もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

大学学費が払えない親が取るべき4つの解決法!大学費用を捻出する最後の手段

 
  2019/05/24
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

大学学費が払えないという理由で大学を退学している学生が年間に約16000人もいるというデータがあります。

 

せっかく大学で勉強したい、学びたいと思っていても、経済的な理由で大学に進学できなかったり、途中で退学せざるを得なくなる学生がいるのはもったいないことですよね。

 

さらに、年間に約1万人の学生が大学の学費を滞納しているというデータもあり、経済的な理由で子供に進路を選ばせてあげられないと悩む親は結構多いのです。

 

生活には事足りているけど、大きな金額が必要になる大学学費を捻出できずに、子供に選択肢を与えてあげられないのは、親としても辛い事でしょう。

 

今回は、大学学費が払えないと悩んでいる親であるあなたに、今から出来る対処法をご紹介します。

 

奨学金を使うとしても、借金であるということを忘れず、親として返済できるように計画的に利用しましょう。

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

参考:大学学費どうやって払ってる?子供の大学費用が払えない!とならない4つの対策

経済的な余裕がなくて大学学費が払えない親は意外と多い

経済的にゆとりがないと答える親は3人に2人。大学学費が払えない不安に悩む家庭の方が多いというのは深刻な問題です。

 

お金が足りないとはなかなか親や兄弟にも言いにくいことですし、家庭で悩んでしまう傾向があるよう。

 

子供が一人の家庭でも、大学を卒業するまでに、安くても300万円は必要になるので、子供が産まれる前の早い時期から動かなくてはいけないでしょう。

 

そうはいっても、今は会社員の平均年収も400万円と年々減少傾向にあり、あなただけではなく他にもお金が満足にないために、子供を大学に通わせてあげられるか悩んでいる親御さんはたくさんいるのが実情。

 

もしあなたのご家庭でお子さんの大学費用を払えないという状況になったら、出来ることは

  • 子供に進路を諦めさせる
  • 奨学金をもらって大学に通う
  • 大学に学費の分納、延納、免除、減額などを申請する
  • 教育ローンに申請する

 

これらの対処策について、解説していきますね。

 

【期間限定!】お金で悩む毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルなど7つの特典を無料でプレゼント↓

 

参考:大学費用どうしてる?大学費用がないと焦らないための3つの貯金方法と奨学金の話

大学費用が払えないと悩んだ時に出来る対処法

では、大学費用が払えないときに親が取れる選択肢をご紹介します。

 

参考:教育費貧乏な家庭の末路とは?子供に教育費をかけすぎて家計を圧迫しないたった一つの方法

1.子供に進学を諦めさせる

大学学費がないという理由で、子供に専門学校に進んでもらったり、高卒で社会に出てもらうという選択をする家庭もあります。

 

子供の気持ちを考えると可哀そうですが、高卒だからと言って必ずしも将来苦労するわけではないですし、専門学校で学んだ知識を活かす方が就職に有利なケースもあります。

 

子供に奨学金で借金を背負わせるよりも、その方がいいという考えも理解できますね。

 

参考:大学資金はいくら?4年間で必要な大学費用のお金の準備はいくら貯めるべき?

2.奨学金を申請して大学に進学する

大学学費が払えないときにの対処法としては、次に奨学金を使う方法があります。

 

今は学生の二人に一人は使っているという奨学金。

 

奨学金として、一般的なのが日本学生支援機構が提供している奨学金。

 

成績や世帯収入などの審査条件があり、無利息の第一種奨学金と有利息の第二種奨学金があります。

 

詳しい申請条件や支給額などについては、日本学生支援機構のホームページをご参照ください。

 

大学によっては、成績優秀で一定以下の収入、保護者が直近で亡くなったなどの状況次第で、返済義務のない給付型の奨学金制度を設けている場合もあるので、行きたい大学に問い合わせてみましょう。

 

参考:貯金なしでも大学進学準備するには奨学金?大学に行かせるお金がないと気付いたときの3つの対策

3.大学に学費の分納、延納を申請する

大学学費が払えないときに取れる対処法として、次に大学に学費の分納や延納、さらに免除や減額を申請できないか確認しましょう。

 

多くの大学では、学費の一括納入だけではなく、分納や延納の制度があります。

 

延納の期限は、大学によって異なるのですが、2週間しか待ってもらえない大学や半年は待ってくれる大学もあります。

 

また、一定条件を満たす学生には、学費の減額や免除の制度がある大学も多いので、まずはお子さんが進学したい大学に詳しい条件を問い合わせてみましょう。

 

参考:お金欲しい!主婦が今すぐお金が欲しいならネット副業!安全に稼ぐための賢い選択

4.教育ローンを使う

大学学費が払えないときの対処法、4つ目は、教育ローンを使う方法。

 

一番低金利で安心なのが、日本政策金融公庫が提供している国の教育ローン

 

金利はかかりますが、年間1.76%という低金利で、奨学金が学生である子供を対象にしているのに対して、親を対象に貸し付けてもらえます。

 

教育ローンは一括で融資を受けられるので、大学に入学金に充てることも出来るというメリットがある反面、返済は翌月から始まるので、きちんと返済目途を立ててから借りないと大変なことになります。

 

また、民間の金融機関でも教育ローンを用意していますが、金融公庫に比べると金利が割高。

 

こちらも各金融機関に問い合わせて、メリットとデメリットをしっかり把握したうえで、利用すべきか検討しましょう。

 

利用するなら計画的に返済する目途を付けてから。

 

参考:教育費をブログで稼ぐ3つの魅力!教育費貧乏にならないための主婦の副業のすすめ

まとめ

子供の大学学費が払えないと悩む親は珍しくありません。

 

子供が産まれたばかりや幼いうちなら、これからお金を貯めて行けば間に合う手立てがありますが、高校生や中学生の時点で気付くと、間に合わない可能性もあります。

 

子供の希望を叶えてあげたいと思う親心と、奨学金を使ってまで大学に通わせるのがいいものかは、深刻な問題。

 

もし子供がどうしても大学に進みたいと望んでいたり、近い将来奨学金を返済できる目途がついているのなら、ローンを組んだり、奨学金を使うのも選択肢の一つ。

 

周りも使っているから、と安易に手を出すのは絶対に止めるべき。

 

お子さんの将来と希望を考えて、慎重に検討してくださいね。

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

→【最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたが絶対に読むべき記事↓

 

参考:教育資金の目安!教育費の積立はいくら?どうやって貯めるか3つの具体的方法

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.