もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材をプレゼント!子育てしながら本業、副業として収入を増やしたいあなたへ。

共働きと専業主婦どちらが得?②あなたが幸せになる選択は?

 
  2019/03/11
MEGUMI
WRITER
 
働く
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

さて、前回は共働きと専業主婦のどちらが得かというテーマで、共働き、専業主婦それぞれのメリット、デメリットについてお話しました。

 

今回も続編として、引き続き共働きと専業主婦のどちらが得なのかについて、考えていきます。

 

結論から言うと、専業主婦と共働きのどちらを選んでも、あなた自身が幸せに感じる選択が正解。

 

お金については、専業主婦より働いた方がメリットがあるのは言うまでもないこと。

 

たしかにパートの働き方によっては、手取り金額と労働時間のバランスという点で損か得かという議論はありますが、働かないより働いた方がお金が増えるのは間違いありません。

 

また、専業主婦は働かないで生活が出来るのでお得という価値観もありますが、その考えも人それぞれ。

 

世の中には、仕事を生きがいとして楽しんでいるワーキングマザーもたくさんいます。

 

では、さっそく共働き主婦と専業主婦について、その違いを見て行きましょう。

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:共働きVS専業主婦どちらが得?兼業主婦でも子供は幸せになる4つのメリット

共働き主婦と専業主婦どちらが得?税金の違い

共働きと専業主婦を比べてどちらが得か?という問いについて、お金の面では税金の他に、社会保険料の問題があります。

 

共働きで奥さんも正社員やパートでも年収130万円以上稼いでいる家庭では、社会保険も自分で支払い自分の年金を積み立てている一方で、専業主婦もしくは年収が130万円までの収入で、パートなどをしている主婦の場合には、夫が会社員であれば社会保険料を夫が負担しています。

 

年金、健康保険料(社会保険料)の負担がないのが、フルタイムで働いている主婦と専業主婦の大きな違い。

 

でも、社会保険料を支払っている共働き主婦は、自分で支払っている分だけ当然、将来もらえる年金の額も大きくなります。払っておいて損ということはないので安心してくださいね。

 

ちなみに、2018年から配偶者扶養控除の枠が変更となったのはご存知でしょうか?

 

今までは130万の壁と言われていた、配偶者控除(妻が働いて収入があっても103万円以上130万円までの収入については税的控除をするというものです)が満額控除を受けられる対象者が、年収150万円までに拡大したのです。

 

これは、150万円までの年収であれば、パートで稼いでも、夫も税的控除を受けられるということ。

 

パートの税金についてまとめると

100万円までなら専業主婦と同じく住民税もかからない

100万円を超えると住民税がかかる

103万円を超えると所得税がかかる

130万円超えから150万円(職場によっては106万円から150万円)までは社会保険料、住民税、所得税がかかり、旦那さんの扶養内で働けるので、旦那さんの税負担額が軽減される優遇措置を受けられる。

 

社会保険に加入する130万円から150万円は、手取り額が減るので、「働き損」と言われることもありますが、将来の年金を積み立てているので、必ずしも損ではないということは理解しておきましょう。

 

ちなみに今、国で検討されているのが夫婦控除という制度。

 

今ある配偶者控除を辞めて、妻の年収に関係なく、夫婦の所得の合計額から一定額を控除しようというもので、これが実施されれば、妻は150万円の壁を気にして収入を抑える必要がなくなるので共働き家庭にとってはメリットがあるでしょう。

 

ただ、この場合には出産育児、介護などで仕事ができない専業主婦にとってはデメリットとなるので、専業主婦を優遇しないように国が持っていこうとしているという印象を受けますね。

 

やはり時代は一億総活躍時代に向かっていくのでしょう。

 

参考:ワーキングマザーの仕事の辞めどき。退職のその後に主婦の副業のすすめ

共働きをしたくても専業主婦になるしかない問題

働く

実際に共働きをしたいと思っても、今日は保育園に入園できないから専業主婦をしているというケースがけっこうあります。

 

もともと勤めていた職場に復帰する場合には比較的スムーズに審査を通るようですが、それでも子供が産まれる前から保育園を見学に行って準備をしている主婦も多いのが現状。

 

「待機児童ゼロ」を謳っている自治体もありますが、実際のところは、申し込んでも入所できないから諦めて申し込みすらしていないだけ。

 

厚生労働省が発表している待機児童の統計データを見る限りでは、2017年の時点で約26000人の待機児童がいるようですが、実際には申込みをしてもどうせ通らないからという理由で諦めている「隠れ待機児童」がもっとたくさんいるのです。(参照:厚生労働省)

 

待機児童

 

仕事をしていない期間が長いほど、もう一度社会復帰をする時に雇用主側から敬遠されてしまう傾向があり、派遣社員として働く場合でも、3年以上働いていないと働き手としての価値が落ちてしまうという話も聞きます。しかも年齢が30代後半になってくるとさらに不利だとか。

 

キャリアを考えると一度仕事を辞めて子供を預けられないという状況に陥ると、そもそも仕事をすることが難しくなるという悩ましい現実もあるのです。

 

参考:主婦がすぐにお金欲しいときはネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

共働きと専業主婦のどちらが得かよりも何のために働きたいか

共働きでも専業主婦でも、どちらが得かで選ぶのも妥当。もちろんお金の問題があります。

 

仕事をすることで得られるものはお金はもちろん、

  • 社会的な地位を得ることでの充足感
  • 自分自身のスキルアップ
  • 人間的な成長
  • 視野が広がることへの喜び

心理面での幸せを得られることも大きいでしょう。

 

結局共働きをしようか専業主婦になろうかを決める際に、お金、時間、体力、精神的な面をトータルで考えるべきであって、一概に専業主婦がお得だとかいうことにはなりません。

 

【期間限定キャンペーン☆】お金か時間かで悩む人生を辞めたいあなたへ。

安全に稼げる方法が学べるネット副業ガイドとネットで毎月3万円が稼げるマニュアルを無料でプレゼント↓詳しくはこちら

 

参考:年収500万のワーキングマザーでも。辞めるか時短か検討すべき3つのタイミング

あなたがある状況に合わせてフレキシブルに働くべき

先にお話ししたように、働く目的は、人それぞれ。

 

  • 生活費、教育費、老後資金のためにしっかり働きたい
  • 将来のためにスキルを磨きたい
  • 育児の合間に働いてお小遣い稼ぎや家計の足しにしたい
  • 家にいるのは辛いので働いて社会とつながっていたい

などと理想とする思いがあっても、実際働けない状況もあります。

 

たとえば夫が転勤族であちこちに家族で引っ越さなくてはいけないのなら、自分が定職に就くことが難しくなるでしょうし、地方に住んでいてそもそも仕事がない、とかあなたをとりまく環境や状況によって考え方も変わるはず。

 

女性は妊娠、出産、子育てと大きくライフスタイルに変化があり、子供を産んでみたら「家庭で子育てと家事に専念したいなぁ」と急に気持ちが変わるパターンもあります。

 

また、今ではインターネットの普及で自宅で仕事をするスタイル(テレワーク)も確立されてきており、毎日職場に行かなくても済むということも。

 

実際に、時間の空いた時だけ単発の仕事をしたり、在宅ワークでネットビジネスをする主婦も増えています。

 

自宅で仕事が出来てお金が稼げれば、お金のためだけに仕事をしているという主婦にとっては、ありがたい話ですよね。^^

 

在宅ワークなら専業主婦と同じようなライフスタイルを送りながら仕事が出来るので、ワーキングマザーの定義もあいまいになってくるでしょう。

 

なので、「私は絶対に働かない」なんてきっぱり決めずに、ライフスタイルに応じて柔軟に仕事をするという考え方を持つべき。

 

もちろん税金の金額が変わってくるので、働く際にはどのくらい働くのが良いか、税制上の待遇を加味して賢く決めましょう^^

 

参考:ワーキングマザーの正社員割合と就業率の推移。これからの女性の5つの生き方とは

旦那さんの収入が高くても共働きの方が絶対に良い

専業主婦にあこがれる主婦は一定数いて、「専業主婦は勝ち組」などと言われることもあります。

 

たしかに旦那さんの収入で時間もお金にも心にも余裕がある生活は確かに幸せな人生かもしれません。

 

でも、旦那さんの収入だけで家族全員の生活を賄っているということは、旦那さんの収入がなくなると、一家の生活が破綻するということ。

 

今は子育てがひと段落すると、大半の主婦がパートやフルタイムで社会復帰していますし、これからの時代、会社も旦那さんの稼ぎもどうなるかわかりません。

 

生きがいと人間的な成長が出来る仕事を通して、あなたはお金と同時に、いざというときには家計を支えられる一家の大黒柱として、自分で稼ぐ力が得られます。

 

長い人生を考えると、女性も仕事を持って自立して稼ぐことが賢明なのではないでしょうか。

 

参考:ワーキングマザーの平均年収!働くママの年収はいくら?正社員ママを諦めてフリーランスになろう

まとめ

共働き

共働きでも専業主婦でもどちらにしても、あなたが幸せを感じられることを重視しましょう。

 

個人的には、働ける環境があるのなら、女性もどんどん働いて自立をした方が良いという意見です。

でも、子供と家族のために家庭で一生懸命働くという専業主婦の幸せも理解できます。

 

そして、働くという選択をするなら、フルタイムで働くにしても、フレキシブルに働くにしても、夫婦でよく話し合いをして、

  • 足並みをそろえること
  • やるなら家事分担を明確にしつつも、相手の状況に配慮して柔軟に協力すること
  • がんばりすぎないこと。

 

一日二日掃除しなくても死にはしませんから、あまり完璧にできていない自分をせめたり、完璧にこなそうと気負わないことですね。

 

あなた自身がどんな家庭にしたいのか、どんな子育てをしてどういう生活を望んでいるのか。

あなた自身がどう生きると幸せを感じるのかによって答えが変わってきます。

 

自宅にいながら仕事をするという選択もよし、子供と思いっきり楽しい時間を過ごすもよし、社会で刺激を受けながら子育てもおろそかにしないという選択もありです。

 

損得だけではなく、あなた自身が満足できるライフスタイルを考えて選択していきましょう

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたが読むべき記事↓

 

参考:正社員からパートになりたい!後悔しないために考えるべき4つのデメリット

参考:主婦の副業!安全に稼げる6選!本当に儲かる安全な仕事ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.