もっと幸せになる選択。女性も稼いで自立しよう

【無料で7つの教材プレゼント】3か月で月20万自宅で安全確実に稼げるようになる方法とは?

子育てにかかるお金の不安!子育て費用をシミュレーション!お金がない悩みを解消

 
  2018/09/12
MEGUMI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

子育てにかかるお金は莫大。将来を考えたらお金の不安があると、あなたは子育ての費用で悩んでいませんか?

 

でも大丈夫。まだ子育てにお金がかかるまで、あなたには時間があります。

 

子供一人生んだだけで、女性は特に、人生ががらっと変わります。可愛い我が子のためなら何でも頑張れるものですし、人って守るべきものが出来ると心が最強になります。

 

特に母親は自分の命を懸けて出産をするわけですから人生の1、2を争う大イベント。

 

もちろん楽しいだけではなくて、産んだからには責任を持って子供を立派に育て上げなくてはいけない。

 

今回はそんな子育てで欠かすことのできないお金についてお話します。

子育てにかかるお金の不安

赤ちゃん

子育てにかかるお金の不安は収入が特別多くない家庭にとっては悩ましい問題。

 

本当は3人は子供が欲しいけど、お金が足りるか不安だから諦める、などお金がネックで希望通りに子供を作れないというご夫婦も少なくないでしょう。

 

そのように、妊娠してから嬉しい反面、真剣にお金のことを考えるもの。

 

「赤ちゃんが生まれてきたらどれだけお金がかかるんだろう。」

「出産したらしばらく自分は働けなくなるし、お金が足りるか不安。」

「今後のためにも保険に入っておいた方がよいのかな。」

 

子供が産まれると、まったなしにどんどん成長して次々と出費がかさみます。

 

まず子供が産まれる前の妊婦健診からお金がかかります。

病院では検査などをすると保険適用外で全額負担となりますが、妊婦健診は母子手帳にある補助券を使って安く受けることが出来ます。

 

次に出産費用。出産時には病院で一律42万円国からの補助金が出ますが、それ以上は自己負担。

個室を選んだらその分追加料金分、自己負担額が増えるだけですので、要注意。

 

参考:子育てしながら家でできる仕事!子供がいてもできる内職と主婦の在宅ワーク

子育てのお金の不安の原因をはっきりさせる

理解する

子育てのお金の不安は今の収入が足りないのか、貯蓄が満足にないのか、将来的にも収入が不足する可能性があるのか、老後の費用を圧迫してしまうのか。

 

いくらあっても足りなそう。あなたが漠然と子育てにかかるお金に対して不安を抱えているのなら、自分が何に不安を感じているのかを理解しましょう。

 

お金を稼ぐ、貯める、増やす。この中で、どれに不安を感じているのかを明確にして、それを改善するための策を考えるのです。

 

収入が足りないなら自分が働きに出るのか、貯めるであれば、今の家計を見直してムダはないか、コストをカットできる部分がないかを検討します。

 

増やすという面では現在の貯蓄額を把握して、子供のために保険に入る、学資積み立て、投資などについて勉強するといった努力が必要です。

 

子育てのお金の不安を取り除くためにまずするべきは、現状把握と情報収集です。

 

参考:育休中でもお小遣い稼ぎできる在宅ワーク!子育てしながら家でできる仕事【続編】

子育てのお金への不安を感じても状況は変わらない

子育て

子育てのお金の不安をずっと抱えて悶々としていても状況は変わりません。

 

先に挙げたように、今何が自分にとって不安要素なのかを明確に把握して、それを解決するために行動をしましょう。

 

待っていても状況は変わりません。

 

もちろん旦那さんと相談して今後について考えるのは良いことですが、お給料が少ないんだけど、と露骨に責めるようにご主人に収入への不安を口にしないようにしましょう。

 

それを言っても今すぐ変えられるものではありませんし、言われた旦那さんも嫌な気持ちになるだけ。言ったことで良いことは一つもありません。

 

今のままでは今後子育てにかける費用が不安だからどうしようか、と思いやりを持って建設的な話し合いをしましょう。^^

 

参考:子育てにかかるお金が不安!年齢別に費用を把握し計画的に貯金しよう

子育てのお金の不安はマネープランを立てて解消する

プラン

子育てにかかるお金の不安を解消するための手段として、家計の無料相談をしてくれる場所があります。

 

世帯の状況と収入、支出の金額、子供の進路などによってシュミレーションしてアドバイスをくれます。

 

また、女性のためのマネーセミナーなども開催されているので足を運んでみるのもおすすめ。

 

あくまでシミュレーションで、実際にそれよりもお給料が増えなかったり、途中で転職したり、状況が変わる可能性はありますが、あくまで目安としてプロに見てもらい参考にする価値はあります。

 

そして、マネープランをみて収入を補う必要がありそうなら、自分が家計を支える覚悟を持ち、いつからどうやって、どのくらい稼ぎたいという目標を決めましょう。

 

子供はどんどん大きくなって大きくなるほどお金がかかるようになりますから、今のうちに将来のための足固めをしておくべきです。

 

参考:子育て費用でお金がない!働きたいのに働けない主婦のお金の不安はなんとかなる

子供にかかるお金を書き出していく

具体的に問題を解決するために、まずは子供にかかるお金を書き出していきましょう。

 

幼稚園、小学校、中学、高校、大学、ここまですべて公立に行った場合ではやく1000万円、私立に行った場合には2500万円にもなるそう。

 

この学費に対して日常的にかかる費用(食費、被服費、娯楽費など)は22年間で1640万円というデータがあります。(ベネッセ教育情報サイトより)

 

さらにこれから子供が大きくなってから自分たち夫婦が生きていくために必要な生活費も考えておかなくてはいけません。

 

歳を取ったら働きに外に出るにも体力がついてきませんし、病気になるリスクも出てきます。

病気になればまたそこでお金がかかりますので、とにかく余裕をもったマネープランを立てることが鉄則。

お金って本当に大事です。

 

参考:子育てと仕事の両立で悩みすぎたら?子育てしながら自宅でできる仕事。主婦の副業のすすめ 

時間があるならお金を稼ぐ方法をリサーチをして行動する

計画立てる

妊娠出産後、お金がかかるけど、今は自宅から出られない。でも時間はある。という方もいますよね。

 

そういうあなたは、今ではネット環境があれば、あらゆる情報を家にいながら集めることが出来ます。ぜひ自分が収入を増やせる方法はないかを調べてみましょう^^

 

同じように、お金はないけど時間があった私は、ネットで調べて自宅でも稼げる仕事に巡り合いました。

 

今の環境で自分に出来ることは全部する。行動しないと状況は変わりませんのでとにかく行動しましょう。

 

参考:子育て中の主婦が資格なしでお金を稼ぐ!自宅で専業主婦が子育てと両立する3つの稼ぎ方

まとめ

まとめ

子育てにかかるお金の不安は妊娠中から真剣に向き合うべき。

 

遅かれ早かれ向き合う問題なので、早ければ早いほど良いです。

 

家族のためにも自分のためにも今の状況で自分に出来ることを考えてみましょう。

 

マネープランを立てて不安要素を解決するための方法を調べる。

 

自分も家計を支える覚悟を持って積極的に行動に移す。

 

安心して子育てを楽しむためにもお金についてはしっかり計画しましょう。^^

 

参考:子供を育てるお金が足りない!主婦の子育てのお金と貯金への不安はなんとかなる

この記事を書いている人 - WRITER -
MEGUMI
神奈川県出身。出産後、保育園問題で就職が出来ず子供と一緒に過ごしながら収入を得られる方法を探していた2016年、ネットビジネスの存在を知る。 ビジネスを学びながら実践し、7か月でバイマ転売で利益50万円、その2か月後に利益100万円を達成。最高月収130万円。 現在は5歳の娘を育てながら『自分の力でお金を稼ぎ、本当に自分が生きたいように人生を選択できる女性を一人でも多く増やす』ために情報発信をしている。情報発信ビジネスでも月利益7桁達成。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦のネット副業 , 2018 All Rights Reserved.