もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

7つの無料教材プレゼント「実績ゼロからたった半年で」完全在宅で月収入90万を達成した方法>>

母子家庭の生活費シュミレーションと収入の話!シングルマザーが年収500万円目指せる2つの稼ぎ方

 
  2019/05/31
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

生活費の生活費のシュミレーションは、シングルマザーになったあなたも、これからシングルマザーになろうと思っているあなたもまず最初にやるべきこと。

 

一人で子供を育てるのは本当に大変なことです。

 

一人親として生きていく決意をしたあなたが、これからお子さんと前向きに生きていくためには、お金を稼がなくてはいけません。

 

最近は、生活費を稼ぐため、母子家庭の増加とともに、女性の勤労者数が増えていて、母子家庭の収入も、増えて来ていますが、実際生活費を稼ぐのにも困っているシングルマザーはたくさんいます。

 

母子家庭になる今まで、正社員で働いていなかったシングルマザーのあなたにとって、これから生活費を稼ぐために仕事を探して、子供を預けて働くというのは、かなりハードルが高いでしょう。

 

だからといって、子供と生きて行かなくてはいけないし、お金を稼ぐことを諦めるわけにはいきません。

 

そんなシングルマザーのあなたの思いを実現できる仕事が、在宅でネットで稼ぐという働き方

 

今回は、母子家庭が抱える収入の悩み、そして、時間もお金も自由になれて、子供と第二の人生を楽しく過ごせるたった一つの選択肢について、お話します。

 

参考にしていただけると幸いです。

 

>>>【必読】子育てしながら雇われずに家でフリーランスに稼げる職業まとめ

 

 

参考:シングルマザーがお金が足りない!生活費が苦しいときに取るべき3つの行動

母子家庭の収入はどのくらい?

母子家庭の収入は年間平均で240万円くらいとなっています。日本の会社員の平均収入が400万円、女性の会社員の平均収入が280万円ほどなので、これに比べると、少ないことがわかりますよね。

 

シングルマザーの平均年収の半分の約120万円の収入がないと貧困と定義されるのですが、このシングルマザーの貧困率は約50%。なんと、二人に一人のシングルマザーは貧困で苦しんでいるのです。

 

一家の大黒柱になっているはずの、シングルマザーの収入が、こんなに低くなっているのはなぜなのでしょうか?

 

【期間限定】お金で悩む毎日を変えたいあなたへ。ネット副業ガイド+ネットビジネスで毎月3万円を稼げるマニュアルなど7特典を無料でプレゼント↓

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の収入は年収400万円欲しい理由!

母子家庭の収入が少ない理由は今すぐに正社員で働けないから

母子家庭の収入が少ないのは、なぜでしょうか?

 

母子家庭になる前から、正社員で働いていたシングルマザーは、母子家庭になっても、そのまま働き続けて、なんとか子供を養うことが出来るでしょう。

 

さらに元夫から養育費ももらえれば、余裕のある暮らしをすることも可能なはず

 

でも、母子家庭になるまで、専業主婦だったシングルマザーや、パート勤務だったシングルマザーの場合、新しい仕事を探すにも、子供を預ける保育園を探すところから、始めなくてはいけません

 

そして、もし子供を育てながら出来る仕事が見つかっても、面接の際に、「子供が熱を出したらどうするの?」と聞かれたら、頼れる実家がない場合には、早退していくしかないと答えるしかありませんよね。

 

そういう状況の中、採用してくれる会社は少ないですし、子供が幼いなら、なおさら、子供との時間を取るために、夕方には帰れる仕事が良いと考えるでしょう。

 

そうすると、どうしても自宅に近い、職場で時間を区切って働けるパートなど、収入の少ない非正規雇用で働くシングルマザーが多くなるわけです。

 

参考:シングルマザー収入!生活費はどのくらい?生活が苦しい家計から脱却するたった一つの選択

母子家庭がもらえる手当やお金の免除制度を申請できていない

シングルマザーが収入が少なく、生活費を賄うことすら苦労しているのは、一定以下の所得制限であれば、シングルマザーがもらえる国の制度を知らない、あるいは知っていても、書類を用意できずに申請できていないということ挙げられます。

 

また、手当をもらっても収入が足りずに、生活保護も申請できる状態なのに、世間的な偏見や子供が周りからいじめられることなどを恐れて、申請をせずに過ごしているシングルマザーも少なくありません。

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

母子家庭の生活費シュミレーション

母子家庭の生活費をシュミレーションしてみましょう。

 

参考:子供一人育てるのにかかるお金はいくら?子育て費用の総額の実際と貯金の仕方

子供が一人の場合

たとえば、関東近郊で、あなたと5歳の子供一人で暮らすと仮定すると、

  • 家賃 7万円
  • 光熱費 2万円
  • 通信費 1万円
  • 食費 3万円
  • 日用品 1万円
  • 被服費 1万円
  • 交際費 1万円

これらを合わせて、月に16万円。年間で約200万円は必要ということになります。

 

参考:子供2人育てるには世帯年収の理想は東京でいくら?年収400万円では足りないなら?

子供が二人の場合

子供が一人多いと月に3万円は生活費が増えると言われています。

 

子供が小さいうちはさほど一人の場合と変わらないはずですので、幼少期は子供と二人暮らしの時よりも1,2万円増えるでしょう。

 

  • 家賃 7万円
  • 光熱費 2万円
  • 通信費 1万円
  • 食費 3.5万円
  • 日用品 1.5万円
  • 被服費 2万円
  • 交際費 1万円

この内訳で毎月かかるお金は18万円程度。年間で約200万円はかかるでしょう。

 

参考:子供3人の教育費!3つの貯金方法!みんな大学学費をどうやって払ってるの?

子供が三人の場合

子供が三人になると、さすがに家もある程度の広さが必要になってきます。

 

住宅費が少し上がり、

  • 家賃 8万円
  • 光熱費 2.5万円
  • 通信費 1万円
  • 食費 4万円
  • 日用品 2万円
  • 被服費 2.5万円
  • 交際費 2万円

この内訳で、約22万円。年間で270万円はかかると考えるべきです。

 

日々の生活の他にも、住民税や子供の予防接種や、あなたの医療費など、臨時でお金がかかることがあるので、余裕を持って必要なお金を把握しておきましょう。

 

さらに子供が大きくなり、小学校に入ると教材費や給食代がかかるようになります。年間の所得が230万円ない家庭であれば、就学奨励金ももらえるので、家計の足しにはなるでしょう。

 

国からもらえる、児童手当(こども手当)が3歳未満は毎月1.5万円、3歳から15歳までは、毎月1万円、そして、一人親で低所得だと認められた母子家庭には、児童扶養手当がプラスされます。

 

それらを含めてシングルマザー(母子家庭)の平均収入は240万円なので、手取りではだいたい同じくらい。

 

生活費と同じくらいでは、赤字にはならないけれど、臨時出費が出たら一気に赤字になってしまいますし、子供が大きくなるにつれて、学費が膨らみ、大学まではとても出してあげられなくなってしまいます。

 

この深刻なシングルマザー(母子家庭)のお金の問題は、どうやったら解決できるのでしょうか?

 

参考:シングルマザーの生活費はどのくらい?母子家庭の手当と収入制限

母子家庭の収入が生活費に足りない分をどうやって乗り越えているのか?

母子家庭の収入が少ないのに、生活保護を受けずに、どうやって世のシングルマザーたちは、生活をしているのでしょうか。

 

先にお話ししたように、幼児一人がいる母子家庭(シングルマザー)でも、月の平均支出は16万円もしまう。

 

そして、母子家庭の平均収入が年収240万円なので、二人で暮らした場合には、少し貯金が出来るか、ギリギリな生活になってしまうでしょう。

 

参考:シングルマザーの貧困の実態と母子家庭の貧困率!シングルマザーの貧困生活を抜け出す4つの方法

シングルマザーが使える手当をもらう

シングルマザーは使える制度があり、この手当をもらって、生活費に役立てているケースも多いのです。

 

収入制限の年所得230万円を下回る母子家庭だと、国から貰える児童扶養手当というものがありますが、年所得で240万円収入がある母子家庭だと、児童扶養手当は満額はもらえません。

 

 

上表を見ていただくとわかりますが、子供を一人養育している母子家庭では、年所得が87万円ない場合にのみ、児童扶養手当が全額もらえます。

 

これが年所得230万円未満のひとり親だと、一部負担として、お金がもらえます。

 

そして、下表には、児童扶養手当の支給額の基準が書かれていますが、たとえば、扶養している子供が一人で年所得が100万円なら、42490-(100万円-230万円)×0.00226993=3047円もらえることになります。

 

 

幼児一人がいる母子家庭の平均的なひと月の支出16万円に対して、収入が約17~18万円。これではギリギリ足りるか赤字になるということですよね。

 

ですから、手当を受けるだけでは、根本的な解決にはならないことがわかります。

 

参考:シングルマザーの手当を徹底解説!医療費、住宅手当の母子家庭の所得制限や条件は?

実家に住み、生活費を安く抑えている

生活保護を受けていない、貧困層のシングルマザーは、家計をやりくりするか、実家に住んで住宅費を浮かせたり、子育ての手を借りて生活しているのです。

 

でも、そのままでは、実家の親御さんもいつまでも生きているわけではありませんし、国からの手当がストップする、子供が18歳になってからの生活費についても、真剣に考えて行かなくてはいけません。

 

そのためには、国からの手当をうけるのは、あくまで補助的なものとして、あなた自身が手当や実家がなくても、しっかり稼いでいくこと大切。

 

参考:シングルマザーの仕事!手当があっても生活費が苦しいならネットで在宅ワークしよう

シングルマザーは収入の柱を増やすべき

シングルマザーの約85%以上は仕事についているというデータがあるのに、約半数が貧困で悩んでいるというのは収入が非正規で働くパートや派遣などから得られる収入のみになっていることがほとんどだからでしょう。

 

メインで働いているパートや派遣などの仕事から月に12~15万円を稼ぎ、手当や養育費を6~8万円もらいなんとかやりくりしているという母子家庭が多いのです。

 

年収500万円以上稼いでいるシングルマザーの中には、正社員として働く以外にも、副業をして在宅ワークから収入を得ている方もいます。

 

中には、在宅ワークのみで生活をしているシングルマザーもいて、最近は在宅ワークで働くシングルマザーが増えているのです。

 

参考:【主婦の副業】資格がなくても月収30万円以上稼げるネット副業のすすめ

母子家庭の収入を上げて生活費を稼ぐ2つの方法

このように、母子家庭の生活費が収入を上回ってしまう収支のバランスをプラスにして、家計を安定させるために、シングルマザーにおすすめな稼ぎ方は二つあります。

  • ①資格を取って、収入の安定した仕事に就く
  • ②ネットビジネスを仕事にする

この二択です。

 

参考:専業主婦が離婚されたらどうする?離婚後仕事が見つからないなら資格を取ろう

資格を取って就職する

一定収入以下の母子家庭のシングルマザーには、資格を取るためにかかる費用を国が援助してくれます。

 

シングルマザーが資格を取得するまでの間の経済的な自立を支援してくれる自立支援教育訓練給付金と、高等職業訓練修了支援給付金があります。

 

自立支援教育訓練給付金は、資格を取る際かかる通信、通学などの、経費の6割を対象の教育訓練を修了した際に支給してもらえます。

 

一方で、高等職業訓練修了支援給付金は、看護師や介護福祉士など、安定した収入が見込める仕事に就ける資格取得のために、1年以上養成機関に修業する場合、シングルマザーの世帯の生活や入学時の負担軽減のためにもらえます。

 

参考:シングルマザーの収入!生活苦しいと悩む収入制限内の母子家庭の収入の増やし方

ネットビジネスを本業として、在宅で稼ぐ

ネットビジネスをするには、就職活動をしなくていいですし資格も経験も要りません。

 

子供をどこかに預けなくても大丈夫。そして、仕事は自分の家で、自分のペースで出来るのです。

 

さらに、ネットビジネスの魅力は、他にも

  • ノーリスクハイリターンも望める
  • 初期投資がほぼ無料
  • 知識や経験は一切不要

などがあります。今たとえば、お子さんが1歳や2歳だとしたら、夜遅くまで保育園に預けて仕事にいくのって、少しはばかられますよね。

 

ネットビジネスなら、自宅でできるので、終わりの時間を気にして仕事をする必要もありませんし、一日中、部屋着で仕事をしていても、問題ありません。

 

頑張った分だけ、返ってくるのが、会社員やパートとは違う魅力でもあります。

 

参考:シングルマザーが辛いと思うこと。子育てと仕事を両立するための働き方とは

パートナーを見つけると経済的に楽になる

今や結婚する夫婦の4組に一組は夫か妻(もしくはどちらも)再婚者となっています。

 

シングルマザーの半数はその後に再婚して幸せな人生を送っているというデータもあり、特に20代30代のシングルマザーは再婚する割合が高くなります。

 

パートナーがいれば精神的な安心感はもちろん、経済的にも協力して家計を支えることができるので、あなたが背負う負担は軽くなるでしょう。

 

今は無料の婚活サービスやアプリを使ったり、無料相談もできる結婚相談所を活用して自分に合った相手を効率よく探すことができるので、こういった婚活サービスを利用して第2の幸せな人生を送るのもありです。

 

仕事をしているだけで出会いがない、と話していた友人もいくつかの婚活サイトや結婚相談所を利用して良い結婚相手を見つけていたので、真剣に婚活をすればあなたにとって大切な相手に出会えるかもしれません。

 

参考:シングルマザーの貧困の実態と母子家庭の貧困率!シングルマザーの貧困生活を抜け出す4つの方法

まとめ

母子家庭の収入は平均240万円。これだけで、子供との生活を成り立たせるのは、かなり切り詰めて生活する必要があります。

 

実際に、離婚や死別で母子家庭になると、シングルマザーは8,9割は実家に帰り、子供と実家の父母と暮らすそう。

 

ですが、やはり、一度は家を出た身ですし、将来のことを考えると、ちゃんと自分の足で立ちたいと思はず。

 

資格を取って、安定した収入が得られる仕事に就くのも選択肢の一つ。でも、子供が小さいうちは、外に働きに出るのも、時間の制限がありますよね。

 

そんなシングルマザーのあなたにはネットビジネスがおすすめ。

 

資格も経験も要らず、努力次第で収入を増やせます。なにより、子供との時間も確保しつつ、自宅で仕事が出来るなんて、素晴らしいですよね。

 

さらに、将来お子さんが大人になって家を出て行ってからも一緒に支えあって暮らせる良いパートナーに出会うことも、お金はもちろん精神的な豊かさや人生の幸福度を高めるための一つの道でしょう。

 

ぜひ、これからの明るい未来のために、参考にしていただけたら幸いです。^^

 

>>>【おすすめ】自宅で主婦が自由に稼ぐ方法を具体的にまとめてみました。<<<

 

→【期間限定☆最短で安全確実に在宅で稼げる7つの教材を無料でプレゼント】詳しくはこちら。

 

ネットビジネスに興味があるあなたにぜひ読んで欲しい記事↓

 

参考:ングルマザーがお金が足りない!生活費が苦しいときに取るべき3つの行動

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.