワークという働き方を選び、在宅でお金が稼げれば、専業主婦のように家にいて、子供との時間を持ちながら、仕事が出来ますし、仕事によっては、本業なみにお金を稼ぐことも出来ます。

 

専業主婦のメリットと共働き主婦のメリットをどちらも実現できる働き方として、選択肢の一つとして、検討してみましょう。

 

ネットビジネスに興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

 

参考:生活費が足りないなら副業!毎月お金をどうしてる?主婦が考えるべき4つの事

まとめ

共働きと専業主婦、どちらを選んでも幸せ感じるかは人それぞれ。

 

そして、仕事と子育てとお金のバランスを考えると、専業主婦になるべきか、仕事をするべきか、子育て中の主婦のあなたにとっては、答えに悩む難しい問題ですよね。

 

あなたが幸せになるには、あなた自身がどんな生き方をしたいのか、どんな家庭生活を理想とするのか、仕事をする事への意義について正直に考えて決めること。

 

あなたが楽しそうに毎日を生きていれば、子供も幸せに感じるはずです。^^

 

→【期間限定☆最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:20万円主婦が稼ぐ仕事11選!月収20万女性が稼げる資格と資格なしでも稼げる在宅ワーク

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.